新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン

西川貴教、東山奈央、諏訪部順一、虚淵玄(ニトロプラス)が登壇の「Thunderbolt Fantasy 西幽玹歌」舞台挨拶&トークイベントレポート

2019年11月07日 12:05配信
西川貴教、東山奈央、諏訪部順一、虚淵玄(ニトロプラス)が登壇の「Thunderbolt Fantasy 西幽玹歌」舞台挨拶&トークイベントレポート

「Thunderbolt Fantasy 西幽玹歌」舞台挨拶&トークイベントに登壇したメンバー。左から西川貴教さん、東山奈央さん、虚淵玄さん(ニトロプラス)、諏訪部順一さん。

(C)2016-2019 Thunderbolt Fantasy Project

「Thunderbolt Fantasy 西幽玹歌(サンダーボルト ファンタジー セイユウゲンカ)」の舞台挨拶&トークイベントが10月26日(土)、ユナイテッド・シネマ豊洲にて行われました。当日登壇されたのは、主役の浪巫謠(ロウフヨウ)を演じる西川貴教さん、睦天命(ムツテンメイ)役の東山奈央さん、原案・脚本・総監修を担当する虚淵玄(ニトロプラス)さん。さらにTVシリーズ1期から殤不患(ショウフカン)を演じている諏訪部順一さんがシークレットゲストとして登場! 鷲崎健さんの軽妙なMCとともに、「Thunderbolt Fantasy 西幽玹歌」のお話はもちろん、目下制作中だというTVシリーズ3期についても語られました。

10月25日(金)より全国劇場にて上映中の「Thunderbolt Fantasy 西幽玹歌」は、数々の話題作を手がけてきた虚淵玄(ニトロプラス)さんが、原案・脚本・総監修を担当する武侠ファンタジー人形劇です。TVシリーズ1期「Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀」、劇場上映作品「Thunderbolt Fantasy 生死一劍」に続き、2018年10月にはTVシリーズ2期「Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀2」を放送。さらに制作が決定したTVシリーズ3期に先駆け、劇場上映版の第2弾となる本作が公開されました。

これら「Thunderbolt Fantasy Project」は、虚淵さんが台湾の伝統的な人形演劇「布袋劇(ほていげき)」に惚れこんだことをきっかけに、台湾布袋劇で随一の知名度とクオリティを誇る制作会社・霹靂國際多媒體股份有限公司(略称:霹靂社)とのコラボレーションによって実現したもの。完全新作の日台合同映像企画として発表されてから今日に至るまで、多くのひとを魅了し、ファンを増やし続けています。

「Thunderbolt Fantasy 西幽玹歌」はTVシリーズ2期の前日譚となっており、西川貴教さん演じる浪巫謠が主人公を務め、西幽(セイユウ)という国を舞台に彼の過去が描かれていきます。本作が声優として初主演となった西川さんは、虚淵さんから浪巫謠の過去を描くというコンセプトをうかがった際に「いやあ、ついに来たな!」と興奮を隠し切れなかったそう。シリーズ初登場の睦天命(ムツテンメイ)を演じた東山奈央さんも、「すごくおもしろい作品だとうかがっていたので、楽しみと緊張で胸がいっぱいになりながら、アフレコ当日を指折り数えていました」と明かします。

また東山さんは睦天命との兼ね役で、浪巫謠の幼少期も担当。セリフだけでなく、はかなげで美しいボーイソプラノによる歌声を披露しています。ただ台本には配役が書かれていなかったそうで、西川さんは「正直、ショタっぽい声(少年声)も練習してました」と告白。「頑張ってファルセットでしゃべったりして、これならいけるかなと思って練習していたんですけど、スタッフさんに東山さんが演じますよと言われまして。あっ、そうですよねって(笑)」と明かし、会場に集まったファンも大爆笑していました。とはいえ、東山さん演じる幼少期からバトンタッチした直後のお芝居に関しては、「そこはもう練習の成果が出てます(笑)」とご本人も太鼓判! 作中の注目ポイントのひとつとなっています。

そしてシークレットゲストにしてシークレットキャラクターでもあったのが、諏訪部順一さん演じる殤不患。実はキービジュアルにも登場しているのですが、背を向け、顔がはっきりと見えない状態となっていました。「シークレットという扱いになっていたので、出てますよって言えなくて本当につらかったです」と冗談めかして語る諏訪部さんに、ファンから笑いがこぼれます。作中では「啖劍太歳(タンケンタイサイ)」と呼ばれ、なかなか姿を表さない殤不患ですが、「後半からガッツリと絡んできて、見せ場もしっかりあってよかったです」という諏訪部さんの言葉にもあるように今作でも大活躍! さらに物語の最後には、あのキャラクターの登場も……。ファンも安心、そして期待の高まるシーンとなっています。

