新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン

フレンズたちとぐんまちほーへ!お楽しみたっぷり「ジャパリバスツアー」レポート

2017年09月06日 18:56配信
フレンズたちとぐんまちほーへ!お楽しみたっぷり「ジャパリバスツアー」レポート

けものフレンズ ジャパリバスツアー

「けものフレンズ」のキャストたちと行く、「ジャパリバスツアーぐんまちほー行き」が7月29日(土)に実施されました。

今回実施されたバスツアーは、群馬県の「群馬サファリパーク」へ赴き、実際に動物たちを見学、そして「けものフレンズ」のキャストたちによるトーク・ライブイベントを楽しめるというもの。今回のイベントに参加したキャストは、サーバル役の尾崎由香さん、フェネック役の本宮佳奈さん、アライグマ役の小野早稀さん、コウテイペンギン役の根本流風さん、ジェンツーペンギン役の田村響華さん、フンボルトペンギン役の築田行子さん、マーゲイ役の山下まみさんの7名。

バスツアーの参加者はなんと約280名。ジャパリバスを連想させるかのような黄色いバスや、アニメのオープニングの夕焼けを思わせるような赤いバスに乗って、朝の8時頃に池袋を出発しました。バスの入り口では、かわいいラッキービーストのぬいぐるみがお出迎え。バスツアー特製の群馬サファリパークガイドリーフレットや、このバスツアーを記念して生まれたフレンズたちがデザインされた参加者限定グッズもたくさん用意されていました。

目的地の「群馬サファリパーク」に到着するまでのバス内では、このバスツアーだけの録り下ろし音声が盛りだくさんで放送! 小野さんと本宮さんによる出発宣言トークや、今回のツアーに参加できなかったロイヤルペンギン役の佐々木未来さん、イワトビトペンギン役の相羽あいなさんのラジオ風トーク、そして事前告知になかったサプライズとして、群馬県の観光大使も務める、かばん、ラッキービースト、ミライ役の内田彩さんによる群馬県トリビアトークが披露されました。さらには先行して出発していた「どうぶつビスケッツ」、ならびに「PPP+山下まみさん」の2チームから、それぞれ一回ずつ、各バスに直接電話がかかってくるというサプライズも! 退屈を感じさせない数々のお楽しみが用意されており、車内には笑いが絶えませんでした。

約2時間半の行程を経て群馬サファリパークへ到着。そして、ついにキャスト陣とご対面! 「こんにちはー!」「疲れてない?」などキャストが直接参加者たちへ声をかけ、ちょっとした会話を楽しみながら、バスごとに参加者とキャストの記念撮影を行ないました。

そしていよいよ、サファリパーク見学です。天候はあいにくの雨で、予定されていたウォーキングサファリは中止になってしまいましたが、群馬サファリパークでしか見られないスマトラゾウをはじめ、ホワイトタイガーやライオンといった動物を間近に見ることができ、動物たちが見せるありのままの姿に一同、感嘆のため息。お昼ごはんの「峠の釜めし」弁当を食べながら、たくさんの動物たちの生き生きとした姿を見ていると、あっという間にサファリパークを一周してしまいました。そして見学を満喫した後は併設の遊園地ゾーンの散策。各所に設置された新フレンズやアニメメインキャラクターのパネルを探したり、バードパークで鳥類や小動物を間近に感じたりと、参加者たちは思い思いの時間を過ごしました。

「群馬サファリパーク」で楽しい時間を過ごした後は、イベントホールに移動、キャスト陣によるトーク&ミニライブの時間に突入です。どうぶつビスケッツの「ホップステップフレンズ」でイベントは幕開けし、息の合った歌と踊りに、いっきに客席にサイリウムが輝き、歓声が上がります。

その後は山下さんの司会で、舞台化や動物園コラボなど、「けものフレンズ」のムーブメントを振り返るトークを経て、PPPによる「大空ドリーマー」へ。今回はPPPが二人足りない!ということで、「マネージャーも、立ってるだけでいいから!」という築田さんのお願いで舞台に残ったマーゲイ役の山下さん。所在ない様子でステージに残ったかと思いきや、音楽がかかると完璧な歌とダンスを披露し、特別編成でのステージに会場のボルテージは最高潮となりました。

今日のバスツアーの感想を語るトークコーナーでは、それぞれが群馬サファリパークでの出来事を興奮気味に語り、同じコースを巡った参加者と感想を共有しました。そして、バスツアー参加者から寄せられた質問にキャストが答えるコーナー、さらには参加キャストのサインが当たるプレゼント抽選会も行なわれ、最後は参加キャスト全員で歌う「ようこそジャパリパークへ」! 歌と、客席からの合いの手も完璧で、イベントは大盛況のうちに終了しました。

帰りのバスの中でも、内田彩さんによる群馬の名物などを紹介する録り下ろし音声や、キャスト陣からの直接電話など、最後までお楽しみたっぷりな大満足の内容で、帰着地の池袋へ到着。「ミンナトノ旅、楽シカッタヨ」というラッキービーストからのメッセージで、ジャパリバスツアーは幕を閉じました。