新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン

舞台直前の「レーカン!」ライブイベントをレポート

2015年11月11日 19:09配信
舞台直前の「レーカン!」ライブイベントをレポート

「レーカン!」キャストがずらり。左から内田彩さん、山崎エリイさん、飯田里穂さん、木戸衣吹さん、伊藤美来さん、M・A・Oさん、山谷祥生さん、川原慶久さん

9月6日(日)、Zeppダイバーシティ東京で「秋のレーカン!祭り」が開催されました。

これは6月まで放送された、霊感少女の天海響を取り巻く人間と霊たちのつながりを描くテレビアニメ「レーカン!」のライブイベントで、木戸衣吹さん(天海響役)らキャスト陣が登場。木戸さん・伊藤美来さん・飯田里穂さん、M・A・Oさん、山崎エリイさんというメインキャスト5人が歌う「ナカヨシ! なんです。…よね?」でイベントがスタートしました。

これまで数多くリリースされたキャラソンが披露される中、伊藤さんの「霊なんてナイさ」では川原さんと内田さんの霊コンビが現われて伊藤さんを怖がらせ、内田さんの「チョベリバ・コギャル・ナイト」では残る出演者全員がパラパラを披露。各キャストが互いのステージに登場し、一緒に盛り上げる演出が続くのは“ハートウォーミングアニメ”「レーカン!」らしいところ。

また、前半パートラストでゲストのevery▼ing!が登場すると、ひと際大きな歓声があがります。二人は元気で明るいオープニングテーマ「カラフルストーリー」、テンションの高いエンディングテーマ「ケサランパサラン」を立て続けに歌い、会場をサイリウムで染めて大きく盛り上げました。

夜の部のライブ間に行なわれたのは、出演者を“女子高生チーム”と“幽霊と仲間チーム”に2分しての大喜利「レー点」。あいうえお作文を「レーカン!」風にアレンジした“あいうえおや作文”では、「レーカン!」や「学校」といったお題に珍回答が続出。また、お絵かき対決でもアニメ本編以上にホラーなイラストが見られ、会場のファンの笑いを誘っていました。

鳴り止まないアンコールに応え、Tシャツ姿で登場した出演者たちがラストに歌ったのは、9月16日(水)発売の「レーカン!」BD・DVD第3巻に収録されているオールスターバージョンの「カラフルストーリー」。この日の出演者に加え、出演できなかったトイレの花子さんなどのキャスト、そして客席のファンで一緒に壮大なバラードとなった同曲を歌い上げ、イベントは暖かな雰囲気のなか幕を下ろしました。

なお、この日「レーカン!」の舞台化も発表されました。11月11日(水)から11月15日(日)まで日本芸術専門学校大森校劇場で全8公演行なわれる予定です。アニメからどんな風に変わるのか、はたまた変わらないのか…「レーカン!」ファンは見逃ません!【取材・文=はるのおと】

※every▼ing!の「▼」は、正しい表記は「ハートマーク」ですが、機種依存文字のため「崎」表記しています。