新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン

【第13回「声優アワード」受賞者インタビュー】新人男優賞 天﨑滉平さん

2019年04月10日 12:00配信
【第13回「声優アワード」受賞者インタビュー】新人男優賞 天﨑滉平さん

第13回「声優アワード」で新人男優賞を受賞した天﨑滉平さん

2019年3月9日、2018年度に最も活躍した声優を称える第13回「声優アワード」の受賞者が発表されました。本稿では、新人男優賞を受賞し、ラップソングプロジェクト「ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-」の1人として歌唱賞も受賞した天﨑滉平さんへのオフィシャルインタビューをお届けします。

――第13回「声優アワード」新人男優賞の受賞、おめでとうございます。

天﨑 ありがとうございます! 本当にうれしいです。自分の親も昔から知っているくらいで、僕も声優業を志した時から「声優になれたら声優アワードも」という青写真がありました。もちろん声優になってからは、一生懸命演技をした結果が繋がればいいなという思いでしたけど。

――2018年はどのような1年でしたか?

天﨑 本当にいい1年でした。2014年にデビューして以降、自分の至らなさを痛感しながら、とにかく今の100%を出しきってやろうとやってきました。そうしたものが2018年にすべてつながった感覚がありました。TVシリーズの主役をやらせていただいたのもそうですし、歌やラジオの仕事でも、自分の中でやれることが広がってきた年でした。声優というお仕事はスタートラインがたくさんあるんですよね。日々、新しい仕事や挑戦に出会える。この1年はそれが充実していました。

――今につながる重要なキャラクターとして「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」のタカキ・ウノを挙げていただきました(「月刊Newtype」2019年5月号を参照)が、2018年は「ハイスコアガール」の矢口春雄と「DOUBLE DECKER! ダグ&キリル」のキリルで、主役を演じられました。

天﨑 大きな経験でした。「オルフェンズ」では河西(健吾)さんが座長として引っ張ってくださって、だから僕たちも乗っかっていけるという感覚がすごくあった。だからこそ、自分が座長の時には演技とか意識とかで引っ張っていかなくては、と肩に力が入ってしまって、不安や孤独を感じたりしてたんです。だけど、主役って周りの方々に引き上げていただいているんだということをアフレコの時にすごく感じて。じゃあ僕は役に対してひたすら一生懸命でいることが大事なんだと。そうしたら収録後、先輩方に「天崎くんが熱量を持ってやっていたからこっちも気持ちが上がったよ!」と声をかけていただけるようにもなったんです。相乗効果なんですよね。自分が脇役で立つ現場でも感覚が変わりました。頭では分かっていたんですけど、本当にみんなでひとつの作品を作っているんだという感覚が体に落ちてきて、演じる時の責任感が増しました。

――声優になってよかったと思う瞬間はありますか?

天﨑 たくさんありますけど、やっぱりファンの方との出会いですね。僕は学生時代にアニメや声優さんにすごく救われました。だから自分が関わっている作品に触れた方にとって、僕がそんな存在になれたらいいなというのが夢で。実際にそういうメッセージをいただく時はすごくうれしいです。

――今の天﨑さんは、声優を目指していた頃に描いていた声優像になれていますか?

天﨑 全然です! 先輩方にお話を聞けば聞くほど、終わりのない職業だと実感させられます。すごく活躍されている方にも悩みや苦しみがあって、そういう方たちが責任を背負いながらやっているんだって。そういう姿を目の当たりにすると追いつけないって思ってしまいます。立ち止まっている人なんていないんですよね。

――演技以外のお仕事に対する心構えはどうされていますか?

天﨑 僕は、アニメや声優さんなどのオタク文化が大好きになったきっかけがラジオなんです。学生時代にたまたまラジオで桃井はるこさんの声に出会って衝撃を受けてから、声優さんの存在もハッキリ認識しましたし、オタク的な知識、秋葉原文化のことなどは全部そこで教わりました。予備知識も偏見もなかったので、もう乾いたスポンジ状態で(笑)。そこから声優さんのラジオをたくさん聞くようになり、いつか自分が声優になれたらラジオはやりたいって強く思ってきました。たくさんのラジオ番組をやらせていただいている今は幸せな状況です。

――すてきなエピソードです。

天﨑 歌は苦手意識がすごくあったんですけど、「ヒプノシスマイク」で山田三郎をやらせていただいたのがきっかけで好きになりました。養成所時代に先生から聞いた「芝居は歌え、歌は語れ」という言葉がすごくしっくり来たんです。「ヒプノシスマイク」が歌とお芝居を繋いでくれました。

――それでは最後にメッセージをお願いします。

天﨑 受賞はすごくうれしいことですが、僕自身の役者としての心構えに変わりはありません。これからも責任を持って一生懸命、役と向き合っていきたいと思います。ただ、僕の原動力には応援してくださっているみなさんの存在があります。みなさんからいただいたものを声優という形で還元できればこんな幸せなことはありません。今後ともよろしくお願いします! ありがとうございました!

●あまさき・こうへい/10月22日生まれ。大阪府出身。アイムエンタープライズ所属。主な出演作に「DOUBLE DECKER! ダグ&キリル」(キリル・ヴルーベリ)、「異世界チート魔術師」(西村太一)、「ハイスコアガール」(矢口春雄)など

撮影=田上富實子 取材・文=細川洋平

■第13回「声優アワード」受賞者、受賞作品(敬称略)

●主演男優賞:内田雄馬

●主演女優賞:三瓶由布子

●助演男優賞:古谷徹、三宅健太

●助演女優賞:芹澤優、東山奈央

●新人男優賞:天﨑滉平、石井マーク、落合福嗣、仲村宗悟

●新人女優賞:石見舞菜香、楠木ともり、林鼓子、本泉莉奈、本渡楓

●歌唱賞:ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-

●パーソナリティ賞:諏訪部順一

●功労賞:緒方賢一、京田尚子

●シナジー賞:ポプテピピック

●富山敬賞:山口勝平

●高橋和枝賞:かないみか

●キッズファミリー賞:TARAKO

●特別賞:ちびまる子ちゃん

●外国映画・ドラマ賞:森川智之、甲斐田裕子

●ゲーム賞:東山奈央

●インフルエンサー賞:南條愛乃

●MVS(Most Valuable Seiyu):神谷浩史

※今回は、特別功労賞に代えて、本年度ご逝去された声優を顕彰しました。

リンク:「声優アワード」公式サイト