新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン

【第15回「声優アワード」受賞者インタビュー】助演女優賞 鬼頭明里さん

2021年03月20日 15:00配信
第15回「声優アワード」で、助演女優賞を受賞した鬼頭明里さん
第15回「声優アワード」で、助演女優賞を受賞した鬼頭明里さん

2021年3月6日、2020年度に最も活躍した声優を称える第15回「声優アワード」の受賞者が発表されました。本稿では、助演女優賞を受賞した鬼頭明里さんへのオフィシャルインタビューをお届けします。

――助演女優賞の受賞、おめでとうございます! 一報を受けた感想を教えてください。
鬼頭 話を聞いたときは、素直にうれしかったです。同時に、受賞できるとは思っていなかったのでびっくりもしました。毎年、アワードが行われているのは知っていましたし、例年、事務所の仲間や友達が受賞していることを祝福していました。私もいつか賞をもらえたらうれしいなと思ってはいましたが、今のタイミングでいただけるとは思っていませんでした。

――「地縛少年花子くん」では、ロマンチックな恋に憧れる八尋寧々を演じました。
鬼頭 寧々は、それまでに出したことのないタイプの女の子。オーディションを受けたさいにも、「これであっているのかな?」と試行錯誤の思いでした。また、今まで世に出していなかった声ではあったので、ムリしているように聞こえないかという心配はありました。もともと原作コミックが好きで、寧々というキャラクターやストーリーへの理解はあったので、寧々役を射止められたのかなと思っています。寧々は、かわいらしい性格で、声もやわらかいのですが、芯はしっかりとしている女の子。これまで、そういうキャラクターを演じてきた経験が、寧々に生かせる部分もありました。

――「虫籠のカガステル」では盗賊団のリーダーであるリジーを演じました。
鬼頭 オーディションを受けた時期は、ちょうど私が男の子役を演じたいと考えていたタイミングだったんです。そんななかで、男子勝りのリジーは、合格したいと強い気持ちで望んだキャラクター。今まで低い声で芝居をするというのが苦手だったのですが、自分なりに練習を重ねてオーディションに臨みました。

――結果として役を射止めました。
鬼頭 オーディションでも、その後の収録でも「いい声ですね」と褒めていただく機会が多くてうれしかったです(笑)。そういう評価を受けて、低い声で演技をすることに自信がもてるようになりました。寧々もリジーも、声優をはじめたばかりの頃には、自分には難しいと思っていた役柄です。そんな役でオーディションを通過し、実際に演じることができたのは自信につながりました。

――「虚構推理」では岩永琴子、「安達としまむら」では安達と、主人公も演じています。
鬼頭 「虚構推理」で初めての主人公を演じましたが、それが声優としてのひとつの目標だったのでうれしかったです。ただ、主演として、みんなを引っ張っていこうというプレッシャーを感じるかといえば、そうではありませんでした。どちらの作品にも、パートナーともいうべきダブル主人公がいたので、一緒に作品をつくっていきました。また、いずれもストーリーもおもしろく、作画もきれいで、アニメとして完成度の高い作品です。作品を信頼して演じることができたので、主役として作品を支えるというよりは、私が支えてもらっているような感覚でした。

――賞の選考対象期間は、どんな1年でしたでしょうか。
鬼頭 それまでもいろいろな役を演じさせていただきましたが、苦手意識をもっていた役を克服できた、印象に残る年になりました。「この役って、鬼頭さんが演じていたんだ」と意外に思ってもらえるのもうれしくて、もっとその幅を広げていきたいというモチベーションにもつながっています。

――対象期間中には、1stシングル「Swinging Heart」でアーティストデビューも果たしました。
鬼頭 もともと歌が好きだったので、楽しく活動させていただいています。歌うときにも、基本的な意識はお芝居と同じ。歌詞の意味を理解して、感情を込めて歌うことを大事にしています。また、歌と演技には相互につながりがあると思っていて。私は、歌声を楽曲ごとに無意識に変化させているのですが、それが演技の引き出しになっています。たとえば、男の子役を練習しようと思ったら、前に歌ったことがある声のバリエーションから探して調整するイメージです。歌うことは、私の演技の幅を広げる大事な活動になっています。

――今後、ますますの活躍を期待しています。
鬼頭 今まで経験させていただいたキャラクターによって、演技の幅が広がりました。今後もますますさまざまな役に挑戦していき、見てくださった方に元気を届けられる役者になれるといいなと思っています。今回の賞をいただけたのは出演できた作品や、支えてくださっているファン、スタッフの皆さんのおかげ。今後も、成長して恩返しをできたらと思っているので、これからも応援をよろしくお願いいたします。

第15回「声優アワード」で、助演女優賞を受賞した鬼頭明里さん
第15回「声優アワード」で、助演女優賞を受賞した鬼頭明里さん


●きとう・あかり/10月16日生まれ。愛知県出身。プロ・フィット所属。2014年に声優デビュー。主な出演作は「安達としまむら」(安達)、「トニカクカワイイ」(由崎司)、「鬼滅の刃」(竈門禰豆子)など。「Swinging Heart」でアーティストデビューを果たし、幅広いフィールドで活躍中

第15回「声優アワード」で、助演女優賞を受賞した鬼頭明里さん
第15回「声優アワード」で、助演女優賞を受賞した鬼頭明里さん

第15回「声優アワード」で、助演女優賞を受賞した鬼頭明里さん
第15回「声優アワード」で、助演女優賞を受賞した鬼頭明里さん


撮影=田上富實子 取材・文=星政明

第15回「声優アワード」受賞者、受賞作品(敬称略)

●主演男優賞:津田健次郎
●主演女優賞:石川由依
●助演男優賞:子安武人、島﨑信長
●助演女優賞:上田麗奈、鬼頭明里
●新人男優賞:伊藤昌弘、小林千晃、土屋神葉
●新人女優賞:逢来りん、市ノ瀬加那、杉山里穂、藤原夏海、和氣あず未
●歌唱賞:ワルキューレ
●パーソナリティ賞:安元洋貴
●功労賞:増山江威子、津嘉山正種
●シナジー賞:プレミア音楽朗読劇「VOICARION IX 帝国声歌舞伎~信長の犬~」
●富山敬賞:関俊彦
●高橋和枝賞:榊原良子
●キッズファミリー賞:中川里江
●外国映画・ドラマ賞:山路和弘、小宮和枝
●インフルエンサー賞:小岩井ことり
●MVS(Most Valuable Seiyu):下野紘
●特別栄誉賞:鬼滅の刃
※今回は、ゲーム賞の該当者なし
※今回は、特別功労賞に代えて、本年度ご逝去された声優を顕彰しました。