新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン

2021年のコスプレイベントでも「鬼滅の刃」が大人気!禰豆子や煉獄さんに扮したハイレベルレイヤーに注目

2021年01月11日 12:00配信
「鬼滅の刃」の竈門禰豆子に扮する うきさん

「鬼滅の刃」の竈門禰豆子に扮する うきさん

緊急事態宣言の発令前、年末年始のタイミングで実施された東京・池袋のコスプレイベント「acosta!(アコスタ)」。参加人数の制限や、マスクの着用・手洗い・消毒の徹底、ソーシャルディスタンスの確保など、さまざまな感染予防対策を講じたうえで行われた同イベントには、多数のコスプレイヤー&カメラマンが集結。写真撮影や交流を楽しんでいました。

そんな2021年初の「acosta!」で見つけたハイレベルなコスプレイヤーたちを、20組一挙に紹介しましょう!

作品別に見てみると、もっとも扮するレイヤーが多かったのは、2020年後半と同じく「鬼滅の刃」のキャラクターたち。「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」の興行収入が324億円、観客動員数が2404万人を突破。歴代興収でも堂々の1位に輝き、続編の制作が期待されている超人気タイトル…ということもあって、この盛り上がりはまだまだ、コスプレ界隈でも継続するものと見て間違いないでしょう。

ちなみに今回の「acosta!」には、主人公である竈門炭治郎や禰豆子をはじめ、煉獄杏寿郎、甘露寺蜜璃、時透無一郎といった鬼殺隊“柱”のメンバー、さらには、作中にて重要な役割を担う継国縁壱、継国巌勝らに扮したレイヤーが大勢参加。なかには複数名で集まり、大型の“併せ”を楽しんでいたグループも各所で見られました。

もちろん「鬼滅の刃」以外にも、「IdentityV 第五人格」をはじめ、「ゴールデンカムイ」「終わりのセラフ」「地獄先生ぬ〜べ〜」といった、新旧さまざまなアニメ&ゲームのヒロインたちも参加していて、それぞれが思う存分、真冬のイベントを満喫している姿も印象的でした。

現時点では、大型イベントの開催はメドが立っていない状況ですが、もし、こちらの記事でコスプレに興味を持たれた方がいらっしゃったら、こんなときこそ“宅コス”で、メイクの練習や衣装制作に励んでみてはいかがでしょう。

そうして再び、コスプレイベントが実施されるようになった際には、好きなキャラクターに扮して遊びに行く…というのも、アリかもしれないですね。

取材・文=ソムタム田井