また、西川貴教さんが歌う主題歌「Crescent Cutlass」の制作秘話についても触れられました。作曲したのは、「Thunderbolt Fantasy Project」の劇伴を担当し、TVシリーズ2期のOP&EDでも西川さんとタッグを組んだ澤野弘之さんです。制作にあたり、西川さんは「澤野さんのなかでも、これまでになかったようなアプローチの楽曲を一緒につくりましょうよ」と呼びかけたといいます。そうして完成した主題歌は、西川さんにとっても思い入れの強い曲のひとつになったとのこと。またタイトルの「Crescent Cutlass」は「Crescent=三日月」「Cutlass=剣(つるぎ)」を組み合わせた造語で、小西克幸さん演じる聆牙(リョウガ)こと、浪巫謠が常に傍に置く琵琶との関係性を表しているのだと明かされました。カップリング曲「Claymore」も殤不患のテーマソングになっているそうで、まさに本作の世界にどっぷり浸れる一枚です。

当日は原案・脚本・総監修を担当する虚淵玄(ニトロプラス)さんが同席されていることもあり、制作の裏話や気になる今後の展開についても話が及びました。現在、シリーズ3期12話の脚本を仕上げていると明かした虚淵さんに、キャスト陣から「殤不患はどうなるんですか?」(諏訪部さん)、「シリーズ3期に睦天命は出てきますか?」(東山さん)、「そもそも浪巫謠とお母さんはどうしてあんな山奥にいたのか。父は誰なのかとか、血筋が知りたいですね」(西川さん)と質問が殺到!

現段階で言えることとして、虚淵さんから「(天命は)大丈夫です、引き続きお願いします」と語られ、東山さんは大感激……だったのですが、直後に「とはいえ、どんな出番なのかは内緒なので」と不穏(?)なコメントも。「虚淵さんの脚本だからな……」と鷲崎さんがファンの心の声を代弁するかのようなコメントを発するなか、虚淵さんから「シリーズ3期の時間軸はシーズン2のほぼ直後」という新事実が明かされます。さらに虚淵さんは「シリーズ3期は『Thunderbolt Fantasy 西幽玹歌』の脚本を書きながら構成を練っていたので、劇場上映版がストーリーの下敷きになっているというか、リンクした内容になっています。3期に備えていただく意味でも、ぜひぜひ『Thunderbolt Fantasy 西幽玹歌』をお友達に宣伝していただけますと幸いです」と呼びかけ、ファンから期待のこもった拍手と歓声を送られていました。

劇場上映作品「Thunderbolt Fantasy 西幽玹歌」は、ユナイテッド・シネマ豊洲ほか全国の劇場で好評上映中です。ぜひスクリーンで、この大迫力を堪能してください!

【取材・文:藤谷燈子】

「Thunderbolt Fantasy 西幽玹歌」

2019年10月25日(金)より全国劇場にて上映中

スタッフ:原作…Thunderbolt Fantasy Project/原案・脚本・総監修…虚淵玄(ニトロプラス)/操演・撮影…霹靂國際多媒體股份有限公司/キャラクターデザイン…ニトロプラス(三杜シノヴ/源覚/minoa/なまにくATK)/武器デザイン…霹靂國際多媒體股份有限公司/造形アドバイザー…グッドスマイルカンパニー/制作…Thunderbolt Fantasy Project

キャスト:浪巫謠(ロウフヨウ)…西川貴教/聆牙(リョウガ)…小西克幸/睦天命(ムツテンメイ)…東山奈央/嘲風(チョウフウ)…釘宮理恵/嘯狂狷(ショウキョウケン)…新垣樽助/蠍瓔珞(カツエイラク)…高垣彩陽/咒旬瘖・浪巫謠の母(ジュシュンイン)…井上喜久子/幼少期の浪巫謠…東山奈央/啖劍太歳・殤不患(タンケンタイサイ・ショウフカン)…諏訪部順一/凜雪鴉(リンセツア)…鳥海浩輔

リンク:「Thunderbolt Fantasy 西幽玹歌」公式サイト

    公式Twitter・@TBF_PR