新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン

『慎重勇者』リスタルテ役の豊崎愛生さんインタビュー。アニメ史に爪痕を残す駄女神(?)への想いを語る(後編)

2019年11月27日 20:00配信

現在放送中のTVアニメ『慎重勇者 ~この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる~(以下、慎重勇者)』。そのヒロインである女神・リスタルテを演じる豊崎愛生さんにインタビューを行いました。ここでは後半のインタビューをお届けします。

リスタルテ役を演じる豊崎愛生さん
リスタルテ役を演じる豊崎愛生さん
(C)土日月・とよた瑣織/KADOKAWA/慎重勇者製作委員会

アニメ史に刻まれた“まったく萌えないポロリ”

――これまで収録した中で、特に印象に残っているシーンはありますか?

豊崎:たくさんありますが、中でも第4話の生乳がはみ出ちゃっていたシーンは衝撃的でしたね……。モザイクまでかかっちゃって。いい意味であんなに萌えない、あんなにありがたみが無いポロリははじめて見ました。あのシーンはアニメ史に爪跡を残したのではないかと思っています。

あとは、これは特定のシーンに限った話ではありませんが、どの話でもかわいいシーンと突っ込むシーンの両方入っているので、それらはリスタルテの特徴的な場面かなと。私も演技するうえで、顔がゾンビみたいになっているリスタを演じたあとは、他の場面でかわいいリスタをちゃんと演じて、バランスを取ることは意識しています。

――他のキャラクターの印象はいかがでしょうか?

豊崎:アリアドアがかわいくて、この作品のかわいいヒロイン枠だと思います。一応、リスタがヒロインなはずなのですが、あんな感じなので……(笑)。アリアドアは響ちゃん(山村響さん)の声も相まって、本当にかわいらしいんです。見ていても聞いていても癒されます。あと、オープニングで彼女が謎ポーズをするんですけど、あのポーズが大好きです!

あ、でも推しキャラはセルセウスさんなんですよね。セルセウスさんは特にそうなんですが、登場する神様はみんな人間味があって、意外と普通な部分がいいなと思います。神様が人間らしいと言うか、むしろ聖哉のほうが肝が据わっていて神様みたいな部分がありますよね(笑)。

――聖哉のあのしゃべり方もクセになるというか、梅原裕一郎さんの演技がぴったりハマっているように思います。

豊崎:梅原くんの演じる聖哉は、基本的にポーカーフェイスで淡々としゃべるキャラクターなんですけど、実はリズムではリスタに負けないくらいのペースでしゃべっているんです。なので、梅原くんは演じる際に、テンションは上がりすぎず、かといって下がりすぎず、っていうバランスを取って演じていると思います。

――メインキャラクターも魅力的ですが、要所要所で登場する敵もクセの強いキャラクターばかりでおもしろいですよね。

豊崎:そうなんです。第4話で登場したデスマグラさんは、わざわざ攻略方法を教えてあげちゃったりしていて、すごい優しいと思いました(笑)。声を担当されているうえだゆうじさんの味が随所で出ていて、なぜか聞いていて嬉しくなっちゃいました。

――敵キャラクターのキャスト陣が豪華なのも注目ポイントではないでしょうか。

豊崎:そうなんです! 敵キャラクターのキャスト陣がめちゃ豪華なんです! ケオス=マキナを演じられていたたかはし千秋さんも、醸し出す色気がピッタリですよね。もかっこよくてセクシーで、すごく好きなキャラクターのひとりです。

敵のキャラクターについては、キャスト陣的な意味でも「敵わないな……」と思ってしまうくらいの面々で、やはり救済難度Sクラスのゲアブランデは一筋縄ではいかないなと(笑)。まさに立ち向かうっていう表現がぴったりなキャスト陣です。もう本当に「つよっ!」って感じで、後からとんでもないのがどんどん来ますよ。

――ギャグメインなシーンから一転、敵が登場すると物語が引き締まるような感じがありますよね。シリアスな展開もありますし。

豊崎:土日月先生も仰っていたのですが、作品の中でシリアスとギャグのバランスが考えられているんです。振り切ったギャグだと思ったら、次にめちゃくちゃシリアスなシーンが来たり、そういうバランスも『慎重勇者』のおもしろい部分だと思います。

――では、今後の物語の見どころについてお聞きしたいです。

豊崎:まず、みなさんに「最終話まで見て欲しい!」ということを声を大にして伝えていきたいです。実は『慎重勇者』は第1話から伏線だらけで、あの時のあのキャラクターの間とか、一瞬動いた目線とか、何気ない動作に意味があったりします。最終話まで見たあとは、どのキャラクターにスポットを当てて見返してみても、全員に伏線が張られているので、最後まで見た後にもう一度振り返るとすごいおもしろい発見があると思います。

聖哉くんについても、この後の話で慎重さの理由が描かれていくのですが、それを踏まえたうえで第1話から見直していただけると、その時点でとんでもないキーポイントのシーンがあるんです。何気ないシーンなんですけど、そこはぜひ見返して欲しいですね。

――リスタルテと聖哉の関係性は今後どうなっていくのでしょうか?

