新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン

ミスコンにライブに楽しい文化祭!「ばくおん!!丘女祭2016」レポ

2016年11月28日 18:00配信
ミスコンにライブに楽しい文化祭!「ばくおん!!丘女祭2016」レポ

上田さんは最後に「『ばくおん!!』はまだ過去にしたくない作品です。またこうして皆さんの前に立てる日が来ることを願ってます!」と来場者にメッセージを送りました

テレビアニメ「ばくおん!!」のイベント「ばくおん!!」丘女祭2016が、11月6日(日)に東京・よみうりランド らんらんホールにて、昼夜2回公演で開催されました。

テレビアニメ「ばくおん!!」は、「ヤングチャンピオン烈」(秋田書店刊)で連載されている、おりもとみまなさんの<女子高生×バイク>爽快学園コメディ漫画が原作。テレビアニメは、4月から6月まで放送されました。

出演は、上田麗奈さん(佐倉羽音役)、東山奈央さん(鈴乃木 凜役)、内山夕実さん(天野恩紗役)、山口立花子さん(三ノ輪聖役)、木戸衣吹さん(中野千雨役)、日笠陽子さん(たづ子校長役)、来夢先輩。

この日、司会を務めた日笠さんは、スーツ姿で登場。残る“生徒”たちは、「丘女祭」のイベントビジュアルで描かれていたバイクレース用メイド服姿で登場し、会場を盛り上げていました。

夜公演は、アニメの振り返りからスタート。その中で東山さんが、凜が愛してやまないスズキの魅力について、「安くて高性能!」「個性的!」「修ちゃん(スズキの会長)!」とフリップを使ってアツく語っていると、飽きた様子のキャスト陣が思い思いの行動を取りはじめる、なんていうひと幕も。

そして話は、文化祭には欠かせないミスコンへ。5人の中から「ミス丘女」を決めるべく、さまざまなコーナーにチャレンジすることになりました。

「みんなでBKBコンテスト!」では、お笑い芸人・バイク川崎バイクが登場。彼のネタにあるように、頭文字が「B」「K」「B」になるような文章を作ってもらい、頭の回転の速さを競います。上田さんが「(B)ボーっとしてたら、あっ、(K)こんな時間だ、(B)ベッドで寝よう」とプライベートが垣間見える(?)ネタを披露すれば、内山さんは「(B)『ばくおん!!』の、(K)カッチョブーな、(B)Blu-rayが発売中!」と、しっかり関連商品の紹介をしていました。

そして次は、「ドキドキ告白コンテスト!」コーナーへ。それぞれが演じるキャラクターの愛車に向けて、さまざまなシチュエーションで愛を告白するというものです。山口さんは、“ふなぱしオートレース場”でスーパーカブに対し、「バイクは速さだけではないんですよ。耐久性も重要です!」と長所を褒める告白を披露。一方、木戸さんは“全校生徒の前”でホンダ・PCX150に、ドキドキの告白を見せるなど、5人それぞれが個性的なセリフで会場を沸かせました。

以上で、パフォーマンスは終了。その結果、東山さんが見事「ミス丘女」に選ばれ、客席から大きな拍手が起こりました。

イベント最後は、ライブコーナー。佐咲紗花さんによるオープニングテーマ「FEEL×ALIVE」、キャスト5人によるエンディングテーマ「ぶぉん!ぶぉん!らいど・おん!」をはじめ、キャラクターソングも披露。

よみうりランドでは夜間、イルミネーションイベントが行なわれていて、曲が変わる度に色が変わるサイリウムと共に、ステージを美しく演出していました。

いよいよイベントもクライマックス。出演者の挨拶が終わった後、佐咲さんと来夢先輩も合流し、「『ばくおん!!』オリジナルサウンドトラック」に収録されている挿入歌「バイク部勧誘の歌~もうこんな乗り物いやだ~」を全員で歌唱。最後は、上田さんの「バイバイ太!」の掛け声でステージは幕を下ろしました。

12月20日(火)には、原作の最新コミックス第9巻が発売。OAD付限定特装版も同時発売されます。【取材・文=ダンディ佐伯】

<ライブパート セットリスト>

1. FEEL×ALIVE(佐咲紗花)

2. MY PINK BUDDY(佐倉羽音 CV.上田麗奈)

3. ウェイ・トゥ・ザ・ワールド(三ノ輪聖 CV.山口立花子)

4. 乗りたくて乗りたくて~LOVE SONG for“S”~(鈴乃木凜 CV.東山奈央)

5. ポールポジション・(リトル)ガール(中野千雨 CV.木戸衣吹)

6. WHEEL OF WIND(天野恩紗 CV.内山夕実)

7.ぶぉん!ぶぉん!らいど・おん!(佐倉羽音 CV.上田麗奈、鈴乃木凜CV.東山奈央、天野恩紗 CV.内山夕実、三ノ輪聖 CV.山口立花子、中野千雨 CV.木戸衣吹)

8.「バイク部勧誘の歌~もうこんな乗り物いやだ~」(全員)