新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン

【第15回「声優アワード」受賞者インタビュー】主演男優賞 津田健次郎さん

2021年03月20日 14:00配信
第15回「声優アワード」で、主演男優賞を受賞した津田健次郎さん
第15回「声優アワード」で、主演男優賞を受賞した津田健次郎さん

2021年3月6日、2020年度に最も活躍した声優を称える第15回「声優アワード」の受賞者が発表されました。本稿では、主演男優賞を受賞した津田健次郎さんへのオフィシャルインタビューをお届けします。

――声優アワード主演男優賞受賞、おめでとうございます。
津田 ありがとうございます。こういった賞には縁のないタイプだと思っているので、すごく意外でしたし、ありがたいです。これまで参加してきたアニメなど作品の数々は、僕ひとりで作ってきたものではありません。役も、スタッフの皆さん、共演者の皆さんとのやりとりから生まれたもの。今までご一緒した皆さんのお力で頂けた賞だと思っています。関わったスタッフさんたちが喜んでくださって、さらにまた面白い新しいものを一緒に作っていけると嬉しいです。

――アニメシリーズでの主演作「無限の住人-IMMORTAL-」、「ID:INVADED イド:インヴェイデッド」はどちらも尖った作品でした。
津田 監督や音響監督、他のスタッフさんも含めて、どちらも相当チャレンジングなことをしている作品でした。僕も元々尖った作品はすごく好きですし、この2作品はお芝居もとても自由にやらせて頂けたんです。監督たちのこだわりや言葉のチョイスなども大事にしつつ、自分のフィルターを通して具現化して演じられた。その作業自体が非常に楽しく、役者冥利に尽きるなという思いで一杯でしたね。

――「無限の住人-IMMORTAL-」で万次という役を演じきって、何を感じましたか。
津田 不死の体を持っている男なんですが、実はそんなに強くない。勝ってはいるもののボロボロになって帰ってくる。決してヒロイックなキャラクターではなく、人間くさいキャラクターだなと思いました。そんなボロボロの人間が一人の少女と旅をする。彼女の復讐の旅でありロードムービーでもあるんですよね。旅のなかで万次は変化はするものの、成長譚という感じでもない。本当に渋い作品ですよね。

――収録はいかがでしたか。
津田 浜崎博嗣監督は情熱や細部へのこだわりがすごいんです。清水洋史さんもこだわりの強い音響監督。その2人がタッグを組んでディレクションして下さったので、その当時、いちばん収録に時間がかかる作品だと言われていましたね(笑)。それだけ情熱を持っていいものを作ろうとされているので、僕としては、本当に楽しい時間でした。僕だけじゃなく他のキャストさんたちもテイクを沢山重ねていましたが、みんなで苦しみながらも前に進んでいた。重量感のある作品を作るというのはやっぱり面白いですね。

――「ID:INVADED イド:インヴェイデッド」も、アニメの可能性をさらに感じさせてくれる作品でした。
津田 脚本の舞城王太郎さんはミステリ作家で、僕も小説を拝読したことがあったんですけど、すごい脚本を書かれましたよね。これはいわゆるミステリともまた全然違った作品です。ほぼ初めましてのスタッフさんが多く、特徴的な作り方をしていました。普通のアフレコマイクじゃなく実写で使うガンマイクを使い、ひとり語りのモノローグの部分は別室のアフレコマイクで録ったり。音響効果を実写の音響効果さんが担当していたりと、スタッフィングからエッジが利きまくっていました。共演していた細谷佳正君とも、「これめちゃめちゃ楽しいね」なんて話をしていましたね。

