新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン

アウトロー3人が登場! TVアニメ「ヒナまつり」キャストインタビュー 第9回

2018年05月31日 18:00配信
アウトロー3人が登場! TVアニメ「ヒナまつり」キャストインタビュー 第9回

TVアニメ「ヒナまつり」より

(C)2018 大武政夫・KADOKAWA刊/ヒナまつり製作委員会

4月より好評放送中のTVアニメ「ヒナまつり」。WebNewtypeでは、その魅力に迫るインタビューを実施中。第9回では芦川組の3人・新田義史役の中島ヨシキさん、サブ役の河西健吾さん、若頭役の小山剛志さんがご登場。お互いのキャラクターや、演じる役者さん自身の印象について伺いました。

――「ヒナまつり」についての印象をお聞かせください。

河西:僕はNHKさんの番組にも出させてもらっているのですが、そちらでは「ヤクザ」という言葉を使えなくて「任侠モノ」とか言っているんです。こっちで「ヤクザ」と言えるのは気楽ですね。

中島:気を使いますからね。僕も「ヒナまつり」の宣伝で番組に出た時に「ヤクザは厳しい」という話になって「ヤのつく自由業」という言い方をしたりとか(笑)。まあ社会的には我ら3人アウトローな役どころでしたけど。

小山:まあ、ちょっとサブは……アウトローというか。

中島:バカ。

一同:(笑)。

河西:立派な構成員です!

小山:いやいやいや、立派ではない。

――小山さんはどのような印象を。

小山:ギャグが俺の好きなツボというか。ベタでもないし、加減がめっちゃくちゃ面白いですよね。セリフで書かれているものはもちろんですけど、ちょっとした間だったりニュアンスで変わってくる作品だと思うんですよ。それは演っている側のセンスが問われる部分でもあります。「ヒナまつり」の現場のみなさんは面白い人が揃っているなって印象ですよ。

中島:ありがとうございます。

小山:(中島さんも)第1話のAパートのテストでは大丈夫かなって感じだったけど、ソレが終わってからすぐ掴んじゃって。最後は「すげーよかった!」みたいなことを言った憶えがあるんだけど。あれは最初で緊張してた?

中島:探ってはいましたね。ヒナの声も初めて聞いて、Aパートは特にヒナと2人だったし、(音響監督の)本山(哲)さんともはじめてのお仕事だったので、いろいろ置きにいったところはあったかもしれないです。でも1話をまるっとやって、2話で村川梨衣さんと日笠陽子さんが合流した時に「あっ、もういいや~」って開き直りが出来るようになりました(笑)。

小山:そっからはもう安心して聞いてられる。やっぱり気持ちいい間を知ってるから。

――では、中島さんから見た小山さんはどんな方ですか?

中島:僕も剛志さんにはイベントなどでご一緒してから、面倒を見ていただいてるんですけど、アフレコ現場でガッツリレギュラーをご一緒するのは初めてで。現場に居てくださるとスタジオが明るくなるというか、なごませてくれるというか……すごいふざけてるので。

小山:オイオイ(笑)。

中島:僕たちいろんなところで、しりとり事件の話をしていますから。

小山:そうなの? しりとりは、出番のない時にやっていて、しりとりというか…最終的にエロしりとりになっていく。でもそれぞれのフェチ感が表れて面白いね。

中島:さすがにスタジオの中でできないからロビーでやっていましたね。誰かが言った単語に剛志さんが「(小山さんの声真似で)オッ、いいねえ」「そういうのもあんのか」って言う。「お前はそれが好きなんだな」って。剛志さんの間口は広い感じですよね。

小山:「わかる」ってなればOKなんで。

――小山さんは今回の役に関して「顔キャス」とも言われたりしていますが、役のお話が来た時はいかがでした?

小山:敵のボスキャラだったり悪いやつだったり、そういう役が多いんだけども。もろ「ヤクザ」っていうのは初めてかも。そもそも作品でもろ「ヤクザ」っていうのが、少ないのかもしれないけれど。でもこれは得意分野といったらおかしいかもしれないですが、「仁義なき戦い」とか任侠モノは好きだったんで、やってて楽しかったです。

――ヤクザではありますが、コミカルなシーンも多い作品です。そういうシーンはどのような心境で演技をされているんですか?

