新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン

「ディセンダント」elfin'インタビュー(後編)

2015年12月01日 17:40配信
「ディセンダント」elfin'インタビュー(後編)

elfin'の3人が「ディセンダント」出演時の印象などを語ってくれたインタビューをお届け!

“ディズニーヴィランズ”(ディズニー映画に登場する悪役たちの総称)の子供たちを描いた話題のオリジナルムービー「ディセンダント」。12月18日(水)にディズニー・チャンネルで放送される本作にゲスト声優として出演している、美声女 3 人によるユニット“elfin'(エルフィン) ”(辻美優さん、花房里枝さん、高橋美衣さん)へのインタビュー。後編では、今後の躍進が期待されるelfin'の活動・意気込みを中心に語っていただきました。

――elfin'の現在の活動について教えてください。

辻:現在はアーティスト活動としてイベントで歌を披露することが多いです。声優や女優として演技の勉強もしています。

高橋:3人でラジオもやらせていただいています。トークも上手くできるように日々勉強しているところです。

花房:2人が言ってくれた通りです(笑)。

――今回、「ディセンダント」には声優として出演されています。皆さんの声優への思いを聞かせてください。

辻:もともとアニメが好きで、声優としてアニメの世界と一体になれたらどんなに幸せかと考えていました。コンテスト受賞後、先輩方に「声優は俳優と同じように演技をするもので、甘い世界じゃないけど頑張れる?」と言われまして、しっかりお仕事に向き合おうと強く思いました。それからは国内のアニメだけでなく外画なども、他の人の演技に着目しながら見ています。

花房:私は映画や海外ドラマが好きなので、声優と言ったら吹き替えのイメージが強かったです。演技がものすごくリアルで、ただ声をのせているのではなく女優として演じているのを感じます。私たちも声優・女優・タレント、すべてを目標に頑張りたいと思っています。

高橋:私はアニメと吹き替えの両方を意識していて、歌うことやミュージカルも大好きだったので、「声優としてお芝居ができて、歌も歌えて、ライブで気持ちを伝えられる」役者になりたいと小さい頃から思っていました。声優に関して言えば、声だけですべての表情をつけられるようになりたいです。

――ディズニー作品はもともと好きだったそうですが、どのような作品を見ていましたか?

辻:ディズニー作品は生活の一部のようになっていて、実写映画では「フラバー」をビデオが擦り切れるぐらい見ていました。お母さんが言うには、小さい頃は字幕版を見ながら英語をずっと喋りながら見ていたらしいです。

花房:生まれて初めて見たアニメが「くまのプーさん」で、本当にずっと見ていました。それから、ディズニー・チャンネルで「シークレット・アイドル ハンナ・モンタナ」「ハイスクール・ミュージカル」「キャンプ・ロック」「うわさのツインズ リブとマディ」などを見ていたので、今回のお話をいただいた時は本当に嬉しかったです。

高橋:初めてディズニー作品に触れたのは曲でした。車でお母さんが「ライオンキング」や「眠れる森の美女」などの曲が入ったカセットを聴かせてくれて。その後、「ハイスクール・ミュージカル」にすごくハマって、高校では授業で友達と一緒に真似して演じたこともあります。

――本作は親子関係が見どころのひとつです。もし、ヴィランズの4人の誰かを親にするとしたら、誰がいいですか?

辻:クルエラです。息子のカルロスとの会話からも「すごくノリのいいお母さん」という感じがして、毎日楽しく過ごせると思います。転入の際に一番引き止めていたのもクルエラですし、カルロスのことが大好きなんですよね。

花房:私はイヴィのママ(「白雪姫」のイーヴィル・クイーン)がいいです。かわいいものの話をしたり、お化粧の仕方を教えてもらったり、そんな友達みたいな親子が素敵だなって。劇中でもチークの塗り方を教えてもらった、という話が出てくるんですよ。

高橋:映画を見て、マレフィセントも最初はいい人だったと思いますので、難しいとは思いますが、一緒に過ごしながら昔を取り戻してもらえたら…そんなきっかけを作れる娘になれたらいいなと思います。

――それでは最後にメッセージをお願いします。

辻:「ディセンダント」は本当に家族について考えさせられますし、子供たちが青春をしているところもすごく素敵な作品になっています。私も今ある力で精一杯頑張りましたので、温かい気持ちで見ていただけたら嬉しいです。

花房:憧れのディズニーに出演することができて、一所懸命頑張りました。家族や友達の愛があふれていてキラキラがいっぱいの、見る人それぞれが心を掴まれる素敵な作品になっています。ぜひ楽しんでいただけたらと思います。

高橋:出番は少しだけですが、監督さんから「本当は恥ずかしい」「でも言いたい」という2つの気持ちを込めてほしいと言われました。セリフの言い回しや表現も見てもらえたら嬉しいです。歌やダンスのシーンも本当に格好いいですので、そこにもぜひ注目してください。【インタビュー・文=千葉研一】

「ディセンダント」

ディズニー・チャンネルで12月18日(金)20時より日本初放送

リンク:「ディセンダント」紹介ページ