新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン

よい湯(と)~!有馬温泉で開催「温泉むすめ」キャスト&第4回関係者トークイベントレポート

2018年11月27日 20:48配信
よい湯(と)~!有馬温泉で開催「温泉むすめ」キャスト&第4回関係者トークイベントレポート

「有馬温泉キャストトーク&第4回関係者トーク」の様子

(C)温泉むすめ/Enbound, Inc.

温泉をモチーフとした地域活性クロスメディアプロジェクト「温泉むすめ」。そのイベント「SPECIAL YUKEMURI FESTA in KOBE Vol.3」の前日となる、10月27日(土)、兵庫県・有馬温泉にある有馬の工房でイベント「有馬温泉キャストトーク&第4回関係者トーク」が開催されました。

このイベントは2部制で、前半には翌日のイベントにも出演する有馬輪花役の本宮佳奈さん、有馬楓花役の桑原由気さん、尖石内湾(ぜんしい ねいわん)役の安齋由香里さんが登場。100人のファンを前にまず有馬温泉に関するクイズに挑戦します。

しかし「有馬温泉を発見したとされる生き物は?」「1927年10月、有馬温泉でプロポーズした外国の有名人は?」とややマニアックなクイズにキャスト陣は苦戦続き(それぞれ答えは「カラス」「蒋介石」)。最後の「毎年1月2日に行われる入初式(いりぞめしき)で、有馬の芸妓さん扮する湯女が湯もみをする際の掛け声は?」というクイズでは、ヒントとして頭の2文字が「よい」と明かされた段階でなんとか本宮さんが「よい湯(と)」を言い当てます。その後、3人はクイズの答えをモチーフにした「よい湯まんじゅう」を試食。「炭酸せんべいみたいでほのかな甘さ」など食レポをして銘菓の魅力を伝えていました。

続いて3人が参加者の質問に答えるコーナーがスタート。「温泉むすめ」のイベント初出演の安齋さんは、尖石内湾について聞かれると「内湾ちゃんとイラストレーターさんの誕生日が一緒」「内湾ちゃんと同じく私もタブレット持っている」といった小ネタを挟みながら、自分が5歳まで台湾で育って福島に引っ越した日本人と台湾人のハーフだと自己紹介。台湾語は勉強中であると説明しつつ、「ずっと台湾に関わる仕事をしたかったので、(内湾を演じることで)少し近づけたかな」と嬉しそうに語ります。

「『温泉むすめ』の地方での活動でワクワクしたことは?」という質問に、本宮さんは「自分で旅行に来たとしたら食べないであろういいご飯」と答えて笑いを誘うと、それに同意しつつ桑原さんは「豆があまり好きじゃなかったけど、(仙台で飲んだのをきっかけに)今ではずんだシェイクをガバガバ飲んでいる」と明かします。そして「新しい土地に行くこと自体が楽しいし、地元の人から『来てくれてありがとう』と言われるのが嬉しい」と続けていました。

後半の関係者トークショーには、「温泉むすめ」総合プロデューサーの橋本竜さん、「温泉むすめ」演出&キャスティングプロデューサーの吉村尚紀さん、有馬温泉観光協会理事の弓削次郎さん、有馬温泉旅館協同組合会長の當谷逸郎さんが登場。弓削さんは「僕の最初の二次元嫁は『天空の城ラピュタ』のシータ」と元からアニメ好きであることをアピールしつつ、有馬に若いファンを増やしたいという思いから「温泉むすめ」とのコラボレーションに至った経緯や、「『温泉むすめ』に紅白歌合戦に出てほしい」という夢を熱っぽく語ります。またコラボレーションによる集客効果とその影響について問われた當谷さんは、自身が社長を務める元湯龍泉閣での事例として今回のイベント前後で10人ほど宿泊したこと、そして年間で100人以上「温泉むすめ」関連の客が訪れたことを紹介しました。

参加者からの質問では、弓削さんがコラボグッズとして「レトルトカレーを制作中」「(「ステッカーが欲しい」というお願いに)車に貼れるくらいのサイズで作りましょう」とどんどん制作する意向を示します。橋本さんは「カレーの話は聞いていませんが……」と戸惑いながらも「コラボグッズの制作は基本的に街の人にお任せしている。それが地域密着のキャラクターコンテンツとしての『温泉むすめ』の特徴」と説明します。

各地とのコラボレーションの話題が続き、橋本さんは「(今年春にコラボレーションした)有馬温泉のリアル謎解きゲームは好評で、例年に比べて参加人数が2倍、売上が1.5倍になったそう」と事例を紹介。さらに「『温泉むすめ』はコラボ力がすごいとよく言われるけど、お声がけいただくケースが多い。これからも来るもの拒まずでやっていきたい」とプロジェクトのスタンスを語りながら、「SPRiNGSメンバー全員分の温泉地の観光大使に就任するのが野望」「『温泉むすめ』を通じて日本の文化……茶道や生花、雅楽といった日本古来の伝統文化をファンに体験してもらえるようなことも考えたい」と密かな展望の一端を明かしていました。

なお、このイベント後には「温泉むすめ」とかんぽの宿のコラボ切手シートの発売を記念したお渡し会が、かんぽの宿 有馬にて開催。本宮さんと桑原さんが参加しました。

取材・文=はるのおと 撮影=山本哲也