新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン

笑顔で務め上げたステージは、オトナへの一歩。伊藤美来バースデーライブレポート!

2016年10月20日 16:00配信
笑顔で務め上げたステージは、オトナへの一歩。伊藤美来バースデーライブレポート!

「伊藤美来 Birthday Live Miku’s Adventures~Start in 20~」より

撮影:江藤はんな

10月10日(祝)、品川インターシティホールで「伊藤美来 Birthday Live Miku’s Adventures~Start in 20~」が開催。数々のキャラソンやデビュー曲の披露に加え、伊藤さん大喜びの思わぬサプライズやソロデビューに向けての思いの吐露ありと、濃い内容のライブとなりました。

ステージ後方の扉から登場した伊藤さんは、「For you!!」で元気一杯キュートなパフォーマンスを披露すると、続く「Take you to My PARTY!!」では、頭サビ明けにセンターステージまで進み出て、全方位に笑顔とその歌声を届けていきます。そうした見えやすい部分以外にも、細かい腕のフリまできっちり決め、歌詞通り「心打ち抜く」振付でハートを魅了していきます。そして伊藤さんの前口上から始まる特撮ソングチックなオリジナル曲「妄想Realize」では、そのサウンド通り歌声にアツさがプラス。間奏の振付もしなやかかつ情熱的なものでした。

曲明けのMCでは、「ここから20代を駆け抜けていくぞ!」という意味合いを持つライブタイトルに合わせて「ちょっとずつ成長していけたら」と意気込みを語る伊藤さん。ただ、お気に入りである衣装の靴のキラキラを見せるためにお立ち台に登ったりと、まだまだあどけない部分も。さらに続けて披露したカバー曲2曲でも、楽曲に合わせた多彩な表情を見せます。

と、ここで場内にドアチャイムの音が響き、ステージ後方のスクリーンに中村繪里子さんの姿が! 初めて一緒に撮影した時の思い出を枕に送られたソロデビューへのエールに、伊藤さんはしばし放心状態となっていました。それを受けてから歌唱した「しょうらいのゆめ」は、歌唱前に「(テレビアニメ「ろこどる」の)奈々子のことを歌っているのに、私のことのよう。なので、奈々子の力を借りて伊藤美来として歌います」と宣言。そんなこの曲では、張り上げない優しい歌声での、彼女の魅力を感じることができました。

曲明け、誕生パーティーのメニューを賭けて伊藤さんがボルダリングに挑戦した映像コーナーで場内の空気は少々和やかなものに。それが、StylipSの中でもダンサブルなナンバー「Addicted」でガラリと変わります。スタイリッシュな衣装で再登場した伊藤さんは、指の動きひとつに至るまで細かく気を配られたダンスを展開。大人っぽく挑発するような視線も織り交ぜた、パフォーマンス面の真骨頂を見せつけてくれました。

そのまま突入したのは、伊藤さんが大好きな特撮の主題歌カバーコーナー。各曲フリまできちっと詰めて、凛々しく楽しそうに歌い踊ります。なかでも「Climax Jump」では、頭サビ明けに伊藤さんがセンターステージへと飛び出してきて、ファンとコールを大合唱。沸き上がるファンと共に、伊藤さん自身も全方位を向いて笑顔で一緒に楽しんでいました。

すると突然「レッツ! ジュウオウダンス」のイントロが流れ出し「えっ!?」と驚きの表情を見せる伊藤さん。そしてメインステージを振り返ると、そこにはなんとご本人・大西洋平さんの姿が! これには伊藤さんも「えーーーーー!」と崩れ落ちます。さらにジュウオウイーグルと仮面ライダーエグゼイドが描かれたバースデーケーキがプレゼントされ、「食べられない!」と大感激していた伊藤さんは、「さぁ行け! ニンニンジャー!」をセンターステージという超特等席で膝立ちのまま鑑賞。圧巻の歌声からパワーをもらうと、自身も「海賊戦隊ゴーカイジャー」を熱唱。もらったパワーがこの曲にうまく当たって、かわい強い“伊藤美来の「海賊戦隊ゴーカイジャー」”を聴かせてくれました。

