新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン

初代&新しいウィッチーズたちが一斉発進!「みんデキ2019 Fly up to the Future!」イベントレポート

2019年05月07日 20:00配信
初代&新しいウィッチーズたちが一斉発進!「みんデキ2019 Fly up to the Future!」イベントレポート

「みんデキ2019 Fly up to the Future!」より

3月30日(日)、「ワールドウィッチーズ」のイベント「みんデキ2019 Fly up to the Future!」が、川崎クラブチッタにて開催されました。「ストライクウィッチーズ」に出演している第501統合戦闘航空団のキャストに加え、「連盟空軍航空魔法音楽隊 ルミナスウィッチーズ」のキャスト5人も参加したイベントは大盛況! 昼夜2公演のうち、夜の部をレポートします。

おなじみのファンファーレ「ストライカーの飛翔」が流れ、“臨戦態勢”がにわかに整った会場のステージに、歴代TVアニメのOPを担当してきた石田燿子さんが登場!  「ブレイブウィッチーズ」のOPテーマ「アシタノツバサ」をパワフルかつ透明感のある声で歌い上げると、会場は“翼端灯”ことペンライトの赤と青の光で会場を埋め尽くし、統制のとれたコールが場内に響きわたりました。

熱唱の後、ステージには本日のキャストが勢ぞろい。「ストライクウィッチーズ」からは、福圓美里さん、世戸さおりさん、名塚佳織さん、野川さくらさん、園崎未恵さん、門脇舞以さん、小清水亜美さん、大橋歩夕さんの8人のキャストが登場。さらに、2021年にアニメ化が予定されている歌や音楽でみんなの笑顔を守るワールドウィッチーズ新シリーズ「連盟空軍航空魔法音楽隊 ルミナスウィッチーズ」からは、鳴海まいさん、細川美菜子さん、藍本あみさん、真宮涼さん、都月彩楓さんの5人が「みんデキ」のイベントに初参加しました。

すでに昼の部で多くのファンに挨拶を済ませていた「ルミナスウィッチーズ」の5人は、少し緊張もほどけた表情で501のキャストたちとトークを展開。それぞれのあだ名や、好きなウィッチの話題で盛りあがりました。ちなみに、それぞれがあげたお気に入りのウィッチは、鳴海さんが宮藤芳佳、細川さんはリーネ、藍本さんがルッキーニ、真宮さんが坂本少佐、都月さんがエイラでした。名前の挙がらなかったウィッチのキャストから冗談交じりに不満の声を上げましたが、すかさず石田がバルクホルンの名を上げ、場を和ませます。

続けて、4月9日から放送が始まった「501部隊発進しますっ!」の先行上映へ。本編の前には、石田燿子さんがOPテーマ「空が呼ぶほうへ」をライブで歌唱。生歌の豪華なOPを堪能した後は、ウィッチたちのコミカルな日常を描いたドラマを楽しみ、会場のファンからは絶えず笑い声があふれていました。

アニメの上映後は、501部隊のキャストが登場し、トークパートへ。アフレコの感想について、「楽しかった」と声をそろえる一同。アフレコ中に印象に残ったエピソードが次々と語られ、なかなか聞くことのできない501キャストたちの珍エピソードに、会場は爆笑に包まれました。

続けて、ゲームコーナー「魔眼を使って見極めろ!」へ。会場のファンの中に該当者が一人しかいない条件を考えて客席に質問を投げかけるというゲームです。赤青のチームに別れて、二問ずつ会場に問いかけました。赤チームのトップバッターは鳴海さん。「生身で空を飛んだことがある人」と問いかけると、なんと10人もの手が上がります。一方、青チームの一問目は藍本さん。「ルミナスの痛シャツで来た人」の質問で、見事に一人のみが手を上げ、会場にどよめきが起こります。絶体絶命の赤チームですが、ここでミラクルが! 真宮さんの「ルミナスのコスプレをするために衣装を作成中の人?」の質問で、一人のみが挙手してミッションを達成。続く、青チームは細川さんが、「水色の縞々“ズボン”で来た人」の質問に3人の手が上がりました。結果、総合点で青チームが勝利しました。

なお、“本家”魔眼の坂本を演じる世戸さんもゲームにチャレンジ。自身が昨年出産したことと、ストライクウィッチーズ11年目にちなんで「この中に11歳の子どもをもっている人」と問いかけたが、残念ながら該当者はゼロでした。

ルミナスウィッチーズはスタンバイのために舞台裏へ。続いて始まったゲームは、五芒星会社プレゼンツ「クイズ!CEOネア」。CEOの大橋さんが出題する、ワールドウィッチーズに関するクイズに残りのメンバーが応えるというコーナーです。また回答者には、会場のファンに答えを考えてもらう“地上誘導員”と、電話で助けを求める“魔導針”の2つの救済策が与えられました。熱心なファンである地上誘導員ですらも悩む難問ぞろいでしたが、魔導針の通信相手とともに、頭と勘をフル回転するキャストたち。クイズに応えた4組中、3組が全問正解するという快挙を果たしました。

501部隊のキャストが退場すると、スクリーンには「ルミナスウィッチーズ」のイントロダクションムービーが。本日、初公開となるキャストによるキャラクターボイスがついたPVに続けて、ルミナスウィッチーズが「Flying Skyhigh」を披露。フレッシュなパフォーマンスを応援するように、会場は大きな盛り上がりをみせました。

そして「ルミナスウィッチーズ」に続いて、石田燿子さんがデビュー25周年&「ワールドウィッチーズ」10周年記念盤「ソラノウタ」に収録されている「Fly up so high」を初めてライブで披露しました。

ここでファンにうれしい告知が。8月4日に「ワールドウィッチーズミュージックフェスタ2019 Premium Live Band Special」の開催が決定したと発表されます。本イベントは、部隊の垣根を越えたウィッチのキャストたちが出演する合同ライブです。さらに、「ルミナスウィッチーズ」の9人も全員揃ってのステージとなることが明かされると、会場からは大歓声が上がりました。チケット販売など詳細は現在公式サイトにて公開されているとのことです。さらに、第3期「ストライクウィッチーズ RtB」の制作は順調で、年末にはアフレコも行なわれるとも発表。まだまだ広がっていくワールドウィッチーズの期待を胸に、会場全体で「約束の空」を合唱し、イベントは終幕の時を迎えました。

【取材・文:星政明】