新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン

キャスト陣が大ボケ小ボケを連発!「GODZILLA」スペシャルステージ【AnimeJapan 2017】

2017年03月26日 13:15配信
キャスト陣が大ボケ小ボケを連発!「GODZILLA」スペシャルステージ【AnimeJapan 2017】

「GODZILLA」スペシャルステージに登壇した宮野真守さん・櫻井孝宏さん・花澤香菜さん・杉田智和さん・梶裕貴さん・諏訪部順一さん

3月25日(土)・26日(日)、東京ビッグサイトで開催された日本最大級のアニメイベント「AnimeJapan 2017」。26日のレッドステージで、アニメーション映画「GODZILLA」スペシャルステージが開催されました。

1954年に誕生して以来、長らく続いてきたゴジラシリーズですが、今作はアニメであることに加え、静野孔文さん・瀬下寛之さん・虚淵玄さんといった豪華スタッフを揃え、更に史上初の3部作構成で描かれるとあって、注目作となっています。

プロモーションムービーが公開されたあと、宮野真守さん(ハルオ・サカキ役)、櫻井孝宏さん(メトフィス役)、花澤香菜さん(ユウコ・タニ役)、杉田智和さん(マーティン・ラッザリ役)、梶裕貴さん(アダム・ビンデバルト役)、諏訪部順一さん(ムハエル・ガルグ役)がそれぞれひと言コメントしながら登場。花澤さんは「ミニラに似ている花澤香菜です」と会場のひと笑いを誘っていました。

花澤さんにつられて、というわけではないでしょうが、この日のステージは他のキャストも小ボケを挟んでくることが多々。

演じるキャラクターを紹介するパートでは、宮野さんが演じるハルオ・サカキとの共通点を聞かれ「人間であること」が答えると、続く櫻井さんも「異星人であることですかね」とボケを重ねます。さらに屈強な体格の異星人であるムルエル・ガルグを演じる諏訪部さんも「褐色と言えば諏訪部かな」と続け、会場に笑いを起こしていました。

この日初めて公表されたキャラクター設定は、地球人・異星人といった属性や性格、人間関係も含めた詳細なもの。もしかすると、ゴジラよりも人間ドラマがメインに描かれていくのか? 期待は膨らむばかりです。

プレスコ(音声を先に収録して、映像をあとから作る手法)で収録されたという本作。花澤さんは、設定資料の多さに「SF小説かと思った」と驚きを語りました。そのハードな設定のSFがたっぷり味わえるムービーも会場ではいち早く流され、その出来栄えにはキャストも息を飲んでいました。

アニメーション映画「GODZILLA -怪獣惑星-」は11月全国公開です。【取材・文=佐藤京一】

■アニメーション映画「GODZILLA -怪獣惑星-」

公開  :11月全国公開

スタッフ:監督…静野孔文・瀬下寛之/ストーリー原案・脚本…虚淵玄(ニトロプラス)/シリーズ構成…虚淵玄(ニトロプラス)・村井さだゆき/キャラクターデザイン原案…コザキユースケ/副監督…森田宏幸/演出…吉平“Tedy”直弘/プロダクションデザイン…田中直哉・Ferdinando Patulli/CG キャラクターデザイン…森山佑樹/造形監督…片塰満則/美術監督…渋谷幸弘/色彩設計…野地弘納/音響監督…本山哲/製作…東宝/制作…ポリゴン・ピクチュアズ/配給…東宝映像事業部

キャスト:梶裕貴/櫻井孝宏/杉田智和/諏訪部順一/花澤香菜/宮野真守(五十音順)

リンク:「GODZILLA -怪獣惑星-」公式サイト

    公式twitterアカウント・@GODZILLA_ANIME