新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン

花守ゆみりが焼き鳥愛を語る!「結城友奈は勇者である -鷲尾須美の章-」ステージ【AnimeJapan 2017】

2017年03月27日 19:33配信
花守ゆみりが焼き鳥愛を語る!「結城友奈は勇者である -鷲尾須美の章-」ステージ【AnimeJapan 2017】

「結城友奈は勇者である -鷲尾須美の章-」ステージより

3月25日(土)・26日(日)、東京ビッグサイトで開催された日本最大級のアニメイベント「AnimeJapan 2017」。26日のグリーンステージで、「結城友奈は勇者である -鷲尾須美の章-」ステージが開催されました。

現在公開中の劇場アニメ「結城友奈は勇者である -鷲尾須美の章-」はテレビアニメ「結城友奈は勇者である」の前日譚。この日のステージでは三森すずこさん(鷲尾須美役)、花澤香菜さん(乃木園子役)、花守ゆみりさん(三ノ輪銀役)が登壇し、現在公開中の第1章、そして4月15日(土)に公開される第2章についてトークを繰り広げました。

トークは、第1章の名シーンを観ながらの生コメンタリーからスタート。旅行時に荷物が多い/少ない、温泉シーンで湯気が大事な隠しつつ、特訓の生傷が隠れていないところ、(なぜかモザイクが掛けられた)変身シーンのなどに、あれこれと言及していきました。

特に盛り上がったのが焼き鳥の話題。焼き鳥大好きで、イベント前日にも食べていたという花守さんが焼き鳥愛を炸裂させます。好きな部位はナンコツを塩、コリコリが好きで、たまにちょっと残っている肉がたまらない、しかし未成年なのでお酒が飲めず、コーラで楽しんでいることをマシンガントーク。舞台は完全に花守さんのターンと化していました。

そんな花守さんの焼き鳥愛に乗ってきたのが三森さん。行きつけの焼き鳥屋があることを明かし、二十歳の誕生日を焼き鳥で祝おうとノリノリでした。ちなみに三森さんの好きな部位はハツ、花澤さんはレバーなんだとか。

焼き鳥トークが止まらなそうなのでスタッフからカンペが入り、話題は第2章へ。ハードなストーリー展開に、普段は楽しくアフレコに向かう三森さんも、気を引き締めてアフレコに臨んだと明かせば、花守さんは第2章のタイトル「たましい」のとおり、魂を削って演技したと明かします。なお、花澤さんは劇中で歌う場面をイチオシしました。

続いてのコーナーは「1+1+1=10にせよ!コンビネーションクイズ」。作品の舞台である香川県にまつわるクイズ問題に挑戦します。3人は「香川県消費量全国1位の食品」「作品舞台となっている『坂出市』の読み方」「岡山市と」など難問に次々と回答していきました。中でも「香川県のツルきゃら」という問題には、ヒントありでしたが「うどん脳」と見事正解し、カンの良さを見せつけます。また、表示されたうどん脳のビジュアルにつっこむひと幕も。

「結城友奈は勇者である -鷲尾須美の章-」第1章「ともだち」は現在好評公開中で、第2章「たましい」は4月15日(土)、第3章「やくそく」は7月8日(土)に公開予定。また10月からはテレビアニメ2期が放送となります。【取材・文=佐藤京一】