新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン

ももいろクローバーZが“アニキ”ことアニソンの帝王・水木一郎と対戦!

2011年04月17日 21:31配信

ももいろクローバーZがトークイベント「『ももクロChan』Presents ももクロZ 試練の七番勝負 」を開催。16日のシークレットゲストは“アニキ”ことアニソンの帝王・水木一郎!

5人編成で新たなスタートを切った人気女性アイドルユニット「ももいろクローバーZ」(百田夏菜子、玉井詩織、佐々木彩夏、有安杏果、高城れに)が16日、東京・渋谷区のDUO MUSIC EXCHANGEにてトークイベント「『ももクロChan』Presents ももクロZ 試練の七番勝負 『ももクロZ VS アニソン』」を開催した。司会進行は南海キャンディーズの山里亮太。


4月10日のホールコンサート「ももいろクローバー中野サンプラザ大会 ももクロ春の一大事 ~眩しさの中に君がいた~ 」を最後に前メンバーの早見あかりが脱退。その翌日から連日、異なるジャンルの語り手とトークバトルを繰り広げてきた。ゲストは11日が有野晋哉(よゐこ)、12日が金子哲雄と田中秀臣(この日のみ進行は清野茂樹)、13日がデーブ・スペクター、14日が武藤敬司、15日が吉田豪といった、そうそうたる面々。


16日の出演者は事前に「出演:ミスターX」としか告知されず、開演までシークレットのまま。期待を膨らませて待つ聴衆の目の前に現れたのは、なんと歌手の水木一郎。じつは10日に開かれたコンサートの最後に、ももいろクローバーZへの改名の告知として「ゼェーエット!」と叫んだのが水木だった。

ももクロZメンバーは「行くぜっ!怪盗少女」「未来へススメ!」、水木は「バビル二世」をライブで熱唱。会場が温まったところでトークパートに突入した。トークではアニソンの帝王、水木の歌唱力を鍛えた地声からファルセットまでを滑らかに発声するボイストレーニング、水木のトレードマークとなっている決め台詞「Z(ゼェーエット!)」の極意を楽しく学び、実践。さらには水木の代表曲「マジンガーZ」でステージをともにし、「ももクロZ」の決めポーズを完成させるなど、おおいに盛り上がった。

イベントの最後には「ももクロZ始動情報」が唐突に発表され、メンバー一同大興奮! この事実を知らされていなかった五人は驚きのあまり叫びそうになる口を押さえ、飛び跳ねて喜びを表現した。

まず、ももいろクローバー時代の楽曲も収録された1stアルバム「タイトル未定」が7月27日に発売決定。新録音も豊富に収録されている。そして7月6日にアルバム先行シングルとして各500円のワンコインシングルが2タイトル同時に発売される。現段階でこれらのタイトルは未定。

さらに「Z」の名のつくライブハウスとしてZeppが公演場所に選ばれ、全国5か所のZeppツアーも開催が決定した。5月20日(金)名古屋、5月29日(日)札幌、6月12日(日)大阪、6月19日(日)福岡、7月3日(日)東京の五会場をまわる。


 

ワンコインシングルについては、佐々木が「私たちが3か年計画でやりたかったものなんです」と感激のおももち。またZeppツアーについては「ミライボウルツアーの時に行けなかった札幌や福岡でも公演ができてうれしい」と、リーダーの百田が地方のファンに思いを馳せていた。


最後に新譜とツアーへの決意を問われたももクロZは、「がんばるんだゼェーエット!」「楽しむしかないゼェーエット!」と、メンバー全員が「Z」を盛り込んだ決め台詞で回答、ステージをあとにした。水木スピリットを継承したももクロZの新展開からますます目が離せない。


ももいろクローバーZ公式サイト
http://www.momoclo.net/