新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン

【2/6写真追加】みんなの想いで導かれた奇跡の場所「ラブライブ!μ's Go→Go! LoveLive! 2015 ~Dream Sensation!~」2日目レポート

2015年02月04日 19:10配信

※2月6日、ライブ写真追加→



2014年に続き、2015年も真冬のさいたまスーパーアリーナで開催されたμ'sのワンマンライブ「ラブライブ!μ's Go→Go! LoveLive! 2015 ~Dream Sensation!」。スタジアムモードの会場、そして世界中のライブビューイング会場から声援を送ったファンを熱狂の渦に巻き込んだ同ライブのうち、2月1日(日)に開催された2日目の模様をお伝えする。
 


 
場内が暗転し、おなじみのBGM『始まりの朝(メインテーマ)』とともにモニターに表示されたのはμ'sのメンバーたち。会場中を埋め尽くす各メンバーカラーに合わせたペンライト、そして大声援のなか、現われたメンバーはTVアニメ2期オープニングテーマ『それは僕たちの奇跡』と1stシングル『僕らのLIVE 君とのLIFE』を立て続けに披露。ライブは最高のスタートを切った。
 

▲もちろんこれまでのライブと同じく、アニメーションとキャストのダンスは完全にシンクロ!
出演したのは、左から飯田里穂(星空凛 役)、久保ユリカ(小泉花陽 役)、Pile(西木野真姫 役)、
三森すずこ(園田海未 役)、新田恵海(高坂穂乃果 役)、内田彩(南ことり 役)、
南條愛乃(絢瀬絵里 役)、徳井青空(矢澤にこ 役)、楠田亜衣奈(東條希 役)の9人。
 
「ドリームセンセーションへようこそ!」の声で始まった最初のMCタイムは、いつものようにコール&レスポンスを交えた自己紹介だ。三森の「撃ちぬかれたら『うっ!』っと言ってくださいね。ラブアローシュート!」、南條の「(ウィスパーボイスで)かしこいかわいいエリーチカ」といった要求にも、即座に応じるアドリブ力の高い会場のファンたち。ステージと会場の一体感は最初から最高潮だ。
 
『夏色えがおで1,2,Jump!』を挟んで始まったのは、こちらもμ'sのライブでは恒例の幕間のドラマパート。今回は、ライブ真っ最中のμ'sメンバーが集う楽屋の様子が描かれるという趣向。“過興奮状態”になった穂乃果をなだめたり、穂乃果が行方不明になったり、衣装がなくなったり……と、数々のドタバタ劇で会場の笑いを誘っていた。
 

▲「合宿で、みんなで作った曲だよ」と告げられて始まった『ユメノトビラ』。
衣装はアニメ2期第3話と同じく青、水色、白を基調にしたドレス。さらに今回のライブでは
ステージも、アニメ内の「ラブライブ!」本大会のステージを模して作られたものだ。
 
ライブの中盤は、前日のユニット曲コーナーと異なり、この日はソロ&デュエット曲が中心。『シアワセ行きのSMILING!』では新田が車掌ふうのコスプレで会場を周遊、『好きですが好きですか?』では内田と久保がキュートなエプロン姿を披露するなど、それぞれの個性を活かした演出が満載。なかでもウェディングドレスふうの姿の凛と、タキシードに身を包んだ1年生と3年生メンバー5人による『Love wing bell』は圧巻で、TVアニメ2期第5話を思い起こした多くのファンの涙を誘っていた。
 
また、2月1日は楠田亜衣奈の26歳の誕生日ということで、サプライズのお祝いも。『Dancing stars on me!』後に、中央のお立ち台にいた楠田をロウソクに見立て、残りのメンバーがイチゴを持ってステージ全体がまるで巨大なケーキのように。さらに、南條が「客席の紫のサイリウムをロウソクのように吹き消す」ことを提案。これも成功し、あまりの光景に涙を見せる楠田……。26歳の抱負は「風邪をひかない」とのことだった。
 
ライブ終盤は、メンバーからのメッセージとともに『ラブライブ!』楽曲を振り返る映像を挟みながら、『Snow halation』『Wonderful Rush』『No brand girls』と人気曲のオンパレード。ラストは『KiRa-KiRa Sensation!』。新たな代表曲で、多幸感に包まれたライブ本編は終了した。
 

