新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン

「デート・ア・ライブⅣ」影山灯インタビュー(後編) 「ちょっぴりヤンデレな六喰も大好きです」

2022年05月14日 01:30配信
「デート・ア・ライブⅣ」影山灯インタビュー(後編)

「デート・ア・ライブⅣ」影山灯インタビュー(後編)

(C)2021 橘公司・つなこ/KADOKAWA/「デート・ア・ライブⅣ」製作委員会

好評放送中の「デート・ア・ライブIV」(以下「デート」)。第6話では、独りぼっちになりたくないという思いから心を閉ざしていた六喰が、士道の心の奥底を覗いたことで心を開き、態度を一変させました。士道の呼び方も「うぬ」から「主様」へと変化し、好感度は一気に急上昇。そんな六喰について、前回に引き続き影山灯さんに六喰についてたっぷりお話を聞きました。

――六喰を演じる際には、どのような点に気をつけましたか。
影山 六喰は、いろいろな側面がある女の子です。例えば、第5話までは、徹底的に自分の感情を隠していました。それは戦闘シーンでも同じ。発する声は少ないですが、そのなかで強さを表現したいと思って声を発さずに強さを表現したいと思いました。一方で、そこから一転して、第6話で士道くんに心の鍵を開いたときは、彼に依存するかのようになりました。その姿は、お母さんが見えなくなると泣いてしまう幼い子どものよう。その幼さや不安定さを意識しながら演じていました。

――振り幅の広いキャラクターですね。
影山 心の鍵を開く前後では、突然、キャラクターが変わったようでびっくりする方もいるかもしれません。でも、六喰の過去に理由があって自分の心を封じ込めていました。心の移り変わりの理由がはっきりとしているので、演じる私としては違和感を覚えませんでした。第7話以降では、思い込んだら一直線の六喰をご覧いただけると思います。

――原作ファンの間では、“ヤンデレ”だという声も上がっていますね。
影山 私は、そんなヤンデレの六喰も大好きです。もし、六喰とクラスメイトで自分が男子だったら、あっという間に好きになっちゃいますね。独占欲から、「ほかの子の連絡先をスマホから消して」と言われたら、すぐに応じてしまいそうです(笑)。かわいく甘えてきた我儘を全部きいてあげたくなりそうです。

――甘えさせてあげたくなるキャラクターなんですね。
影山 その理由には、六喰に共感できるからという一面もあります。彼女が心を閉ざした理由のひとつは、「独りぼっちは嫌だ」ということ。誰しも、学校のクラス替えや進学などで、同じ思いをしたことがあると思うんです。安心できる場所がほしいという六喰の気持ちはよくわかりますし、幸せになってほしいと応援してあげたくなりますね。

――六喰を演じるなかで、印象に残っているシーンを教えてください。
影山 第4話で「頼む、地球におりてきてくれ。俺は、お前に幸せになってほしいんだ!」と言う士道に対する、六喰の「むくの幸福を、うぬが勝手に決めるでない」というセリフが胸に刺さりました。個人の幸せの形は、おのおので異なるということを改めて実感したからです。その考え方が、自分がしたいことを開けっぴろげに表現する六喰の根源にあるんでしょうね。そこで、士道が立ち止まって、自分がやってきたことが本当に善だったのかを考えていた様子も印象的です。

――第7話では、地球に降り立った六喰と士道のデートが繰り広げられます。
影山 まさに地球の運命をかけたデートが始まります。そこに、ある状態になった十香も絡み、コミカルなやり取りが交わされるシーンが私は好きです。「デート」の魅力であるシリアスとコメディのバランスのよさを楽しめると思います。

――ちなみに、影山さんがデートをするならば?
影山 水族館に行きたいですね。ライトアップされた水槽を魚たちが泳ぐロマンチックな展示から、イルカやアシカのショー、水の生き物たちとのふれあいなど、多彩な楽しみができるからです。会話にも困らないですし、相手の新たな一面も楽しめそう。デートにピッタリだなと思います。

――精霊と行くなら、誰を選びますか。
影山 やっぱり六喰ですかね。ずっと甘えて、ピッタリ寄り添ってほしいです(笑)。帰りには、イルカのぬいぐるみをねだられて、買ってあげたいです。きっと大事にしてくれるはず!

【取材・文:星政明】

■TVアニメ「デート・ア・ライブ IV」
放送:AT-X…毎週金曜22:00~ ※リピート放送あり
   TOKYO MX…毎週金曜25:00~
   KBS京都…毎週土曜23:30~
   サンテレビ…毎週日曜25:00~
   BS11…毎週金曜25:00~
配信:dアニメストア…毎週金曜23:00
   ※その他の各配信サイトでも順次配信

スタッフ:原作…橘公司/原作イラスト…つなこ(KADOKAWA ファンタジア文庫刊)/監督…中川淳/シリーズ構成…志茂文彦/キャラクターデザイン…中村直人/音響監督…えびなやすのり/音楽…坂部剛/音楽制作…日本コロムビア/アニメーション制作…GEEKTOYS

キャスト:五河士道…島﨑信長/夜刀神十香…井上麻里奈/鳶一折紙…富樫美鈴/五河琴里…竹達彩奈/四糸乃…野水伊織/時崎狂三…真田アサミ/八舞耶倶矢…内田真礼/八舞夕弦…ブリドカットセーラ恵美/誘宵美九…茅原実里/七罪…真野あゆみ/本条二亜…生天目仁美/星宮六喰…影山灯

リンク:TVアニメ「デート・ア・ライブ IV」公式サイト
    公式Twitter・@date_a_info