新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン

魂を揺さぶる気合いと圧倒的な歌声を披露!「ミリオンライブ!」LTF02発売記念イベント

2017年02月27日 16:41配信
魂を揺さぶる気合いと圧倒的な歌声を披露!「ミリオンライブ!」LTF02発売記念イベント

「THE IDOLM@STER LIVE THE@TER FORWARD 02 BlueMoon Harmony」発売記念イベントより

「アイドルマスター ミリオンライブ!」(以下、「ミリオンライブ!」)のCDシリーズ「THE IDOLM@STER LIVE THE@TER FORWARD 02 BlueMoon Harmony」の発売記念イベントが、2月19日(日)に開催されました。

「LIVE THE@TER FORWARD」(以下、LTF)は、3月10日(金)~12日(日)に日本武道館で開催される4thライブ「THE IDOLM@STER MILLION LIVE! 4thLIVE TH@NK YOU for SMILE!!」に向けて展開されているシリーズ。「02」にはライブ2日目の「BlueMoon Theater」に出演するメンバーによる各ユニット曲と全体曲が収録されています。

今回の発売記念イベントには、ユニット“サジタリアス”の阿部里果さん(真壁瑞希役)・戸田めぐみさん(舞浜歩役)・藤井ゆきよさん(所恵美役)と、“アクアリウス”の愛美さん(ジュリア役)・駒形友梨さん(高山紗代子役)・平山笑美さん(北上麗花役)が出演しました。

イベントのMCを務めたのは、アイマス関連イベントでは初MCという駒形さん。自身のあだ名のひとつである「ベイブレード先輩」に絡めた影ナレで会場を温めると、駒形さんを先頭に6人がステージへ。最初は緊張で不安定なところも見えましたが、滑舌良くとても通る声とミリオンスターズの中で貴重なツッコミ属性ということで、徐々に上手くまわしていました。

最初のコーナーは、LTF02の楽曲や収録エピソードなどを語る「ミリトーク」。平山さんや戸田さんからは収録でスタッフが遅刻してきたことや、藤井さんがユニット名を何回言っても「サジタリウス」と間違えてしまうことが明かされます。また、今回のイベント台本で平山さんの名前が間違えて表記されていたらしく、阿部さんはそれをネタに話題となった「PPAP」のリズムで披露して笑わせてくれました。

「待ちぼうけのLacrima」は歌唱力が光るインパクト抜群のバラードですが、キーはかなり高いため、歌うのは大変なのだとか。実は、愛美さんがキーチェックで「大丈夫」と言ったら、他の2人のチェックなしでこのキーになったそうです。また、「Raise the FLAG」は10代後半特有の「社会に対する反抗」をイメージ、「brave HARMONY」は最後に倒れるぐらいの必死さを出してほしいとディレクションを受けたと話していました。

ドラマパートについて駒形さんは、扇風機に向かってみんなが「ワレワレハ宇宙人ダ」と声を震わせるシーンが特に印象に残っているとのこと。メンバーの中でも阿部さんは喉に手を当てなくても宇宙人ボイスを出すことができるそうで、実際にステージでも披露してくれました。

次のコーナーは「サジタリアスvsアクアリウス 徹底ディベート」。それぞれのユニット名にちなんで、今回は「弓矢」と「水瓶」のどちらが優れているかディベートで決定していきます。

最初の対決は藤井さんvs愛美さん、テーマは「砂漠に持っていくと便利なものはどっち?」。水瓶有利かと思われましたが、藤井さんは弓矢で脅して愛美さんから水を奪い取る作戦を実行。すると愛美さんは「一緒に飲もうよぅ」とにっこり微笑み、藤井さんはあっさり懐柔され、仲良く飲むことになりました。

続いては「アイドルのキャッチコピーに使うならどっち?」という「LTF01」発売記念イベントでも好評を博したテーマ。みんなのハートを弓矢で射抜く戸田さんと、みんなの水瓶を愛でいっぱいにしちゃう駒形さんの対決に。当然のごとく実際にキャッチコピーを披露する流れとなり、心に傷を追いながら精一杯のかわいさでアピールする2人でしたが、恥ずかしがるほどかわいい台詞・キス・ハートを射抜くポーズを見せた戸田さんに軍配が上がりました。

テーマ「バレンタインデーにプレゼントするならどっち?」では、駒形さんからの「どちらも荷物になる」というツッコミにめげずに阿部さんと平山さんが対決。悩んだ阿部さんは、弓矢を相手に渡して自分を好きにしていいという、ちょっぴり謎なシチュエーション。一方の平山さんは、水瓶はいろいろ入るということで自分自身やユニットの3人が一緒に入るという荒業でアピールして、それが奏功したのか、平山さんの勝利となりました。

イベント後半はライブコーナー。またユニット名を言い間違えてしまった藤井さんはご愛嬌ということで、そんな間違いが微々たるものであると実感させてくれる超攻撃的で格好良い「Raise the FLAG」を披露。いい意味でラフな歌い方は強烈なインパクトがありました。マイクが割れんばかりに叫ぶ藤井さん、表情にも気合いがにじみ出る戸田さん、振り絞るような歌声が新鮮な阿部さんと、3人とも怖いぐらいの迫力と歌声で魂を揺さぶってきました。

抜群の歌唱力で圧倒してきたのは、アクアリウスによる「待ちぼうけのLacrima」。特にセンターに立つ駒形さんの歌声は美しさと迫力が共存していて、言葉を失うぐらい圧巻でした。平山さんは落ち着いて歌う時と張り上げる時の切り替えも印象的で、独特の声の響きが胸に残ります。そして愛美さんは少しテクニカルな感じも織り交ぜつつ、持ち前の歌唱力で魅了してくれます。トークで「歌唱力モンスター」とまで言われた3人がそれぞれの個性を発揮して重なり合った時、3倍ではなく5倍にも10倍にもなったすごさを見せてくれました。

ラストは、そんな2組6人が「brave HARMONY」を熱唱。声の圧がすさまじく、まさにタイトル通りの勇ましいハーモニーを響かせます。同時にユニット曲の時とは表情も変わり、気合いの中に笑顔をのぞかせてステージを楽しんでいたのも印象的でした。【取材・文=千葉研一】

 

 <ライブコーナー セットリスト>

m01. Raise the FLAG/サジタリアス(阿部里果・戸田めぐみ・藤井ゆきよ)

m02. 待ちぼうけのLacrima/アクアリウス(愛美・駒形友梨・平山笑美)

m03. brave HARMONY/全員