新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン

カリスマ魔球は球速34.6km/h!? 「パ・リーグ6球団×アイドルマスターシリーズ」~346PRODUCTION DAY~レポート

2017年07月28日 16:08配信
カリスマ魔球は球速34.6km/h!? 「パ・リーグ6球団×アイドルマスターシリーズ」~346PRODUCTION DAY~レポート

バッターを務めたのは、声優界きっての野球通のひとり、松嵜麗さん

(C)BNEI/PROJECT CINDERELLA

「パ・リーグ6球団×アイドルマスターシリーズ」コラボマッチの第1弾「346PRODUCTION DAY」が7月4日(火)、東京ドームで開催されました。

本試合は、「アイドルマスター」シリーズのアイドルたちがパ・リーグの各球団を応援するコラボレーション企画の一環です。コラボマッチ第1弾として、7月4日の日本ハムファイターズ対西武ライオンズの試合が「アイドルマスター シンデレラガールズ」とのコラボマッチになりました。会場ではグッズ物販なども行なわれ、32702人の観客が詰めかけました。

同試合の試合前グラウンドイベントには城ヶ崎美嘉役の佳村はるかさん、諸星きらり役の松嵜麗さん、姫川友紀役の杜野まこさん、双葉杏役の五十嵐裕美さんが登場。さらに場内アナウンスを島村卯月役の大橋彩香さんが担当しました。

最初に会場に美声を響かせたのは、姫川友紀役の杜野まこさん。日本ハムファイターズの選手紹介ナレーションを担当しました。各選手紹介を落ち着いて読みあげたあと、二回目は力強くリピート。ユッキ(姫川友紀)の声が大谷翔平選手の名前を読みあげるのはテンションが上がります。

大橋さん演じる島村卯月は場内アナウンスを担当。グラウンドイベントの呼びこみを行なったほか、ファールボール注意のアナウンスで何度も卯月の声が流れていました。球場内ではユニフォーム姿の卯月のイラストが入ったコラボカップでソフトドリンクを販売、夏の一戦で観客の喉を潤していました。

そして試合前のグラウンドイベントには、キャスト4人が登場。全員が背番号「346」を背負っての登場です。イベントのメインは、ピッチャー・佳村はるかさんとバッター・松嵜麗さんがセレモニアルピッチで一球対決を行ないました。

マウンドより少し前の立ち位置で、凛としてバッターを見据える佳村さんの表情はまさにカリスマ! 佳村さんが投じたボール(球速34.6km)に、松嵜さんは惜しくも空振り。一球対決は佳村さんに軍配が上がりました。佳村さんは球団マスコットと喜びのハイタッチ。頑張っていたのがアンパイアの位置に入った杜野さんで、勝負には参加していないものの特等席で勝負に見入る姿は躍動感十分! ユッキのビジュアル再現度にもいつも以上に気合が入っていました。

アイマスコラボを見に来たファンにはあっという間の時間でしたが、試合が始まると一回表・ライオンズの攻撃にて、おかわり君こと中村剛也選手がツーランホームランで軽々とボールをスタンドに運びファンの目を釘付けにしました。大谷翔平選手のあわやホームランというボールを西武のセンター秋山翔吾選手がジャンピングキャッチしたり、一気に流れが西武に流れかけたところでファイターズのレアード選手が身体を張った守備を見せたりと、好プレイの連続が会場を沸かせていました。

シンデレラガールズキャスト陣は、試合中VIP席から応援。選手の名前入りタオルまで用意する熱の入り用です。演じる双葉杏も、自身も北海道出身の五十嵐裕美さんは日本ハムを応援していたとのことですが、試合は4対1で、城ヶ崎美嘉が担当する西武ライオンズが勝利となりました。

なお「パ・リーグ6球団×アイドルマスターシリーズ」コラボマッチは、8月6日にメットライフドームで行なわれる「西武ライオンズ対福岡ソフトバンクホークス」が「765PRODUCTION DAY」、9月3日にZOZOマリンスタジアムで行なわれる「千葉ロッテマリーンズ対北海道日本ハムファイターズ」が「315PRODUCTION DAY」となることが発表されています。【取材・文:中里キリ、Photo:神保達也】