新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン

FGOフェスレポート<4>「Fate/Apocrypha」stage day2 Premium Talk Show+Live

2017年08月17日 15:54配信
FGOフェスレポート<4>「Fate/Apocrypha」stage day2 Premium Talk Show+Live

Fate/Apocrypha」stage day2 Premium Talk Show+Liveより

2017年の7月29日(土)・30日(日)に幕張メッセ国際展示場で行われた「Fate/Grand Order Fes. 2017 〜2nd Anniversary〜」。大好評のうちに終了したこのイベントのGrand STAGEで行われたイベントから、レポートをお届けします。第4弾は「Fate/Apocrypha」stage day2 Premium Talk Show+Liveです。

現在オンエア中の「Fate」シリーズ最新作「Fate/Apocrypha」。今回のステージは、そのメインキャスト陣が勢ぞろいした豪華なイベントになりました。「昨日第5話がオンエアされたばかりですが、みなさんご覧になっていただけましたでしょうか?」フィオレ・フォルヴェッジ・ユグドミレニア役の赤崎千夏さんが声をかけると大歓声が応えます。「作品とともにこちらのステージも盛り上がっていきますので、どうぞよろしくお願いします!」今回のイベントの司会進行はフィオレ役の赤崎さんと、フィオレの弟、カウレス・フォルヴェッジ・ユグドミレニア役の小林裕介さん。黒の陣営の姉弟マスターのコンビです。「今日は姉さんといっしょに進行ということで若干緊張していますが、カウレスより優れている姉さんなので、何かあっても助けてもらえると思います!」(小林)

お二人に続いてルーラー役の坂本真綾さん、シロウ・コトミネ役の内山昂輝さん、赤のライダー役の古川慎さん、黒のセイバー役の諏訪部順一さん、黒のアーチャー役の武内駿輔さん、黒のライダー役の大久保瑠美さんから一言ずつご挨拶。

「今日は『「Fate/Apocrypha」のステージなのに、オレが心臓を与えた人がいないんだよね」(諏訪部)

そう今日のイベントにはジーク役の花江夏樹さんが欠席。第4話で黒のセイバーが瀕死のジークにみずからの心臓を与えたばかり。諏訪部さんは自分の心臓を抜き取るときのアクションが気になったようで、「自分の心臓の抜き取るとき、ちょっと下の位置から手をツッコんでいたんだけど、あれはろっ骨を避けていたのかな?」(諏訪部)

そのコメントは、イベントを観ていた作画担当者からSNSを介して「諏訪部さんの言う通りあのシーンは肋骨避けて心臓取り出してます」と反響があったようです。諏訪部さんの予想があたったようですね。

さて、最初は映像を見ながら、各陣営のサーヴァントを紹介するコーナー。黒の陣営のサーヴァント召喚シーンで大久保さんがアプリゲーム『Fate/Grand Order』(以下『FGO』)内の聖晶石召喚になぞらえ「このガチャ(聖晶石召喚)は大成功ですね」とコメント。「『FGO』では黒のアーチャーはまだ実装されていないんですが、それ以外のサーヴァントはみんな(セイバー、ライダー、バーサーカー)金色セイントグラフ(☆4以上)なのでかなりの成功だと思います」(大久保)

「今朝、同じ事務所だから黒のアーチャー役の武内くんとタクシーでこの会場に来たんですが、タクシーを降りるときに先に降りてくれて私がクルマのルーフにぶつからないように手を当ててくれて、すごく黒のアーチャー味がありました」(赤崎)

「敬うべきマスターであり先輩ですから(笑)、このマスターとサーヴァントは良好な関係です。黒のアーチャーは先生味があって迷っているマスターを導く存在でもある。そこが彼(黒のアーチャー)の特徴だと思います」(武内)

「ただ、黒のアーチャーさんとの会話シーンでフィオレがズレた回答をしているんですよ。そこが気になりますね……」(赤崎)

そこでスクリーンに、黒の陣営のマスターとサーヴァントの一覧が表示されました。ところが黒のセイバーはグレーに染められており……。

「ひどいじゃないか! 悲しいです。でも悔いはないです!」(諏訪部)

そして黒のライダーについては……「理性が蒸発していると言われていますけど、意外と考えているんだなというシーンもあるんです。自分が黒のセイバーに言ったことで状況が変わったこともあり、ジークくんにかける思いはこれから強くなっていくんだろうなと思っています」(大久保)

「まだ第5話までしかオンエアしていないのに、展開が早いですよね」(小林)

「キャラクターがたくさんいるから、人間模様がどんどん変わっていきます」(赤崎)

続いて赤の陣営の紹介。

「今日は赤の人、少なくないですか?(古川さんと内山さんのみ) あんまりマスターとサーヴァント同士の意思疎通もできていませんからね。黒の陣営はマスターがみんなユグドミレニアさん家じゃないですか。赤はわりと独立しているというか」(内山)

「謎が多いですよね、シロウさん」(赤崎)

「そうなんですよ。謎が多すぎてイベントで話せることがあまりない!」(内山)

「オープニングの最後に出る筋肉モリモリのマッチョの人はシロウさんなんですよね」(古川)

「そうなんですよ。シロウさんは脱ぐとすごいらしいです。今日はみなさんそれだけ覚えていただけるとうれしいです」(内山)

「赤のライダーもカッコイイですよね」(小林)

「カッコよく描いていただいてありがたいです。黒のライダーが口笛を吹くシーン(第4話)がカッコよかったでしょ……あれ僕が吹いたんじゃないんですよ!(笑)」(古川)

一同ずっこけ。誰が口笛を吹いたかを聞くと。

「最初は『古川さんできますよね』と言われて吹いてみたんですけど……ふーふーって。仕方がないから、武内くんに吹いてもらったんです」(古川)

武内さんはその場で口笛を吹くことに。すると見事な口笛を披露! 一同は大いに沸きました。

最後にルーラーの紹介。

「久しぶりに聖女的な役なので、無理してます(笑)。20年くらい前はこういう役も多かったんですけど。だんだんアクの強い役を演じる機会が増えまして。レティシアになったり、ルーラーになったり、いろいろな側面が描かれているので楽しみながら収録しています」(坂本)

ここでオープニング・テーマを担当するEGOISTによる「運命の詩」をエキシビジョンライブ映像で披露。続いて、エンディング・テーマを担当するGARNiDELiAが登場すると、ライブで「Desir」を披露してくれました。まだまだこれから盛り上がっていく「Fate/Apocrypha」。その熱を感じるイベントでした。