新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン

アニソンDJが選ぶ2021年ベストアニソントップ20! 1位は大納得の話題曲に、断トツ支持の来年のブレイクアーティストは

2021年12月22日 12:00配信
アニソンDJが選ぶ2021年ベストアニソントップ20!

アニソンDJが選ぶ2021年ベストアニソントップ20!

前年から引き続き、新型コロナウイルス感染症拡大の影響が大きかった2021年。それでもアニメはたくさん放送&配信され続け、多くの人を楽しませてくれました。

そしてそんなアニメを彩ったアニソンも多数生まれました。それだけにそのすべてを把握している人はなかなか少ないでしょう。そこでWebNewtypeでは今年のナイスなアニソンを探るべく、幅広い楽曲を聴き込んでいるであろうアニソンDJたち70人にTwitterを通じて「2021年のいい曲トップ5は?」というアンケートを実施し、ポイント化してランキングを作りました。

答えてくれたのは北は北海道、南は鹿児島まで全国各地で活躍するDJたち。2020年の1位はまさかの挿入歌でしたが、2021年は多くの人が納得するであろう話題曲がトップとなりました。それでは、アニソン通たちによる2021年のアニソンランキングをご覧ください。

20位以上にランクインした唯一の挿入歌は?

20位:少年少女 / 銀杏BOYZ(『Sonny Boy』主題歌)
19位:Fever Dreamer / Mia REGINA(『逆転世界ノ電池少女』OPテーマ)
18位:醜い生き物 / CHiCO with HoneyWorks(『裏世界ピクニック』OPテーマ)
17位:星のオーケストラ / saji(『かげきしょうじょ!!』OPテーマ)
16位:ピラミッド大逆転 / スピラ・スピカ(『俺だけ入れる隠しダンジョン』OPテーマ)
15位:Dark spiral journey / Q-MHz feat. 鈴華ゆう子(『ピーチボーイリバーサイド』OPテーマ)
14位:麻痺 / yama(『2.43 清陰高校男子バレー部』OPテーマ)
13位:Lead Your Partner / 土屋太鳳(『アイの歌声を聴かせて』挿入歌)
12位:ユメヲカケル! / スペシャルウィーク、サイレンススズカ、トウカイテイオー、ウオッカ、ダイワスカーレット、ゴールドシップ、メジロマックイーン(『ウマ娘 プリティーダービー Season2』OPテーマ)
11位:人生イージー? / DIALOGUE+(『弱キャラ友崎くん』OPテーマ)

20~11位にはアニメの顔となるオープニングテーマがズラリ。2021年を代表するアニメ『ウマ娘 プリティーダービー Season2』はその他の楽曲にもポイントがバラけましたが、オープニングテーマが12位となりました。また13位には映画『アイの歌声を聴かせて』の挿入歌「Lead Your Partner」がランクイン。柔道シーンで流れる軽快なジャズというギャップに惹かれた人が多かったようです。

10位:リナリア / まるりとりゅうが(『恋と呼ぶには気持ち悪い』EDテーマ)

「ヒロインの切ない心情に寄り添った歌詞と曲。恋愛ものを男女ユニットで歌っているのもよかった」「毎週エンディングの入りが抜群だった。特に9話、10話、最終話が好き」

9位:ODDTAXI / スカートとPUNPEE(『オッドタクシー』OPテーマ)

「スカートとPUNPEEがアニソンを作ったという状況がすご過ぎる。聴く前から最高なことが約束されていたけど実際聴いたら期待以上だった」「ずっと浸っていたくなるようなメロウでシティな曲調。アニメの話題性も相まって2021年を代表するアニソンだと思う」

8位:ピンキーフック / 麻倉もも(『カノジョも彼女』EDテーマ)

