新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン

連載「アニメ謎解き行ってみた!」Vol.1:劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない ×ナゾメイト

2014年03月29日 18:38配信

現在、アニメの世界を実際に自分で体験できる「参加型ゲーム」が全国でイベント開催されているのをご存知だろうか。作品世界をイメージした会場でパズルや暗号などの謎を解いて遊ぶ「謎解き」系のイベントが中心だが、その内容はまさしく千差万別。興味はあっても実際にどんな体験ができるのか分からなくて参加できずにいる人も多いはず。そこで本連載「アニメ謎解き行ってみた!」では、アニメの世界を題材にした参加型ゲームの内容を不定期にレポートする。




 2014年3月21日より30日まで、アニメイト池袋本店にて劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。×ナゾメイトが開催されている。

 この公演は周遊型と呼ばれるタイプで、実在の店舗内をぐるぐる巡って情報収集を行ないながら「謎」を解いていく。制限時間は設けられておらず受付を済ませたプレイヤーから随時スタート、最後の「謎」を解いた時点でゲーム終了となる。

 ゲームに参加するためには、まずアニメイト池袋本店9階で受付。事前発売されているチケットが無くても当日券を購入することができる。



 受付で「問題用紙」と超平和バスターズの証となる「パス」を受け取り、超平和バスターズの秘密基地をイメージした部屋に入るとストーリー説明を兼ねた映像を観せてもらえる。今回のストーリーは以下のとおり。


あの奇跡の夏から1年後。めんまへの思いを手紙に書いて、再びみんなで秘密基地に集まった。
昔話で盛り上がる中、みんなで埋めたタイムカプセルの事を思い出す。
タイムカプセルをみんなで掘り起こそうという事になったのだが、カプセルの在り処は暗号化されており、みんな暗号の意味をまったく思い出せない…。
あなたは暗号を解き、無事タイムカプセルを見つけ出すことができるのか!?



 続いてスタッフからルール説明を受けたらゲーム開始。プレイヤーたちはキャラクターの等身大POPなどが置かれた広めの部屋へ移動して「謎」を解いていくことになる。




 広めの部屋には、超平和バスターズ(じんたん・めんま・あなる・ゆきあつ・つるこ・ぽっぽ)の6人が子供時代につくった「謎」が壁面に貼り出されている。プレイヤーたちはこの6つの「謎」を解いて解答用紙に答えを記入して行く。6人全員の答えが分かると「タイムカプセルのありか」が分かる仕組みになっており、「謎」を解き終わったプレイヤーは問題用紙の指示に従って8Fの解答受付コーナーへ向かう。


 解答受付コーナーへ移動して、スタッフへ正しい解答を記入した問題用紙を提示すると新しい部屋に入ることができるようになる。この新しい部屋は「タイムカプセルのありか」と判明した場所をイメージした装飾がされているが、肝心のタイムカプセルは見当たらない。
 不思議に思っていると、タイムカプセルは既に別の場所へ移されてしまったらしいこと、そしてタイムカプセルが移された場所の手がかりは部屋の壁面に貼り出されている新たな「謎」を解くことで判明することをスタッフが教えてくれた。



 「謎」をメモ(もしくは携帯端末などで撮影)したら部屋を出て、ふたたび謎解きタイム。なお8Fではオンリーショップが併催されており、アフレコ台本やキャラクターがアニメ本編で着用していたのと同じ服などの展示も楽しめるようになっていた。無事に「謎」が解けたら、あらためてスタッフへ解答を見せにいく。





 詳細はネタバレになってしまうため割愛するが、このように少しずつ提示される「謎」を解き進めるとストーリーの続きが次々に提示され、最終的にタイムカプセルのありかにたどり着けるようになっている。

 しかし、タイムカプセルのありかへたどり着くためには最後の「謎」を解かなければならない。ゴール地点で解答する最後の「謎」だけは1回しか答えられないルールになっており、正解したプレイヤーだけがタイムカプセルの置かれた部屋に入ることができる。
 じんたんやめんまがタイムカプセルに入れた「たからもの」を間近で見たり実際に手に取ったりできるのは、参加型ゲームならではの醍醐味と言える。ぜひ最後の「謎」を解き明かしてタイムカプセル実物へたどり着いて欲しい。



 最後に、ゲーム参加にあたっての注意事項を2つ。

 1つ目は「ネタバレ禁止」。
 謎解き系の参加型ゲームでは、会期中のネタバレを禁止しているケースが多い。後から参加する人が先にネタバレを見てしまうと、ゲームに参加して試行錯誤する楽しさが台無しになってしまうからだ。そのためSNSなどに問題パネルを撮影した写真や謎の解き方を投稿しないよう気を付けてほしい。(※なお、本レポート記事の写真は主催者に許可を得た上で掲載)

 2つ目は「プレイ時間」。
 周遊型のイベントは時間制限が無い。そのため解けるまで悩んだ結果、予定より時間をかけてしまうプレイヤーがとても多い。クリアする前に次の約束の時間が来てしまったり、閉店時間ギリギリにゲームを開始してタイムアップになってしまったりしないよう、時間には十分な余裕を持って遊んで欲しい。参加型ゲーム初体験という人であれば、クリアまでの目安時間は2時間程度。周遊型はスタッフがヒントをくれる公演が多いので、2時間を超えそうな時には恥ずかしがらずに積極的にスタッフに聞いてみよう。




劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。×ナゾメイト
http://www.nazomate.com/anohana/


開催会場:アニメイト池袋本店 8F/9F(東京都豊島区東池袋1-20-7)

開催日程:2014年3月21日(金・祝)~3月30日(日)

開催時間:11:00~20:00(最終受付 19:00)

参加費:参加券 700円
    記念グッズ付き参加券 2,700円

主催団体:ナゾメイト



劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 アニメ公式サイト
http://www.anohana.jp/




text and photo by REALIS(twitter:@realis_jp)
(C)ANOHANA PROJECT