新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン

「温泉むすめ」3度目の神戸イベント開催!トラブルを乗り越えた4人の芝居仕立てのライブで大盛況

2018年11月27日 20:48配信
「温泉むすめ」3度目の神戸イベント開催!トラブルを乗り越えた4人の芝居仕立てのライブで大盛況

左から城崎亜莉咲役の山下七海さん、有馬楓花役の桑原由気さん、尖石内湾役の安齋由香里さん、有馬輪花役の本宮佳奈さん

(C)温泉むすめ/Enbound, Inc.

温泉をモチーフとした地域活性クロスメディアプロジェクト「温泉むすめ」。そのイベント「SPECIAL YUKEMURI FESTA in KOBE Vol.3」が10月28日(日)、兵庫県・XEBEC HALLで開催。イベントには有馬温泉特別観光大使の姉妹である有馬輪花役の本宮佳奈さん、有馬楓花役の桑原由気さんに加え、城崎亜莉咲役の山下七海さん、尖石内湾(ぜんしい ねいわん)役の安齋由香里さんが出演しました。WebNewtypeではその第1部の模様をレポートします。

公開録音では兵庫県と台湾の温泉に関するクイズ「温泉地検定」が行われ、山下さんが大活躍。「豊富な湧出量を誇る湯村温泉において、温泉以外のお湯の使い道は?」という問題に「家の水道から出る」と答えて正解すると、城崎温泉のご当地ヒーロー・城崎泉隊オンセンジャーの“青”の名前を言い当てる(正解は「ユカタブルー」)など4問中3問正解。優勝賞品として阪神タイガースの応援グッズであるカンフーバットとタオルを手に入れると「母が阪神ファンなのであげようと思います」と笑顔で語りました。

トークパートのテーマはイベント前日の振り返り。本宮さんや桑原さん、安齋さんが「有馬温泉キャストトーク&第4回関係者トーク」を振り返ると、山下さんは浴衣姿で城崎温泉周辺を巡ったことを報告。兵庫限定の朗読劇「みみぽか温泉物語」では本宮さんと桑原さんによって「未来イマジネーション」の替え歌「有馬イマジネーション」が披露され、ミニライブコーナーに突入します。

この日のミニライブは、各キャラクターの個性を活かした芝居仕立て。有馬姉妹を演じる本宮さんや桑原さん、彼女たちと仲がいい尖石役の安齋さんによる「未来イマジネーション」で幕を開けます。3人が和やかにMCをしていると、「ちょっと待った!」の声と共に乱入してきたのは山下さん。有馬姉妹を一方的にライバル視している城崎役の彼女らしく「輪花と楓花に負けないパフォーマンスを見せてあげる」という宣言からpetit corollaの「ハミングDays」をカバー。そのかわいらしさは、舞台脇で見守っていた残る3人も思わず歌やダンスに参加しまうほど。その3人は続く「青春サイダー」の間奏で有馬サイダーを片手に乾杯の音頭を届けさらに会場を盛り上げます。

楓花役の桑原さんによる「亜莉咲ちゃんも一緒に歌おうよ」の呼びかけにより、4人は揃って「咲かせよ 沸かせよ バンバンBURN!」「未来の彼方」をパフォーマンス。3度目となる神戸でのイベントを盛大に締めくくりました。充実の表情ながらも最後の挨拶では、体調不良で出演できなかった湯村千代役の高木美佑の練習での頑張りと無念に触れるキャスト陣。本宮さんによる「(高木さんを含めて)また改めてイベントやりたいなと思っているけど、来てくれる人?」の呼びかけには大きなレスポンスの声が送られていました。

なおイベント中には特報として、12月22日(土)にカルッツかわさきで開催される4thライブ「“NOW ON☆SENSATION!!”~聖夜にワッチョイナ!! Vol.4~」の追加参加者が発表。ゆのはな選抜として伊香保葉凪役の茜屋日海夏さん、阿蘇ほむら役の髙橋麻里さん、下田莉華役の南早紀さん、さらに「温泉むすめ」への参加が初めて公開された奥津かがみ役の久保田未夢さん、南房総日由美役の徳井青空さんの出演、そして特別ゲストとして草津温泉観光大使のゆもみちゃんの参加が明かされると、大歓声が湧き上がっていました。

取材・文=はるのおと 撮影=山本哲也