曲明けには、伊藤さんのこれまでの足跡をたどったヒストリームービー「Trajectory to DREAM ~夢へのキセキ~」を上映。それが「2016年10月12日 メジャーデビュー」の文字で締めくくられると、デビュー曲「泡とベルベーヌ」と共に、白いドレスで伊藤さんが登場。後のMCで「私にしか歌えない曲なので、『こう歌おう』というのを詰め込みました」と語ったように、これまでのみずみずしい彼女らしさの詰まった歌声を届けます。振付も先ほどまでとはまったく違うもので、歌声とともにこの曲のヒロインのかわいらしさをさらに引き立てる、衣装や曲とマッチするおしとやかなものとなっていました。そのキュートさは続けて歌われたカップリング曲「七色Cookie」でさらに増し、間奏のパフォーマンスには少々おてんばさもプラスされていました。

いよいよライブも終盤に差し掛かり、再びStylipS曲を2曲続けて届けます。特に「STUDY×STUDY」での会場のボルテージの上がり方は尋常ではなく、伊藤さん自身も1-Aメロの歌詞を活かしたりとファンを煽ります。そんなクライマックスの楽曲を締める歌詞が「さぁご一緒に はじめよっ」というのは、もしかしたらデビュー直前の彼女からの隠れメッセージなのかもしれません。

ここで、伊藤さんから改めて「『みんなと一緒に歩んでいきたい』『もっともっと観てもらいたい』っていう気持ちは、研修生の頃から全然変わっていません。ただ、目標は上に上にと思っていて。私の歩幅はすごくゆっくりかもしれないけど、期待に応えられるように頑張るので、ついてきてくれたら嬉しいです」とすべてのファンに向けての感謝の言葉と決意が語られます。

そしてラストに歌われたのは「Dear Honesty」。晴れやかな表情と共にファンへ手を振るシーンの多かったこの曲でしたが、そのなかでも特に大事に歌っていたのは、サビの「みんなで」のフレーズでした。

曲が終わり、手を振りながらファンのもとへ挨拶に回る伊藤さん。大歓声から想いを受け取った彼女は、最後にはオフマイクで「みんなー、大好きでーす!!」との言葉に乗せてファンへ精一杯のお返し。そして、登場したドアからステージを降りていきました。

まだまだあどけなさを残しながらも、その歌声・表情から成長の階段を着実に登っていることを感じさせてくれた伊藤美来さん。加えて、これまで大きなイベントで毎度涙していた彼女がこの日は笑顔でステージを降りたという事実からは、精神的な成長も感じ取ることができました。さぁ、はたして20代の“表現者・伊藤美来”からは、いったいどんなものが生まれ来るのでしょうか?【取材・文=須永兼次、撮影:江藤はんな】

“伊藤美来 Birthday Live Miku’s Adventures~Start in20~”

2016.10.10@品川インターシティホール

<セットリスト>

M1.For you!!

M2.Take you to My PARTY!!

M3.妄想Realize

M4.SUPER∞STREAM

M5.コネクト

M6.しょうらいのゆめ

<映像(ボルダリングチャレンジ)>

M7.Addicted

M8.バスターズ レディーゴー!

M9.Climax Jump

  レッツ!ジュウオウダンス(サプライズゲスト:大西洋平歌唱)

  さぁ行け!ニンニンジャー!(大西洋平歌唱)

M10.海賊戦隊ゴーカイジャー

<映像(Trajectory to DREAM ~夢へのキセキ~)>

M11.泡とベルベーヌ

M12.七色Cookie

M13.TSU・BA・SA

M14.STUDY×STUDY

M15.Dear Honesty