新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン

【第15回「声優アワード」受賞者インタビュー】新人女優賞 藤原夏海さん

2021年03月22日 13:00配信
第15回「声優アワード」で、新人女優賞を受賞した藤原夏海さん
第15回「声優アワード」で、新人女優賞を受賞した藤原夏海さん

2021年3月6日、2020年度に最も活躍した声優を称える第15回「声優アワード」の受賞者が発表されました。本稿では、新人女優賞を受賞した藤原夏海さんのオフィシャルインタビューをお届けします。

――賞の選考対象期間である1年間は藤原さんにとってどのような年でしたか?
藤原 世間的に慌ただしさもあり、仕事が止まってしまうような時期もあったりして、今までとは違う1年だった気がします。私自身も今までにないような経験をさせていただきましたし、改めて自分と向き合う時間をいただきました。

――ご自身と向き合い、気づいたことは?
藤原 自分は落ち着きがない人間なんですけど、デビューして5年経ちますので、いろいろな面で落ち着かなくてはいけないな、と思い、自分自身と「落ち着こうぜ」みたいな会話をしました(笑)。せっかちだし緊張しいだし、慌ただしいんですよね。なので、もうちょっと落ち着いて、大人の振る舞いができるように……それがお仕事にもつながって、余裕を持ってお芝居ができるようにしていきたいです。

――「メジャーセカンド」(茂野大吾役)と「真・中華一番!」(マオ役)という大きな作品で主役を演じられました。
藤原 2作品とも多くの方々から長く愛されている作品の続編ということで、キャラクターが力強いんです。キャラクターに負けないように、主役としてちょっとでも何かできたらいいな、という思いはありました。

――大吾は成長していくキャラクター、マオは天才というキャラクターでした。
藤原 大吾は最初の挫折を乗り越えて、すごい成長をするので、人間性のグラデーションを掴むために原作を読み込みました。中学生編が始まってからは、いろいろ乗り越えてきた経験値があるから、小学生のときとの違いを出せるよう意識しました。マオは天才なんですよね……私とは正反対なので、理解するのに時間がかかった部分もありますが、「なるほど、マオはこう考えるのか」という違いを考えながら演じるのは楽しかったです。

――少年キャラクターを演じるに当たってのコツを教えてください。
藤原 女の子を演じるときと比べて、感覚の違いは確かにあるんですけど、女の子のほうが一捻りしないと出てこない感じで、男の子のコツと言われると……ちょっとわからないです(笑)。大吾は特に共感できるキャラクターなので、自然な感じで、声色とかもつくらずに演じている気がします。女の子のほうが繊細なので、技術的な難しさがあるかもしれません。

――「GREAT PRETENDER」のアビーも印象的なキャラクターでした。
藤原 アビーは無口で攻撃的で、素は女性らしくないんですよね。でも潜入すると女っぽくなったり可愛くなったり、いろんな人間を演じるキャラクターだったので、難しかったです。でも、いろんなアビーを演じられて、楽しかったし、刺激的でした。物語も複雑で、私たちも台本をいただくまで騙されているので(笑)、収録のときはみんなで感想を言い合ったりしてにぎやかだった印象があります。

――デビューからこれまでの間で転機になった作品や出来事はありますか?
藤原 転機の第1波が、初主演させていただいた「少年メイド」、3クールあった「トミカハイパーレスキュー ドライブヘッド 機動救急警察」、女の子を演じさせていただいた「アイカツスターズ!」です。「少年メイド」は右も左もわからない状態で、先輩たちに助けられながら主役をやらせていただき、「藤原夏海」という名前を知っていただけるきっかけになった最初の作品だと思います。「ドライブヘッド」もステキな先輩方に恵まれ、3クールと長かったので絆も深まり、いまだに連絡を取り合っている座組なんです。「アイカツスターズ!」は、容姿端麗でカッコいい女の子という、私の中では初めて演じるタイプの女の子キャラに出会えた作品です。第2波は今ですね。「メジャーセカンド」と「真・中華一番!」に出演できたことです。

――デビューから現在までで、ご自身で成長を感じる部分はありますか?
藤原 デビュー当事は、しっかりやろう、ちゃんとやろう、という気持ちが一番に来てしまって、お芝居を楽しもうという気持ちが後回しになってしまっていたんです。でも最近は、お芝居自体を楽しむことを大事にしよう、と思える余裕が出てきたので、ちょっと成長したのかな、と思います。

――今後、演じてみたい作品のジャンルやキャラクターのタイプなどを教えてください。
藤原 幅広いお芝居をしてみたいという気持ちがあるので、大人っぽい女性、今までに演じたことのない女性を表現できたらいいな、と思います。普段少年役をやってらっしゃる先輩声優さんの女性的な演技に憧れるので、私もそんなふうに表現できるようになりたいです。

――現場で一番大事にしていることは?
藤原 「気持ち」ですね。キャラクターの気持ちを理解し、ちゃんと表現すること。その上で、お芝居を楽しむという自分の気持ちも意識していきたいと思っています。

――ファンの方々にメッセージをお願いします。
藤原 いつも応援してくださって、ありがとうございます。今回、新人賞をいただけたのも、ファンの皆さんのおかげです。私一人では決していただくことができなかった賞ですので、これからも皆さんに楽しんでいただけるように頑張りますし、いい作品をつくる力添えをさせていただけたらと思っています。よろしくお願いします。

第15回「声優アワード」で、新人女優賞を受賞した藤原夏海さん
第15回「声優アワード」で、新人女優賞を受賞した藤原夏海さん


●ふじわら・なつみ/6月2日生まれ。静岡県出身。アーツビジョン所属。主な出演作は「少年メイド」(小宮千尋)、「メジャーセカンド」(茂野大吾)、「真・中華一番!」(マオ)など。「宇宙なんちゃら こてつくん」(こてつ)などにも出演予定

第15回「声優アワード」で、新人女優賞を受賞した藤原夏海さん
第15回「声優アワード」で、新人女優賞を受賞した藤原夏海さん

第15回「声優アワード」で、新人女優賞を受賞した藤原夏海さん
第15回「声優アワード」で、新人女優賞を受賞した藤原夏海さん


撮影=田上富實子 取材・文=垳田はるよ

第15回「声優アワード」受賞者、受賞作品(敬称略)

●主演男優賞:津田健次郎
●主演女優賞:石川由依
●助演男優賞:子安武人、島﨑信長
●助演女優賞:上田麗奈、鬼頭明里
●新人男優賞:伊藤昌弘、小林千晃、土屋神葉
●新人女優賞:逢来りん、市ノ瀬加那、杉山里穂、藤原夏海、和氣あず未
●歌唱賞:ワルキューレ
●パーソナリティ賞:安元洋貴
●功労賞:増山江威子、津嘉山正種
●シナジー賞:プレミア音楽朗読劇「VOICARION IX 帝国声歌舞伎~信長の犬~」
●富山敬賞:関俊彦
●高橋和枝賞:榊原良子
●キッズファミリー賞:中川里江
●外国映画・ドラマ賞:山路和弘、小宮和枝
●インフルエンサー賞:小岩井ことり
●MVS(Most Valuable Seiyu):下野紘
●特別栄誉賞:鬼滅の刃
※今回は、ゲーム賞の該当者なし
※今回は、特別功労賞に代えて、本年度ご逝去された声優を顕彰しました。