新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン

【第13回「声優アワード」受賞者インタビュー】新人女優賞 石見舞菜香さん

2019年04月10日 12:00配信
【第13回「声優アワード」受賞者インタビュー】新人女優賞 石見舞菜香さん

第13回「声優アワード」で新人女優賞を受賞した石見舞菜香さん

2019年3月9日、2018年度に最も活躍した声優を称える第13回「声優アワード」の受賞者が発表されました。本稿では、新人女優賞を受賞した石見舞菜香さんへのオフィシャルインタビューをお届けします。

――第13回「声優アワード」新人女優賞、おめでとうございます。

石見 ありがとうございます! 私は「声優アワード」を毎年楽しみに見ていた側でしたし、受賞は夢のひとつではありましたけど、まさかいただけると思わなかったので本当に驚きました。それから徐々にうれしさと気が引き締まる思いがきて、今はいろんな気持ちが混ざっています。

――2018年はメインの役をいくつも担当した年となりましたが、どんな1年になりましたか?

石見 大きく動いた年でした。きっとこの先に2018年を振り返っても、そう感じるだろうと思います。一番大きかったのは、初めて主演させていただいた映画が公開されたこと。他の作品でもヒロインを務めさせていただいたり、私のことを知ってくださる方も増えたりして「もしかして私は声優さんなのかもしれない」と思えるようにもなりました。

――印象に残ったお仕事を教えてください。

石見 どの作品も印象には残っていますが「さよならの朝に約束の花をかざろう」のマキアは、お話をいただいてから向き合う時間が長かったというのもあったし、スタッフさんや共演させていただいた先輩が声優を目指すきっかけになった方だったりもして、すごく勉強させていただいた現場になりました。

――石見さんは、岡田麿里さん脚本作品の「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」で茅野愛衣さんに憧れを抱いたんですよね。早くも重要な役でお二人と同じ仕事をするというのは、思えばすごい巡り合わせです。

石見 「多田くんは恋をしない」のテレサ・ワーグナーも印象深いです。元気な女の子をこれまで演じたことがなかったので手探りでしたけど、先輩方が支えてくださる座組だったので毎週勉強になりました。なにより、アフレコのたびに大笑いが起きるような、部活みたいに楽しい現場でした。

――先輩方から得るものというのは、言葉が多かったですか?

石見 現場でアドバイスをいただくこともありますし、みんなでお食事会に行った時にいろいろと相談に乗っていただくこともあります。でもアフレコ中のお芝居を後ろから見ているだけでも、笑い方や話し方ひとつひとつが勉強になります。茅野愛衣さん、潘めぐみさん、入野自由さん、宮野守さん、中村悠一さんはじめ、いろんな方の演技や言葉を見て勉強させていただいていて。偉大な方たちばかりです。

――声優になってよかったと思う瞬間などはありますか?

石見 私は学生の時から、声優さんやアフレコにすごく強い憧れを持っていたんです。いつかお芝居できたらいいなとか、キャラクターが自分の声でしゃべるんだなあって細かく想像してわくわくしてるような(笑)。だから、そんな過去の自分からしたら羨ましがられるようなところに、今、自分がいることが信じられなかったりします。エンドロールに自分の名前が載っているのがうれしくて未だに写真撮っちゃったりして。

――初々しいですね(笑)。

石見 キャラクターから自分の声が聞こえるんですよ! うれしいです。まだまだ反省点もいっぱいあるし、自分はマイナス思考なので悩むことが多いんですけど、そういうことを思い出して自分を励ましてます。

――デビュー前に描いていた声優像に今はどのくらい近づけていますか?

石見 憧れが強かったからこそいつまでも近づけないです。日々悩んだり焦ったりして遠いなあって思う事の方が多いです。何も知らないころに描いていた声優像と、実際に自分がなってみた声優さんというものの違いも見えるようになりました。いいこともありますけどシビアな面ももちろんあって。でも、私が憧れていた声優さんたちは実際にご一緒してもすばらしい役者さんばかりなので、憧れは強くなるばっかりです。

――演技以外のお仕事に関してはいかがですか?

石見 私は(学校の)授業で音読があると声が震えるタイプだったんです(笑)。だから、イベントへの出演は最初すごく緊張しましたけど、徐々に楽しめるようになってきました。歌もよく聞くようになったし、お風呂で歌うようにもなりました(笑)。ラジオは言葉のチョイスが難しいです。早くのびのび楽しくしゃべれるようになりたいです。

――この先、どんな声優になりたいですか?

石見 いつか、反社会的な人格の役とか、精神のバランスを崩した役とか、セクシーなお姉さんとか、腹黒い人とか、自分からかけ離れた役にチャレンジしてみたいです。そのために今は蓄えます。それから役者の心構えとしては、慣れたくないとすごく思います。エンディングのテロップを撮ることもやめたくない。憧れていた職業だからこそ、10年、20年経っても感謝を忘れないこと。セリフを言うことに関しても、形じゃなくて心を動かす役者さんでいられたらすてきだなって。甘えずに成長していきたいなと思います。応援してくださる方にはいつも励まされています。ありがとうございます。これからもがんばりますので、よろしくお願いします!

●いわみ・まなか/4月30日生まれ。埼玉県出身。プロ・フィット所属。主な出演作に「さよならの朝に約束の花をかざろう」(マキア)、「クジラの子らは砂上に歌う」(リコス)、「多田くんは恋をしない」(テレサ・ワーグナー)など

撮影=田上富實子 取材・文=細川洋平

■第13回「声優アワード」受賞者、受賞作品(敬称略)

●主演男優賞:内田雄馬

●主演女優賞:三瓶由布子

●助演男優賞:古谷徹、三宅健太

●助演女優賞:芹澤優、東山奈央

●新人男優賞:天﨑滉平、石井マーク、落合福嗣、仲村宗悟

●新人女優賞:石見舞菜香、楠木ともり、林鼓子、本泉莉奈、本渡楓

●歌唱賞:ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-

●パーソナリティ賞:諏訪部順一

●功労賞:緒方賢一、京田尚子

●シナジー賞:ポプテピピック

●富山敬賞:山口勝平

●高橋和枝賞:かないみか

●キッズファミリー賞:TARAKO

●特別賞:ちびまる子ちゃん

●外国映画・ドラマ賞:森川智之、甲斐田裕子

●ゲーム賞:東山奈央

●インフルエンサー賞:南條愛乃

●MVS(Most Valuable Seiyu):神谷浩史

※今回は、特別功労賞に代えて、本年度ご逝去された声優を顕彰しました。

リンク:「声優アワード」公式サイト