ーー現場に向かうとき、津田さんは役者としてどんなことを考えていますか?
津田 「今日はこういうシーンだからこういうものを求められるだろうな」とは思っています。ただ、そこで終わっちゃうのはつまらない。監督やスタッフさんの想定を超えていったほうが楽しいし、想定を超えているけどシーンとしてちゃんと成立していたらとても面白いと思うんです。脚本や監督の演出意図を成立させるのも楽しいんですが、「ちょっとこれ予想外じゃありません?」っていうのを提示するのも好きなんです(笑)。そこで監督たちに悩んで頂けたら嬉しいんです。全然違っていたら違うとはっきり言って頂けますしね。ただ奇をてらうのではなく、その役を生きてみた結果、何かはみ出てくるものも表現する。色んなプランを立てて収録に臨みますが、結果的にはそっちの方が良い結果を生む事が多いと思いますね。

ーーそのほかアニメでは「アフリカのサラリーマン」、「啄木鳥探偵處」、「THE GOD OF HIGH SCHOOLゴッド・オブ・ハイスクール」など。さらには朝ドラ「エール」で毎朝津田さんの声が流れた1年でもありました。
津田 尖ったものからオーソドックスなものまで、本当に色んな作品に参加させて頂きました。朝ドラにも参加させて頂き、出演まで出来て。そういう意味では躍動感溢れる、楽しい1年でした。この期間は、前半の2020年2月までと3月以降で世界が一変しました。声優業界も収録が出来なくなり、一度は完全にストップしましたが、スタッフの方たちのガッツと執念によってまた制作を再開することが出来ました。そこからはずっと戦いの日々ですよね。

ーー作り手として考え方は変わりましたか?
津田 僕は変わらないです。ただ、一日一日、一本一本をもっと大切にしていかないといけないなという思いは強くなりました。元々全部が当たり前ではないんだというのを再認識しましたね。

ーーこれからの目標をお聞かせください。
津田 こうして色々とやらせて頂いて、反省点や自分に足りない部分もすごく見えるようになりました。お芝居を長くやらせて頂いてますが、まだまだ遥か先まで高みがあるなと思っているだけに、賞を頂けることは本当に意外だったんです。もっと高いレベルでの芝居はどんな景色なのだろう、そこに近づくためには何をやらなければならないかを考えているところです。「出来てる気になるなよ」と自分に言い聞かせ続けていくでしょうね。

第15回「声優アワード」で、主演男優賞を受賞した津田健次郎さん
第15回「声優アワード」で、主演男優賞を受賞した津田健次郎さん


●つだ・けんじろう/6月11日生まれ。大阪府出身。主な出演作に「無限の住人-IMMORTAL-」(万次)、「ID:INVADED イド:インヴェイデッド」(名探偵 酒井戸/鳴瓢秋人)、「呪術廻戦」(七海建人)など

第15回「声優アワード」で、主演男優賞を受賞した津田健次郎さん
第15回「声優アワード」で、主演男優賞を受賞した津田健次郎さん

第15回「声優アワード」で、主演男優賞を受賞した津田健次郎さん
第15回「声優アワード」で、主演男優賞を受賞した津田健次郎さん


撮影=田上富實子 取材・文=大曲智子

第15回「声優アワード」受賞者、受賞作品(敬称略)

●主演男優賞:津田健次郎
●主演女優賞:石川由依
●助演男優賞:子安武人、島﨑信長
●助演女優賞:上田麗奈、鬼頭明里
●新人男優賞:伊藤昌弘、小林千晃、土屋神葉
●新人女優賞:逢来りん、市ノ瀬加那、杉山里穂、藤原夏海、和氣あず未
●歌唱賞:ワルキューレ
●パーソナリティ賞:安元洋貴
●功労賞:増山江威子、津嘉山正種
●シナジー賞:プレミア音楽朗読劇「VOICARION IX 帝国声歌舞伎~信長の犬~」
●富山敬賞:関俊彦
●高橋和枝賞:榊原良子
●キッズファミリー賞:中川里江
●外国映画・ドラマ賞:山路和弘、小宮和枝
●インフルエンサー賞:小岩井ことり
●MVS(Most Valuable Seiyu):下野紘
●特別栄誉賞:鬼滅の刃
※今回は、ゲーム賞の該当者なし
※今回は、特別功労賞に代えて、本年度ご逝去された声優を顕彰しました。