新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン

【第15回「声優アワード」受賞者インタビュー】新人女優賞 逢来りんさん

2021年03月20日 16:00配信
第15回「声優アワード」で、新人女優賞を受賞した逢来りんさん
第15回「声優アワード」で、新人女優賞を受賞した逢来りんさん

2021年3月6日、2020年度に最も活躍した声優を称える第15回「声優アワード」の受賞者が発表されました。本稿では、新人女優賞を受賞した逢来りんさんへのオフィシャルインタビューをお届けします。

――新人女優賞の受賞、おめでとうございます! 一報を受けた感想を教えてください。
逢来 信じられないというのが素直な気持ちでした。声優アワードのことは、声優を目指しはじめた頃から知っていましたし、受賞するのがひとつの目標でした。それくらい思い入れがあった賞なので、ドッキリなのかと何度も聞いてしまいました(笑)。

――2018年に『アイカツフレンズ!』の声優オーディションで合格、アニメでは「アイカツフレンズ!~かがやきのジュエル~」の春風わかば役でデビューをしました。それまで演技経験はあったのでしょうか。
逢来 演技に関する本を読んだり、声優さんのボイスサンプルを聞きながら発声を練習したり、自己流で訓練はしてきました。でも、オーディションに合格するまでは、本格的に指導を受けたことはなかったんです。

――それでは、初めてのアフレコは緊張されたのではないでしょうか。
逢来 人生で最高の緊張でした。頭が真っ白になるほどに(笑)。練習してきたものも飛んでしまっていて、無心での収録だったことを覚えています。そんななかでも、共演者の先輩たちにはお世話になりました。たとえば、事務所の先輩でもある松永あかねさんは、挨拶の仕方からマイク前の振る舞いなど、基本的なことから教えてくださいました。また、声優としてはじめて掛け合いをした中原麻衣さんは、私が原因のリテイクに根気よく付き合ってくださって本当にありがたかったです。

――わかばというキャラクターには、どんな気持ちで向き合いましたか。
逢来 音響監督の菊田浩巳さんは、当時の私のありのままをわかばとして表現するように言ってくださいました。そのことばの通り、気持ちを素直に出すことを心がけました。わかばは新人アイドルだったので、感情移入しやすかったことを覚えています。

――そして、「アイカツオンパレード!」では姫石らきを演じました。
逢来 デビュー間もない私が主役を演じさせていただけるとは、夢見心地でした。ただ、まだ知らない自分を探すような不安感を覚えました。というのは、らきは天真爛漫なキャラクターだから。一方で、私はプレッシャーを感じやすい性格だったからです。

――役作りはうまくできたのでしょうか。
逢来 最初の収録は、データカードダスのボイスでした。そこで言われたのが、わかばとらきを区別できていないということ。収録は翌日に延期になって、きちんとキャラクターを確立するように指示されたんです。

――そこからどうやって立て直したのでしょうか。
逢来 昔から作品を見ると、キャラクターの生い立ちやバックグラウンドを勝手に想像するのが好きでした。それを応用して、先ほど言ったようならきの性格に思い当たり、彼女を演じる手がかりにしました。その結果、オーケーをいただくことができました。今まで自分が楽しんできたキャラクターに関する妄想が、お芝居につながるのだと知って驚きました(笑)。

――その後、アニメでもらきを演じました。
逢来 最初のアフレコは、プレッシャーでずっと泣きそうで(笑)。でも、主人公がいないと物語は進まないので、自分を鼓舞しながらの収録でした。わかばの時と同じように、何回失敗しても根気よく付き合ってくださる共演者やスタッフさんから、考える時間、悩む時間をいただいて、私自身も成長できたと思います。ディレクションやファンの皆さんの声も聞きながら、どんどんらきに近づいていくことも実感できました。

――においさん役を演じた「ぽっこりーず」では森川智之さんや松本梨香さんをはじめ、大ベテランの方とも共演しています。
逢来 すごく緊張していたのですが、気さくに声を掛けてくださったので、力を抜くことができました。印象に残っているのは、皆さんがすごく楽しそうにお芝居をしているということ。私もそんな“楽しい!”のオーラを出しながら、演技をできるようなりたいと感じました。

――それから仕事を重ねて、心から楽しめるようになりましたでしょうか。
逢来 今でもプレッシャーを感じはしますが、自分が考えたキャラクターを表現して、音響監督をはじめとしたスタッフの皆さんからディレクションをいただき、方向性を固めていく作業は大好きです。そういう意味でも、アフレコは毎回楽しいですね。

――今後、演じてみたい役はありますか。
逢来 見た目や性別、人類という種族すらも超えて、なんでも演じられるのが声優の魅力のひとつだと思っています。私もいろいろな役に挑戦したいですが、まずは男の子や妖艶なお姉さんなど、今までにないキャラクターを演じて、今までにない色の自分を表現したいです。

――今後の活躍を期待しています。
逢来 まだ10代の未熟な私なので、たくさんの人生経験を積んで、それをお芝居に活かしていければと思っています。将来的には、私がパフォーマンスしたことをきっかけに、逢来りんと仕事をしたいと思える存在になりたいと思っています。このような大きな賞をいただけたのは私だけの力ではなくて、作品を応援してくださる皆さまや応援してくださる方がいるからです。そんな声に応えられるパフォーマンスをしていきたいと思っていますので、これからもよろしくお願いいたします!

第15回「声優アワード」で、新人女優賞を受賞した逢来りんさん
第15回「声優アワード」で、新人女優賞を受賞した逢来りんさん


●あいら・りん/5月24日生まれ。広島県出身。ホリプロインターナショナル所属。2018年「アイカツフレンズ!ミラクル声優オーディション~明日へ向かってどーんとコイ☆~」でグランプリを受賞し、2019年に TV アニメ「アイカツフレンズ!~かがやきのジュエル~」(春風わかば)で声優デビュー。「アイカツオンパレード!」では主人公の姫石らきを演じ、「ぽっこりーず」(においさん役)、「東京ガンボ」(晴子)などに出演

第15回「声優アワード」で、新人女優賞を受賞した逢来りんさん
第15回「声優アワード」で、新人女優賞を受賞した逢来りんさん

第15回「声優アワード」で、新人女優賞を受賞した逢来りんさん
第15回「声優アワード」で、新人女優賞を受賞した逢来りんさん


撮影=田上富實子 取材・文=星政明

第15回「声優アワード」受賞者、受賞作品(敬称略)

●主演男優賞:津田健次郎
●主演女優賞:石川由依
●助演男優賞:子安武人、島﨑信長
●助演女優賞:上田麗奈、鬼頭明里
●新人男優賞:伊藤昌弘、小林千晃、土屋神葉
●新人女優賞:逢来りん、市ノ瀬加那、杉山里穂、藤原夏海、和氣あず未
●歌唱賞:ワルキューレ
●パーソナリティ賞:安元洋貴
●功労賞:増山江威子、津嘉山正種
●シナジー賞:プレミア音楽朗読劇「VOICARION IX 帝国声歌舞伎~信長の犬~」
●富山敬賞:関俊彦
●高橋和枝賞:榊原良子
●キッズファミリー賞:中川里江
●外国映画・ドラマ賞:山路和弘、小宮和枝
●インフルエンサー賞:小岩井ことり
●MVS(Most Valuable Seiyu):下野紘
●特別栄誉賞:鬼滅の刃
※今回は、ゲーム賞の該当者なし
※今回は、特別功労賞に代えて、本年度ご逝去された声優を顕彰しました。