新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン

吉田尚記アナの発案で誕生! 日常に溶け込むラジオ「Hint」

2017年08月03日 14:00配信
吉田尚記アナの発案で誕生! 日常に溶け込むラジオ「Hint」

左からメチクロ(デザイナー)さん、安藝貴範(グッドスマイルカンパニー)さん、岩佐琢磨(Cerevo)さん、吉田尚記さん、野島健児さん、中村繪里子さん、田所あずささん

ニッポン放送、Cerevo、グッドスマイルカンパニーの3社が共同開発したワイドFM対応ラジオ「Hint BLE Radio」の完成発表会が行なわれました。

ニッポン放送のアナウンサー吉田尚記さんの「かっこいいラジオがほしい」という思いから生まれたこの企画。クラウドファンディング「CAMPFIRE」で出資を募った同製品は、目標の倍を超える3000万円以上の資金を集め、2016年秋より開発が本格スタートしました。発表会に出席したCerevoの岩佐琢磨さん、グッドスマイルカンパニーの安藝貴範さん、デザイナーのメチクロさんは当時を思い出し、「宣伝をする吉田さんの気迫は鬼気迫るものがあった」と語りました。

当初は、2017年3月に製品を出資者に届ける予定でしたが、製造工程でトラブルが発生。金型の作り直しなどのハプニングにも負けず、ついに完成発表の日を迎えたそうです。そして、9月には「Hint」を一般販売することも決定。クラウドファンディングに乗り遅れたラジオファンに朗報です。

縦型の滑らかなフォルムが美しい「Hint」ですが、ラジオとしての性能も本格的。“ラジオ”の本分を貫き、声の聞きやすさに焦点を置いてチューニングされた無指向性スピーカーを採用。部屋中のどこにいても、クリアな音声を楽しめます。さらに、起動の速さにもこだわり、電源ボタンを押した瞬間にスピーカーから放送が流れ始めます。製品名の由来になった“気配”(Hint)に溶け込むその音は、ラジオを日常の一部にしてくれそうです。

さらに、ラジオの情報伝達の新たな可能性を切り開く「BLEビーコン」機能を搭載。これは、ラジオ放送で流された「DTMF音」(電話のダイヤル音)を変換し、Bluetooth経由でスマホにURLを配信する機能です。これにより、放送した曲の購入ページや、ラジオで紹介した商品の公式ページなどを、リスナーがスマホですぐに開くことが可能に。ラジオ放送とWebの関係がより密接になります。

また、「Hint」はBluetoothスピーカーとしても利用可能。3WAYスピーカーを搭載しているため、ボーカルはもちろん、低音も心地よく楽しめます。アニソンをはじめとした、ボーカルを堪能したい音源を再生するのにぴったりのスピーカーです。

発表会の後半では、声優の野島健児さん、中村繪里子さん、田所あずささんが登壇。それぞれが操作ボイスを担当した声優モデルの披露も行なわれました。この3名が起用された理由は、ラジオやナレーションの仕事で「ニッポン放送によく来る人たち」(吉田さん)だからとのこと。会場では、実際の操作ボイスのデモンストレーションも実施。渋い声の野島さんモデル、かわいらしい声の中村さんモデルに続いて電源を投入された田所さんモデルから流れたのは、田所さんの出身地である茨城弁。「いろいろなバリエーションを収録した」という田所さんは、実際に採用された音声にずっこけていました。

9月に一般販売予定の「Hint」は、現在予約受付中。カラーは、フロストシルバーとブラックの2色ニッポン放送、Cerevo、グッドスマイルカンパニーのオンラインストアに加え、ビックカメラ.com、全国のビックカメラ、コジマ、ソフマップのラジオ取扱店舗でも発売されます。希望小売価格は2万2000円(税別)。