「とにかくファンキーでかわいい!」「踊りまくれる!」「麻倉ももさんの新境地。間奏もかっこいい」

7位:満月とシルエットの夜 / 坊ちゃん(CV. 花江夏樹)&アリス(CV. 真野あゆみ)(『死神坊ちゃんと黒メイド』OPテーマ)

「世界観に忠実なピュアな歌詞と優しいメロディ。アニメの曲を聴きながら、こんなにも主人公とヒロインの関係を愛おしいと思ったのはいつぶりだろう」「OP映像と相まってよかった。これぞアニソンって感じ」

6位:アトック / 藍井エイル(『BLUE REFLECTION RAY/澪』OPテーマ)

「本編に寄り添う歌詞と力強い歌声に、聴くだけで泣いてしまう」「生きることは戦うこと。もがき苦しみ、我々は最後に何を見るのか……『澪』全24話は常にこの曲のマインドと共にあった」「2クール目の怒涛の展開と比例して歌詞のよさが増していった。『月を追う真夜中』に続いて藍井エイルさんの作詞センスに脱帽」

5位:愛のシュプリーム! / fhána(『小林さんちのメイドラゴンS』OPテーマ)

「アニメも曲も1期がとてもよくて2期のハードルが上がっていた中、どちらもそれを軽々と超えてくれた」「間奏の盛り上がりがこれまた最高」「『アニサマ』でのスーパーちょろゴンずとのステージの多幸感を思い出すだけで泣ける」

4位:Sing My Pleasure / ヴィヴィ(Vo.八木海莉)(『Vivy -Fluorite Eye's Song-』OPテーマ)

「10年前のEGOISTを彷彿とさせるようなストリングスリフや高そうなギターの重厚感あるバッキングなど『これがアニソンや!』と言わんばかりのド直球な構成に毎週胸を熱くしていた」「神前暁さんの曲のよさもさることながら、八木海莉さんの歌声もあっぱれ」「6話のグレイスバージョンのアレンジも大好きだけど、やっぱりこちら」

3位:ネモフィラ / コアラモード.(『俺だけ入れる隠しダンジョン』EDテーマ)

「いい曲すぎる。本編がどんな内容でもこの曲が流れるだけできれいにまとまる」「あったかチル曲。歌詞がいいのはもちろんだが、優しいメロディラインも素晴らしい」「最終回でこれが流れるシーンが、ものすごく絶妙にマッチしていてすごかった」

2位:Dark seeks light / ニノミヤユイ(『世界最高の暗殺者、異世界貴族に転生する』OPテーマ)

「(シングルに両A面として収録されていた)『テスラノート』EDテーマと双璧をなす、最高にかっこいい楽曲。ニノミヤユイさんの芸幅が楽しいシングルだった」「アニソンでも一番のトラップでは。中毒性高し」「映像も相まってとても気持ちいいサビ」

1位:ギャンブル / syudou(『月が導く異世界道中』OPテーマ)

「Adoに『うっせぇわ』を提供したボカロPだけあってガツンとしたパンチ力がすごい」「どの現場に行っても聴けたし盛り上がっていた」「サビ入りの歌詞で全員黙らせたあとの『俺は夜なんて駆けない 未来に賭ける』のパンチラインは間違いなく2021年ナンバーワン」「2番以降の歌詞もぜひ聴いてほしい」

来年はニノミヤユイさんが大ブレイク?

5位:星街すいせい
4位:syudou
3位:DIALOGUE+
2位:フィロソフィーのダンス
1位:ニノミヤユイ

同時にアンケートを取った「来年ブレイクするアーティストは?」という質問では、2020年にアーティストデビューしたニノミヤユイさんが断トツの1位に。楽曲部門で2位に「Dark seeks light」がランクインしましたが、さらなる躍進に期待が集まっています。また3位のDIALOGUE+には、「2022年こそ以前と同じようにライブができるようになって、そこから人気に火が点いてほしい」という声も。はたして来年のアニソンシーンはどうなるか、引き続き注目です。

【取材・文:はるのおと】