新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン

元GPライダーの登場に内山夕実と監督もびっくり!? バイクの日「ばくおん!!」ステージレポート

2016年08月29日 12:19配信
元GPライダーの登場に内山夕実と監督もびっくり!? バイクの日「ばくおん!!」ステージレポート

左から西村純二監督、内山夕実さん(天野恩紗役)、中野真矢さん

8月21日(日)に東京・秋葉原のベルサール秋葉原で行なわれた「バイクの日 スマイル・オン 2016」で、テレビアニメ「ばくおん!!」のステージイベントが開催されました。

「バイクの日 スマイル・オン」は、毎年8月19日の“バイクの日”の認知向上と交通安全意識啓発のために行なわれているイベント。会場となったベルサール秋葉原には、ホンダ、ヤマハ、スズキ、カワサキの最新バイクが勢ぞろいし、白バイの実車展示や警視庁交通安全啓発コーナー、「グッドマナー JAPAN RIDERS 宣言」募集コーナー、熊本県PRコーナーなどが展示。さらに、「ばくおん!!」のPRコーナーもあり、佐倉羽音仕様のCB400SFや「ばくおん!!」公式痛バイクが飾られていました。

ステージイベントには、西村純二監督と内山夕実さん(天野恩紗役)が登場。客席に集まったたくさんのファン、そしてライダーたちに、「ばくおん!!」制作時の思い出やバイクにまつわるエピソードが語られました。

当初、監督のオファーを受けた西村さんは、原作を読んで最初に「ハッキリ言ってアニメ化は無茶だ(笑)」と感じたそうです。バイクに乗る女子高生の楽しい日常生活を描く日常系作品に見える本作ですが、西村さん曰く、「実際のところは原作者のおりもとみまな先生のバイク哲学が詰まってあふれ出ている、ドラマチックな作品」とのこと。この原作を生かすために、原作通りにやろうとアニメ化の際の基本方針を決めたそうです。

また、それまでバイクにまったく触れたことがなかったという内山さんですが、今では街中で走っているバイクを見かけると、「絶対あのバイク乗りは『ばくおん!!』を見ているよねっ!」と勝手に思ってしまうほどだとか。

さらに収録に先立って、音響監督を務めた高寺たけしさんが運転するバイクの後ろに乗って実際にバイクの音と振動を体験したのは、お芝居をする上で貴重な経験だったとコメント。ただ、その経験を一番作品作りに生かしたのは、佐倉羽音役の上田麗奈さんかな?という発言も。「上田さんは“口バイク”をやらなきゃいけないですから。彼女の口バイクの成長ぶりは先日の打ち上げでも発揮されて、もう感動しました」という内山さんの言葉に、場内は大きな笑いに包まれました。

そして話題は、番組後半に登場したバイク部の新入部員・中野千雨へ。彼女の父親が、とある元GPライダーに良く似ているのでは?という質問に話が及ぶと、サプライズでモデルとされる中野真矢さんが登場! 元GPライダーの登場に、場内からは大きな拍手が沸き起こりました。

自身がモデルとなったキャラクターが漫画・アニメに登場していることをまったく知らなかったという中野さん。最初は、とてもびっくりしたそうですが、「ばくおん!!」からバイクを知ったという人がたくさんいると知り、「そういう作品のキャラクターのモデルにしてもらえたのはとても光栄だ」と心境を語りました。

また、千雨の家が中野さんが経営するショップ「56design」に似ているのでは?という質問に、西村監督はすこし恥ずかしそうに「はい、そうです」と回答。実は西村監督は、中野さんが現役時代に出場していたWGP(現在のMotoGP)をずっと見て応援していたそうで、憧れのライダーを目の前にして、とても緊張している様子でした。

そんな中野さんを交えてのトークは、ツーリングの快感と安全運転の大切さ、さらにはレースでの感動と多岐にわたりました。そして中野さんから、「監督、一緒にツーリング行きましょう!」と誘われた西村監督は、「ぜひ!」と即答するひと幕も。

西村監督と内山さん、そして中野さんによるバイク話は尽きることありませんが、残念ながら終わりの時間。会場にいる全員がバイク好きな、バイク愛にあふれたトークイベントは終了となりました。【取材・文=小川陽平】