新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン

浪川大輔は花江夏樹と秋祭りに行きたい!? 「双星の陰陽師 陰陽祭2016」レポート

2016年09月13日 16:30配信
浪川大輔は花江夏樹と秋祭りに行きたい!? 「双星の陰陽師 陰陽祭2016」レポート

「双星の陰陽師 陰陽祭」出演者の集合写真

好評放送中のテレビアニメ「双星の陰陽師」のイベント「陰陽祭2016」が、9月11日(日)に新木場studio coastで開催されました。

焔魔堂ろくろ役の花江夏樹さん、化野紅緒役の潘めぐみさん、音海繭良役の芹澤優さん、天若清弦役の諏訪部順一さん、土御門有馬役の浪川大輔さん、額塚篤役の村田太志さん、国崎慎之助役の山下大輝さんが登壇。トークやミニゲーム、朗読劇と盛りだくさんの内容でファンを楽しませていました。

最初のコーナーは「陰陽祭★語りごと」。テーマに合わせて、トークを繰り広げます。「秋祭りにいくならどのキャラと?」というテーマに、「紅緒」と真正面の回答をした花江さんや、キャラであることをすっ飛ばし「花江さんと行きたい」と回答する浪川さんたちキャスト陣のなか、最も注目を浴びたのが「女子キャラでしたら…」とぶっちゃけた回答をした諏訪部さん。理由を聞かれると、「神社の木陰で男子とチューはしたくないですから」と驚きの回答が飛び出す画面も。諏訪部さんのリア充な“お祭り観”に、ドキドキしてしまいました。

また、「作品のお気に入りシーンは?」というお題に、16話で繭良がケガレ堕ちするシーンを挙げていた芹澤さん。16話は、前半パートと後半パートで繭良のキャラがまったく違うので、芹澤さんは演じていて楽しかったと同時に、ケガレになってから笑うシーンが続き大変だったとコメント。また、潘さん演じる紅緒は、繭良を唯一“音海さん”と呼ぶキャラクターなのですが、音海の発音に苦心しているエピソードも。潘さん曰く“音海”は“熱海”と同じイントネーションを意識しているそうですが、気を抜くと“お富さん”のようになまってしまうので大変なのだとか。

そして、新章「列島覇乱篇」の新キャラクターとキャストが解禁に。陰陽師の宿敵である“婆娑羅”の4人は、闇無を井上和彦さん、山門をKENNさん、双子の千々石・百道を松岡禎丞さんが1人2役で演じます。出演者からは、松岡さんがテスト収録時には千々石と百道を瞬時に切り替えつつ演じているという裏話も飛び出しました(本番では片方ずつ収録するそうです)。

続いてのコーナーは「目指せ、双星の陰陽師! 新木場篇」。花江さん&潘さんペア、諏訪部さん&芹澤さんペア、山下さん&村田さんペアの3チームに分かれ、ゲームで競うことに。

最初のゲームは、浪川さん演じる“おはぎマン”を、イラストの右半分と左半分をそれぞれで描く「合作お絵かき喼急如律令」。各チーム相手と息を合わせて合作イラストを仕上げる中、諏訪部さんと芹澤さんはどちらも左向きのイラストを描いて、会場に笑いを巻き起こしました。

次のゲーム、出されたお題に対してペアで回答を合わせる「異口同音喼急如律令」でも、諏訪部さん&芹澤さんペアは絶好調。お題「京都のおみやげと言えば」で、他チームが「生八ツ橋」と揃えて回答している中、2人の足並みは揃わず「木刀」(諏訪部さん)、「せんとくん」(芹澤さん)とチグハグな答え。おまけに「せんとくんは奈良だよ!」と一斉にツッコミを入れられていました。

最後のゲームは片方が口パクをし、もう一方がお題を当てる「以心伝心喼急如律令」。「おはぎマンのスローライフ」「魔術師手術中」「それで帰って赤ちゃんつくろう!」といった際どいお題が出され、各チームは口だけでなく必死の身振り手振りで相手にお題を伝えていました。

その後、主題歌アーティストのイトヲカシと加治ひとみさんのライブとプレゼント抽選会を挟んで、朗読劇「有馬の愛ラブクリニック」を実演。有馬がろくろと紅緒の仲を調べるというストーリーに、会場が沸いていました。

最後に花江さんと潘さんが、「祓え給へ、清め給へ、喼急如律令!」とキメて、イベントは締めくくられました。【取材・文=佐藤京一】