新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン

REGZAの便利機能を人気サイトの管理人がリアルに体験! 「かーずSP的TimeOnで捗るアニメライフ」第1回【見どころシーン再生】使ってみた

2014年12月19日 18:13配信

WebNewtypeをご覧の皆さんはじめまして、オタク系情報サイト「かーずSP」を運営してます、かーずと申します。
 
アニメ歴は30年くらいでしょうか、まだ「オタク」って言葉もなかった時代に「機動戦士ガンダム」の再放送にハマって、ガンプラブームにどっぷり浸かって、そのまま大人になってしまいました。今でいう「俺の嫁」はフラウ・ボゥでしたが、まさかアムロじゃなくてハヤトと結婚するとは……当時ツイッターがあったら炎上しかねませんなっ!
 
……そんな懐古厨なアニメ語りはともかく、東芝の液晶テレビ「REGZA」に搭載されているレグザクラウドサービス「TimeOn」が、どうやらアニオタ的には最強らしいとお聞きしまして、連日アニメを観ることが日々の務めとなっているかーずSPが、がっつりレビューしたいと思います。
 
題して、かーずSP的TimeOnで捗るアニメライフ!


 
●第1回【見どころシーン再生】使ってみた
 
■開封の儀&セットアップ!
届きました、Z10Xの50インチモデル。

デカァーいッ!! 飼い猫もびっくりのこの大きさ、iPad3との比較でご確認いただきたい。今回お借りしたのは最小の50インチなんですがそれでも大きいィ! しかも4K内蔵チューナーでテンション高まるっ!!  


セットアップはわかりやすく、機能説明が視覚的に表現されているのは○。


つづいて別売りのハードディスク(HDD)の装着。
別売りのHDDを増設することで、別途HDDレコーダーがなくても番組が録画できるようになります。
 
 
こういう形で背面に取り付けるだけ。写真だとLANケーブルが繋がってますが、ルータが対応していれば無線LANでインターネットに接続できますし、HDDのケーブルを短くまとめることで、背面がほぼTVとHDDの電源ケーブルのみとなるのは、すっきりしてていいですね。
 

 
厚さの比較対象は「オール・ユー・ニード・イズ・キル」のBlu-rayパッケージを縦置きしたもの。台座部分込みでほぼ同じくらいの薄さなので、置き場スペースの確保は楽ですね。
 
 
■全録で特番の見逃しもナシ!
これでREGZAではタイムシフトマシンが利用可能に……つまり全部録画(略して「全録」)して、あとから好きな番組を観られます!
 
タイムシフトできる放送局は6つ(さらにHDDを追加すればもう1つ追加)まで選べるので、関東圏のアニオタ的にはテレビ東京とTOKYO MXはマストでチョイスしつつ、加入していればWOWOWと……などと自分流の番組表をつくって、あとから好きな番組が見放題できるってわけです。ハードディスクがいっぱいになると古いものから自動で消えていくので、HDD残量を気にしなくてもいいのが、ものぐさな自分には気が楽です。 
 
この機能、個人的には金曜ロードショーでアニメがやっていたのを気付かずに、あとからTwitterで「千と千尋の神隠し」の楽しそうな実況を目にするのは本当に悔しいんで(リアルネタ)、全録バンザイ!と喧伝したい気分。
 
 
おかげで、不意をつかれた「アイカツ!」特番も、ばっちり見逃さずに観ることができて嬉しいです。しかし、REGZAとTimeOnの本領発揮はここからだった……。
 
 
■「みどころシーン再生」で効率的にアニメ情報を次々に観られる!
 
タイムシフトマシンを使い始めて真っ先に気に入ったのが、キーワード検索で好きなシーンが観られるという「みどころシーン再生」。
 
試しに「アニメ」というキーワードで検索してみると、アニメ番組ではないアニメ関連のシーンがまとめてピックアップされます。例えばこの日は、早朝から日本テレビの「ZIP」という番組で「SHIROBAKO」を紹介していました。
 
 
いや~あおいちゃん朝からかわいいっ!(夜にタイムシフトで観てるんですが)
 
 
SHIROBAKO」はアニメ制作現場で働く女の子たちを描く現代ドラマなんですが、現場で働く主人公・宮森あおいをはじめとするアニメーターや声優志望の友人たちの頑張る姿が激萌えで、あおいちゃんが同僚のトラブルメーカー・タローにジト目や呆れ顔などの顔芸を「半沢直樹」ばりに見せてくれる今期のイチオシアニメ! ※個人の感想です

 
また別の番組「Oha!4」という朝4時から放映している番組では、やはりこちらも今期アニメファンから賛辞の声が多い「寄生獣 セイの格率」の特集が放映されてました。
 
 
ここではアニメ本編の紹介ではなく、ミギーという異形の生物の効果音を口で表現する女子高生ヒューマンビートボクサー・Rinkaさんにスポットを当ててました。
 
 
この方なのですが、凄い技能にいやはや圧巻! 何気なく見ていたアニメの舞台裏を知ることができて、「寄生獣 セイの格率」の理解度が深まるいい特集でした。


ほかにも、こうしてニュース番組で「アメリカの大手玩具メーカーのハズブロがアニメ制作会社を買収交渉」から
 


「アニソン歌手のMay'nさんが たい焼きを食べる」ところまで、
 

硬軟合わせた情報がシーンリスト・タグリストでまとめて観られるのが便利。
 
一般のTV番組でやっているアニメ特集という、普通はスルーしてしまうところをシーン単位で自動的に抽出して視聴できることに感動しました。
 
※ちなみにREGZAのZ10Xはリモコンに向かってしゃべるだけで音声入力ができます。なので、興味あるキーワードを次々に入力できて、二回目以降は履歴も残っているのでさらに楽に使いこなせます。
 
その日のバラエティ番組からニュースまでを「アニメ」というキーワードで抽出して、そのシーンを片っ端から再生することで、時間節約かつ効率的にアニメの情報を得られる。もはや「俺アニメアワー」といった感があって、これは使っていて気持ちいいですね。



 
ということで今回は「みどころシーン再生」について語ってきました。次回は「TimeOn」のネット連動機能について触れてみたいと思います!
 
 
文・かーずSP(http://www.karzusp.net/