小山:それは(台本の)字面というか流れに忠実に。自分で作っていっちゃうと、面白くなかったりするじゃないですか。そりゃ遊べるところもあるでしょうけど、やりすぎず程よいところを的確に表現します。

――河西さんはサブを演じてみていかがでしたか?

河西:最初は役を掴むのが大変でした。1話ではまだわからなくて、探り探り演じて、そこから徐々にいろいろと。

中島:1話はみんな探り探りでしたね。特にサブはセリフがひと言ぐらいしかない状態だったので、難しかったのかもしれないですね。

――どれぐらいでサブを掴んだ感じでしたか?

河西:次の話数ですかね。1話では本当に「それ百均のだよ」くらいしか喋っていなかったので、第2話以降からかなって思います。

――だいたい1話はどの作品でも探り探りになるようですね。

中島:「ヒナまつり」は僕らもそうですけど監督やスタッフも手探りというか。原作をよく知ってる方だからこそ、ご自身で持たれているイメージと、僕たちに委ねている部分の比重を探ってる感じはありましたね。

――演じる上で気をつけているポイントはありますか?

河西:作品によっては、(キャラクターの)本音では「イエス」と言いたいのに実際には「ノー」って言っていたりすることもあるんですが、「ヒナまつり」に関しては裏とかなくストレートな「イエス」なので、特に難しさはなく演じさせていただきました。

――じゃあディレクションも特にない感じで。

河西:1話以降は好き勝手自由にやらせていただけました。

中島:テストで出てきたものが、誰も予想してないものだったりすることもあって、面白かったですね。

小山:こういうコメディ作品って選択肢がいっぱいあると思うんですよ。その中で一番面白いのを探るんですけど、自分でチョイスした方じゃないのが面白いこともあって。俺だと、「ズルムケだよ」のセリフがあったじゃん?

中島:「今のお前ズルムケだよ」。

小山:テストでは「今のお前、ズルムケだよ!」とか、「ズルムケだよ!」だけドンと言ったパターンなどいろんなパターンをやったんです。最終的に使われたのが「今のお前ズルムケだよ」って一連でバーって言う、明るい雰囲気のやつでしたね。

【取材・文:佐藤京一】

■TVアニメ「ヒナまつり」

放送  :AT-X…4月6日から毎週金曜日21:00~(リピート放送有り)

     TOKYO MX…4月6日から毎週金曜日25:40~

     テレビ愛知…4月7日から毎週土曜日25:50~

     KBS京都…4月6日から毎週金曜日25:40~

     サンテレビ…4月8日から毎週日曜日24:30~

     TVQ九州放送…4月8日から毎週日曜日26:35~

     BS11…4月7日から毎週土曜日27:00~

配信  :ひかりTV、dTVにて毎週金曜日23:00~特別先行配信

スタッフ:原作…大武政夫(「ヒナまつり」/KADOKAWA刊)/監督…及川 啓/シリーズ構成・脚本…大知慶一郎/キャラクターデザイン・総作画監督…神本兼利/助監督…松原 桂/キーアニメーター…枡田邦彰、竹内哲也、荒木 涼/美術監督…吉原俊一郎/美術設定…青木 薫/背景…美峰/色彩設計…岩井田 洋/撮影監督…中村雄太/編集…平木大輔/音響監督…本山 哲/音響制作…マジックカプセル/音楽…三澤康広/音楽制作…日本コロムビア/アニメーション制作…feel./製作…ヒナまつり製作委員会

キャスト:ヒナ…田中貴子/新田義史…中島ヨシキ/アンズ…村川梨衣/三嶋瞳…本渡楓/詩子…日笠陽子/マオ…小澤亜李/若頭…小山剛志/サブ…河西健吾

リンク:アニメ「ヒナまつり」公式サイト

    公式Twitterアカウント・@hinamatsuri4649

関連記事