新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン

【第13回「声優アワード」受賞者インタビュー】主演男優賞 内田雄馬さん

2019年04月10日 12:00配信
【第13回「声優アワード」受賞者インタビュー】主演男優賞 内田雄馬さん

第13回「声優アワード」で主演男優賞を受賞した内田雄馬さん

2019年3月9日、2018年度に最も活躍した声優を称える第13回「声優アワード」の受賞者が発表されました。本稿では、主演男優賞を受賞した内田雄馬さんへのオフィシャルインタビューをお届けします。

──声優アワード主演男優賞受賞、おめでとうございます。受賞のお知らせを受けた時、どんな思いがありましたか?

内田 正直、自分では受賞できるとかできないとか、そういうことを思ったことがなかったので、まずびっくりしました。そのあとにじんわり、うれしさが込み上げてきましたね。なぜ、受賞できたんだろう? と考えたときに浮かんだのは、これまでに出会ったすてきな作品たちのことでした。主演作としては「BANANA FISH」、「ぐらんぶる」という新しく関わらせていただいた作品と「マクロスΔ 激情のワルキューレ」、「りゅうおうのおしごと!」という昔からご縁のある作品とが交錯した充実の一年で。主演作以外も2018年はこれまで以上にいろいろな作品に参加させていただいて、その作品のどれもが良い作品であり、よい現場であり、みんなでそういう作品をつくってこられたからこそ受賞につながったのだと思いますね。

──作品を重ねる中で、「主演」として作品に関わることへの意識は変化していきましたか?

内田 初めて主演させていただいたころは、自分がその役をまっとうすることに精一杯で、あまりまわりが見えてなかったかもしれない……と思います。ひとりで突っ走ってしまったところを、まわりのみなさんにフォローしていただいたり。でも、最近すごく思うのは、主人公というのは、作品の中のいろんなキャラクターと接点があって、物語を構成するいろいろな要素に関わってくる存在だということ。だとするなら、現場でもまわりの方々とどうつながって、どんな現場をつくっていけるかが「座長」とも呼ばれる立場として大切なことなんですよね。そうして培った現場の空気を含めて、お芝居に出せていきたいです。そのためにはどんな風に振る舞ったらいいのだろう、とかすごく考えるようになりました。人と人をつなげられるような存在であれたらいいなあ、と。

──2クールをかけてじっくり描いた「BANANA FISH」は、どんな現場になりましたか?

内田 「BANANA FISH」は、作品自体がシリアスでしたので、本番と休憩時間のオンオフをうまく切りかえていかないと立ち行かない現場だったのですが、これに関しては、先輩方にめちゃくちゃ助けていただきました。僕自身がアッシュに入りすぎてしまって、うまく切りかえられなかったときも、休憩に入った途端、奥村英二役の野島(健児)さんをはじめ、まわりのみなさんが一気に和やかなムードにしてくださって。そんな先輩たちの姿がまた、すごくかっこ良くて。その緩急があったからこそ、僕も心を少しゆるめることができて、あのハードな本番にぶつかっていけたのだと思います。

──一方で、がらりと違う雰囲気の「ぐらんぶる」の放送も同じ季節に重なってきましたね。

内田 本当に真逆の雰囲気ですよね。「ぐらんぶる」は、会話のテンポ感が肝で、キャラクター同士の呼吸をいかにあわせるかがとても重要な作品でした。テンポを全員で作っていかなければならないので、これまで以上に言葉を交わす相手のことを意識していきました。キャスト全員で、全神経を総動員してお互いを意識しながら、今だ! 今だ! という感じでかけ合いして。収録の仕方もあまり普段やらない方法で、普通は音が被るところは個別に録ったりするんですけど、それをほとんどなしにして一緒に録っていきました。先輩方が自分にすてきなトスを投げてくださったら、それをしっかり打ちかえして……。自分のことでいっぱいだったりするとトスに気づけなくて、ボールを落としてしまいかねないので、ものすごく集中してましたね。

──この先、どんな作品にチャレンジしてみたいですか? また、10年、20年後の将来に思いを馳せたとき、どんな役者でありたいと思いますか? 

内田 たとえばですけれど、ふたりきりでずーっと喋り続ける作品とか、機会をいただけるものなら挑戦してみたいですね。とにかく現場が好きなので、いつまでもアフレコに参加し続けていたいなあという思いは切にあります。将来も、その時代の若手の方々と一緒に新しいお芝居をつくっていけていたら幸せです。僕はこれまで先輩方の言葉に動かしていただいたことがたくさんあるので、自分もそういう先輩になれたらいいな、という希望もあります。僕が今、先輩方から受けとっているものを、次の世代のみなさんへバトンしていきたいです。そのためにも、自分自身をもっともっと磨きながら、縁を大切にして、お芝居していきたいと思っております。どうぞよろしくお願いいたします。

●うちだ・ゆうま/9月21日生まれ。東京都出身。アイムエンタープライズ所属。主な出演作に「この音とまれ!」(久遠愛)、「フルーツバスケット」(草摩夾)、「MIX」(立花走一郎)など

撮影=田上富實子 取材・文=ワダヒトミ

■第13回「声優アワード」受賞者、受賞作品(敬称略)

●主演男優賞:内田雄馬

●主演女優賞:三瓶由布子

●助演男優賞:古谷徹、三宅健太

●助演女優賞:芹澤優、東山奈央

●新人男優賞:天﨑滉平、石井マーク、落合福嗣、仲村宗悟

●新人女優賞:石見舞菜香、楠木ともり、林鼓子、本泉莉奈、本渡楓

●歌唱賞:ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-

●パーソナリティ賞:諏訪部順一

●功労賞:緒方賢一、京田尚子

●シナジー賞:ポプテピピック

●富山敬賞:山口勝平

●高橋和枝賞:かないみか

●キッズファミリー賞:TARAKO

●特別賞:ちびまる子ちゃん

●外国映画・ドラマ賞:森川智之、甲斐田裕子

●ゲーム賞:東山奈央

●インフルエンサー賞:南條愛乃

●MVS(Most Valuable Seiyu):神谷浩史

※今回は、特別功労賞に代えて、本年度ご逝去された声優を顕彰しました。

リンク:「声優アワード」公式サイト