▲TVアニメ2期第9話の感動的な再現で始まった『Snow halation』で人気曲ラッシュが開始。
最後のサビでは、会場中がオレンジに染まった。
 
アンコールに応えて上映された映像では、アニメのμ'sメンバーが改めて、キャスト恒例の自己紹介を行なった。「アニメの映像をリアルで再現する」という、μ'sのライブとは真逆の演出はファンの度肝を抜いたようだ。
 
ライブのリスタートを告げるように歌い上げられたのは、TVアニメと同じ衣装をまとっての『僕らは今のなかで』。そしてグッズで販売された「ラブライブレード」をメンバーも手にして、会場と一緒に光の海を作り出した『SENTIMENTAL StepS』を終えても、まだまだライブは終わらない。
 
ダブルアンコールでは、ふたたびトロッコに乗ったメンバーが会場を巡りながら、後方のお客さんに向けて精一杯の笑顔で感謝を伝える。さらに、こちらの記事でお伝えしたとおり、完全新作劇場版の最新情報やベストアルバム第2弾、そして“パワーアップした”Next Liveを来冬に開催するという、特大級のプレゼントも告知された。
 
 
「『ラブライブ!』を愛している全員に向けて」という言葉で始まった『愛してるばんざーい!』では、モニターに歌詞が表示され、会場一体となって大合唱。そしてラストナンバーとなったTVアニメ2期エンディング『どんなときもずっと』でもそれは続き、メンバーも涙と満面の笑顔を讃えながら、全28曲が歌い終えられた。
 
ダブルアンコールでのMCでメンバーが口を揃えて述べていたとおり、過去最大のライブを開催し、さらに無事に終えられたのは本人たちの頑張りもさることながら、ファン全員とスタッフによる支えがあってこそ。この“みんなで叶える物語”がどこまで大きく、そして鮮やかに綴られていくのか、引き続き目が離せない。
 

取材・文 はるのおと



■2月6日 写真大量追加!















 
 
 
 



■「μ's Go→Go! LoveLive! 2015 ~Dream Sensation!」2月1日セットリスト
M1 それは僕たちの奇跡/μ’s
M2 僕らのLIVE 君とのLIFE/μ's
 ― MC1 ―
M3 夏色えがおで1,2,Jump!/μ’s
 ― 幕間ドラマ ―
M4 ユメノトビラ/μ’s
 ― MC2 ―
M5 タカラモノズ/μ’s
M6 Shangri-La Shower/μ’s
 ― 幕間ドラマ ―
M7 シアワセ行きのSMILING!/高坂穂乃果(CV.新田恵海)
M8 ずるいよMagnetic today/西木野真姫(CV.Pile)・矢澤にこ(CV.徳井青空)
M9 くるりんMIRACLE/星空 凛(CV.飯田里穂)
M10 Storm in Lover/園田海未(CV.三森すずこ)・絢瀬絵里(CV.南條愛乃) 
M11 もしもからきっと/東條 希(CV.楠田亜衣奈)
M12 好きですが、好きですか?/南 ことり(CV.内田 彩)・小泉花陽(CV.久保ユリカ)
M13 ススメ→トゥモロウ/高坂穂乃果(CV.新田恵海)・南 ことり(内田 彩)・園田海未(CV.三森すずこ)
M14 Love wing bell/星空 凛(CV.飯田里穂)・西木野真姫(CV.Pile)・小泉花陽(CV.久保ユリカ)
          絢瀬絵里(CV.南條愛乃)・東條 希(CV.楠田亜衣奈)・矢澤にこ(CV.徳井青空)
 ― MC3 & 幕間ドラマ ―
M15 Dancing stars on me!/μ's
 ― MC4 ―
M16 もぎゅっと"love"で接近中!/μ's
M17 そして最後のページには/μ's
 ― ラブライブ!μ's 音楽の軌跡 Part1 ―
M18 Snow halation/μ's
M19 Wonderful Rush/μ's
 ― ラブライブ!μ's 音楽の軌跡 Part2 ―
M20 No brand girls/μ's
M21 KiRa-KiRa Sensation!/μ's

 ― アンコールアニメ ―
 
EN1 僕らは今のなかで/μ's
 ― MC5 ―
EN2 SENTIMENTAL StepS/μ's
 
W-EN1 Happy maker!/μ's
W-EN2 Oh,Love&Peace!/μ's
W-EN3 Dreamin’ Go! Go!!/μ's
 ― MC6 ―
W-EN4 愛してるばんざーい!/μ's
W-EN5 どんなときもずっと/μ's
 
 
■「ラブライブ!」公式サイト
 
(C) 2013 プロジェクトラブライブ!