新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン

【第13回「声優アワード」受賞者インタビュー】主演女優賞 三瓶由布子さん

2019年04月10日 12:00配信
【第13回「声優アワード」受賞者インタビュー】主演女優賞 三瓶由布子さん

第13回「声優アワード」で主演女優賞を受賞した三瓶由布子さん

2019年3月9日、2018年度に最も活躍した声優を称える第13回「声優アワード」の受賞者が発表されました。本稿では、主演女優賞を受賞した三瓶由布子さんへのオフィシャルインタビューをお届けします。

――大空翼役を務めた「キャプテン翼」は1年間にわたって放送されました。

三瓶 毎週みんなでのどをからしながら収録していました(笑)。「キャプテン翼」のおもしろいところの1つは、サッカーの試合なのに、みんなどんどん立てなくなっていくという。私たち役者も全力でぶつからせてもらって、みんな終わった後は疲労困憊で「……よし、今日は帰ろう!」みたいな感じになっていました。役者はもちろん、スタッフの皆さんからも「キャプテン翼」への愛情がすごく伝わってきて、自分の周りでも本当に幅広い世代の方々から「見てるよ」という反響をいただきますね。それこそサッカークラブの講師をしている知り合いの方から「「キャプテン翼」を見ないとクラブで話についていけないから、子供たちがみんなで見ている」という話を聞いて、親子でいっしょに楽しめるような作品に出られて本当によかったなと思いました。わりと夜遅くに放送しているのにもかかわらず、録画して見ているのか、親御さんが見せているのかはわからないですけど(笑)。

――今はアニメを見る方法もいろいろありますからね。

三瓶 テレビで見ている子もいれば、パソコンで見ている子もいると思いますし、気づいたらアニメって当たり前に見ているというか、生まれたときからそばにあるようなものじゃないですか。

――だからこそ、声優という仕事が果たす役割も大事になってきますよね。

三瓶 最初に仕事を始めたときとかは、私もアニメを見ている側でしたし、そこまであまり考えたことがなくて……。ただマイクの前で、自分の好きなお芝居をするという、そのことに重きを置いていたんですけど、自分も成長して、いろいろな人や作品と関わっていく中でアニメーションというものづくりの現場にいることを実感するようになりました。自分たちキャストが立っているマイク前だけじゃなくて、監督をはじめとしたたくさんのスタッフの方々が関わって、絵を描いている人たちがいて、ひとつの作品をつくりあげている。大学を卒業して自分の進路を決めるとなったときに、改めてそれに気づいて、声優というものを仕事にしていくことを考えたりしましたね。

――気づけば、三瓶さんが声優として活動を始めてから、そろそろ20年になります。

三瓶 声優としてのデビューが14歳だったので、もうそんなになるんですね。早いなあ……。自分では全然そんな感じはしないというか、いまだに新人賞が欲しいくらいですけどね(笑)。それは同年代のメンバーとも話したことがあって、みんな学生のときから仕事をしていて、周りも大人の方が多かったけど、気がついたら自分が先輩の立ち位置になっていて、今度は先輩方にしていただいていたことを後輩に返していかなきゃいけない立場になっているんだなって。そう思ったりしたときに、もう新人だなんて言っていたら怒られるんだろうなと。気持ちはいつまでもフレッシュさを忘れないようにと思っているのですが……。

――では、来年の声優アワードでは新人女優賞を狙いますか?(笑)

三瓶 でも、新人賞もデビュー5年以内とか規定はあるんですよね?(笑)(編注:新人賞は原則デビュー5年以内)私たちが新人のころは声優アワードがなかったので、それだけ声優という職業が注目を集めていて、アニメが文化として受け入れられてきているひとつの形なんだろうなと思います。そう思うと今回賞をいただいたのはとても光栄だなと思います。本当にうれしいです。

――この受賞をひとつの節目にして「今後こういう声優でありたい」という理想や目標はありますか?

三瓶 まずはこの仕事をずっと続けていくことが一番の目標ですね。あとは初心に帰るじゃないですけど、この賞をいただけたことがきっかけで出会える作品もあるかもしれないので、その新しい出会いを大切にしていけたらいいなと思います。でも、自分が一番うれしいなと思うのは、やっぱり作品を見ていただくことなので、アニメの現場に恩返しというと大げさですけど、自分の名前を覚えてもらうことで新しく作品に注目していただくとか、そういうふうにフィードバックされていったらうれしいなと思います。

――最後に、ファンへのメッセージをお願いします。

三瓶 今まで作品を通して私のことを知ってくださった方々、そこから注目して自分の作品を試聴してくださった方たちにはすごく感謝していますし、これからも作品と真摯に向き合うことで皆様の応援にこたえていきたいなと思っています。もし今回の賞で改めて私を知ってもらって、注目してもらうきっかけになったのだとしたら、私が出ている作品をぜひ見てほしいなと思いますね。これからもスタッフさんたちと楽しいものづくりを続けていきたいですし、ひとりの役者として、母として、人間として作品と、仕事と向き合っていけたらなと思っていますので、今後ともぜひよろしくお願いします!

●さんぺい・ゆうこ/2月28日生まれ。東京都出身。アクセルワン所属。主な出演作に「BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS」(うずまきボルト)、「キャプテン翼」(大空翼)、「おしりたんてい」(おしりたんてい)など

撮影=田上富實子 取材・文=仲上佳克

■第13回「声優アワード」受賞者、受賞作品(敬称略)

●主演男優賞:内田雄馬

●主演女優賞:三瓶由布子

●助演男優賞:古谷徹、三宅健太

●助演女優賞:芹澤優、東山奈央

●新人男優賞:天﨑滉平、石井マーク、落合福嗣、仲村宗悟

●新人女優賞:石見舞菜香、楠木ともり、林鼓子、本泉莉奈、本渡楓

●歌唱賞:ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-

●パーソナリティ賞:諏訪部順一

●功労賞:緒方賢一、京田尚子

●シナジー賞:ポプテピピック

●富山敬賞:山口勝平

●高橋和枝賞:かないみか

●キッズファミリー賞:TARAKO

●特別賞:ちびまる子ちゃん

●外国映画・ドラマ賞:森川智之、甲斐田裕子

●ゲーム賞:東山奈央

●インフルエンサー賞:南條愛乃

●MVS(Most Valuable Seiyu):神谷浩史

※今回は、特別功労賞に代えて、本年度ご逝去された声優を顕彰しました。

リンク:「声優アワード」公式サイト