新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン

コスプレ美女の感染予防対策とは?「ONE PIECE」「Re:ゼロ」レイヤーも駆けつけたacosta!潜入リポート

2020年07月31日 06:00配信
コスプレ美女の感染予防対策とは?「ONE PIECE」「Re:ゼロ」レイヤーも駆けつけたacosta!潜入リポート

「ONE PIECE」のナミに扮する真夜さん

参加人数の制限や、マスクの着用・手洗い・消毒の徹底、ソーシャルディスタンスの確保など、さまざまな感染予防対策を講じたうえで、約半年ぶりに開催されたコスプレイベント「acosta!(アコスタ)」。旬のアニメからちょっと懐かしいタイトルまで、さまざまな作品のキャラクターに扮したコスプレイヤーが集結し、大盛況となった「acosta!」の模様をリポート形式で紹介します。

7月23日~26日にかけて、サンシャインシティで実施された「acosta!」ですが、参加者たちの衣装を見てみると、現在、テレビアニメ第2期が放送中…ということもあり、「Re:ゼロから始める異世界生活」(以下、「Re:ゼロ」)が大人気。連日、同作のキャラクターに扮したコスプレイヤーが大勢駆けつけ、賑わっていました。

そのなかには、エミリアの衣装に合わせて、オリジナルデザインのマスクを自作。そちらを着用して写真撮影に応対していたレイヤーもいて、制作の理由を聞いてみたところ、「本来なら、撮影の際はマスクを外すべきなんですけど、今はそれも怖くて…。衣装の一部に見えるようなオリジナルデザインのマスクがあれば、着けたままでも違和感なく撮っていただけるのではないか?…と思い、自分で作ってみました」とのことでした。

そんな「Re:ゼロ」以外にも、会場では「ONE PIECE」や「ソードアート・オンライン」「涼宮ハルヒの憂鬱」「ブラッククローバー」「七つの大罪」といった作品が人気で、これらのヒロインに扮したレイヤーも多数参加。それぞれが安全面に十分気を配りつつ、ひさしぶりのイベントを満喫している姿が印象的でした。

まだまだ油断は禁物…ではあるものの、大勢のサブカルファンから期待されている各種コスプレイベントの再開。こちらの記事をご覧になられて「自分もコスプレをしてみたい!」と興味を持たれた方は、イベントへの参加を目標に“宅コス(イベントやスタジオに行かず、自宅でコスプレをすること)”でコスプレメイクの練習に励んでみてはいかがでしょう。

そうして、お気に入りのコスプレ写真をSNSに投稿しながら、イベントの再開を楽しみに待つ…という過ごし方もアリかもしれないですね。

取材・文=ソムタム田井