新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン

Anime Expo 2017で行われた「カードキャプターさくら クリアカード編」OAD先行上映会のレポートが到着!

2017年07月03日 21:50配信
Anime Expo 2017で行われた「カードキャプターさくら クリアカード編」OAD先行上映会のレポートが到着!

オリジナルアニメーション「さくらとふたつのくま」ビジュアル

(C)CLAMP・ShigatsuTsuitachi CO.,LTD./講談社

2018年1月よりNHKにて放送が始まる「カードキャプターさくら クリアカード編」のプロローグとして制作され、原作コミックス「クリアカード編」第3巻特装版に同梱されるオリジナルアニメーション「さくらとふたつのくま」。その先行上映が米国ロサンゼルス・コンベンションセンターで始まった北米最大のアニメコンベンションAnime Expo 2017で行われました。

「カードキャプターさくら」は、「魔法騎士レイアース」や「XXXHOLiC」などの著者としても知られるCLAMPが、1996年から2000年までなかよし(講談社刊)にて連載し、これまでにTVアニメ「クロウカード編」「さくらカード編」と劇場版アニメ2作が制作されています。

新たにTVアニメ化される「クリアカード編」は、連載開始20周年プロジェクトとして2016年7月号(6月3日発売)より、「さくらカード編」の続編として連載が開始された作品を原作とし、出演キャストも18年前のオリジナルキャストが再集結して制作されるファン待望の作品。今回のオリジナルアニメーションは「さくらカード編」と「クリアカード編」をつなぐ物語になっています。

日本のファンもまだ目にしたことのない同作品の先行上映が行われたのは、約3400人を収容する「Anime Expo 2017」のメインホールの一つ。上映に先立ち、同作品でプロデューサーを務める川添千世さんが登場し「いま『なかよし』の読者の女の子たちに、作品を楽しんでもらいたいという願いを込めて今回、新たに『カードキャプターさくら』を制作することになりました」と、新プロジェクトが始動に至った経緯を明かしました。

また、制作のため会場を訪れることのできなかった浅香守生監督から託されたメッセージを代読。続いて、プロローグ「さくらとふたつのくま」が上映されるとざわついていた会場は一転してシーンと静まり返り、3400人が前方のスクリーンに注目。約20分間の上映を終えると集まったファンから割れんばかりの拍手と歓声が沸き起こり、涙を流して復活を喜ぶ女性ファンの姿もみられました。

さらに、会場に同作品の人気キャラクターの“ケロちゃん”が登場し、プレゼントじゃんけん大会が行われ、勝ち残った人にはカードキャプターさくら連載開始20周年記念イラスト集・カードキャプターさくらクリアカード編第2巻特装版・書店販促用ポスターにCLAMPのサインが入られたファン垂涎のアイテムがプレゼント。最後に川添プロデューサー、ケロちゃんと会場のファンとで記念撮影が行われ、先行上映会は幕を閉じました。

浅香監督から川添さんに託されたメッセージは以下になります。

<浅香守生監督メッセージ>

――「カードキャプターさくら」(旧作)についての思い出話をお願いします。

カードキャプターさくらを作り始めてからは、もう20年以上の時間が経っていますが、私が初めて監督したTVシリーズということもあり、忘れられない作品です。当初はあまり注目もされていなくて、初監督とういうプレッシャーを感じないで作れたのを覚えています。放送局の決定前に作り始めたのでスケジュールにも余裕があって、最初の数話はじっくり作っていました。そういう状況でしたので、「毎回の着替え」など新しい事にも挑戦できたのだと思います。やがてNHKでの放送が決まります。(「ケロちゃんにまかせ」のコーナーはフォーマットの調整のために作ったんですよ)。次第にスケジュールも切迫していき、不慣れな監督という作業で、スタッフにも苦労をかけましたが、この作品で経験した、やりたい事を思いっきりできた事、またはその逆に選択して断念する事、そしていろんな方に出会えた事は、間違いなくその後の私の仕事に大きな影響を与えたと思っています。あと初めてアニメエキスポに参加できたのもカードキャプターさくらの時でした。

――前作に続いて新作アニメに関わることになった経由とご心境は?

作品が終わった時はやりきった思いから、続きを作る事はないだろうと思っていましたが、年月がたって、続きのお話をいただいた時、いまの時代にさくらはどう映るのか、とても興味深く思いお引き受けしました。年をとった私に純粋なキャラクターたちが描けるのかが不安でしたが、自分自身の変化も作品にどう表れるのか、楽しんでしまおうと思っています。現在、制作快調!

――最後に、アメリカの『さくら』ファンに一言お願いします。

カードキャプターさくらを見てくれてありがとう。覚えていてくれてありがとう。好きでいてくれてありがとう。クリアカード編、楽しみにしていてください。

<OAD新作アニメーション「さくらとふたつのくま」あらすじ >

これは「クリアカード編」につながる物語――。 クロウ・リードの生まれ変わりであるエリオルと東京タワーで対峙し、ダークとライトのカードを手にしたさくら。 平穏な日々が戻って来たと思ったのも束の間、エリオルが イギリスに帰国することに……。寂しいけれど、さくらはエリオルを見送る。 さらに小狼から「好きだ」と気持ちを伝えられたさくらは、自分のことのはずなのに、気持ちが分からないと戸惑う。知世ちゃんはそっと勇気づけてくれるが、こころの整理がつかないうちに、小狼は香港に戻ることに……! さくらは意を決して、あるものを作ることにする……!

■「カードキャプターさくら クリアカード編」

スタッフ:原作…CLAMP「カードキャプターさくら クリアカード編」(講談社「なかよし」連載)/監督…浅香守生/脚本…大川七瀬/キャラクターデザイン…濱田邦彦/アニメーション制作…マッドハウス

キャスト:木之本桜…丹下桜/ケルベロス…久川綾/大道寺知世…岩男潤子/李小狼…くまいもとこ/月城雪兎…緒方恵美/木之本桃矢…関智一 他

リンク :「カードキャプターさくら」公式サイト

    :「カードキャプターさくら」公式Twitter・@ccsakura_info