豊崎:リスタは最初から、自分が召喚した勇者にも関わらず聖哉君を「やだ!カッコいい!」って言いながら異性として意識しちゃっています。「女神と勇者の恋は禁止!」って何度も言っているのに、すぐ少女漫画的な展開に持っていこうとするんですよね(笑)。

TVアニメ『慎重勇者 ~この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる~』より
TVアニメ『慎重勇者 ~この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる~』より
(C)土日月・とよた瑣織/KADOKAWA/慎重勇者製作委員会

でも、リスタが聖哉君のことを大事な存在と思っているのは本当で、肝心なのは聖哉君がリスタのことをどう思っているのか……というところですよね。よくゴミを見るような目で見ていますが、リスタ的にはそれもだんだん快感に変わってきている感じもあって、もっと冷たくしてほしいっていうのが、リスタ本人にも演じている私にもあったりします(笑)。でも、物語が進むにつれて、ちぐはぐだった会話の歯車が噛み合ってやりとりになってくる場面もあるので、ふたりの関係はそこを楽しみにしていただければと。

あとは、先ほどの伏線の話の通り、リスタと聖哉の関係には大きな秘密がありますので、その内容も楽しみにしていただきたいですね!

TVアニメ『慎重勇者 ~この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる~』より
TVアニメ『慎重勇者 ~この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる~』より
(C)土日月・とよた瑣織/KADOKAWA/慎重勇者製作委員会

実は慎重じゃない豊崎さんの唯一の慎重エピソードは?

――では、変化球の質問になりますが“豊崎さんの慎重すぎたエピソード”をお聞きしてよろしいでしょうか。

豊崎:慎重すぎた話ですか……。私ってまったく慎重じゃないんですよね(笑)。でも唯一慎重だなって思ったことは、公式サイトのキャストコメントで掲載していただいたタピオカドリンクを飲む時の話になるんですけど……。あっ、各所から「あの話の意味かわからない」って言われていて、ちょっとここで弁明していいですか!?

――この部分ですよね。

Q:ご自身の「慎重すぎかな?」という身近なエピソード、もしくは慎重になることはありますか?

豊崎:タピオカドリンクをテイクアウトした際、ストローをさすタイミングで高確率で中身をこぼしてしまうため、ストローを刺す時は、勢いよく、テンション高く、ああああああ!! って叫びながら突き立てています。

――確かに、あまり「ああああああ!!」と叫ぶ要素がなさそうなので、理由は気になります。

豊崎:タピオカドリンクって買った時に太いストローを刺しますよね。あれって、テイクアウトしたら自分でストローを刺さないといけないんですよ。その時に、勢いを見誤ってゆっくり中途半端に穴を空けてしまうと、そこから次に刺そうとしても中身が漏れてしまうことに気が付いたんです。それで失敗しないように、慎重にストローを差す時にガッと渾身の一刺しをするようにしたんですけど、その際に声が出てしまう……という話でした。

――なるほど(笑)。詳しく聞いてようやく意味がわかりました。

豊崎:でも、だいたいのことは「まぁいっか」と考えながら生きているので、やっぱり慎重とは程遠い性格かもしれません(笑)。

――最後に作品のファンのみなさんにメッセージをお願いします。

豊崎:みなさん『慎重勇者』を見てくださってありがとうございます! 思いっきり楽しく演じさせていただいていて、ここからクライマックスに突入していき、さらに盛り上がっていくと思います。リスタの顔芸を見ていただけるとわかると思いますが、スタッフさん、監督さんをはじめ、みなさんが愛と情熱を込めながら、それぞれのキャラクターを大切に描いてくださっているので、ぜひ最後まで見届けていただけると嬉しいです。

最終話まで見て、そのあと改めて第1話から見返していただくと、新しい発見があると思います。来年にはBlu-ray・DVDも発売しますのでぜひ! そして、たくさんの方に見返していただけると………2期があるかもしれません。きっとあります(笑)。ということで、今後とも応援のほどよろしくお願いいたします。

――ありがとうございました!

TVアニメ『慎重勇者 ~この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる~』は現在好評放送中。第1話に仕込まれた伏線とは……? リスタルテと聖哉の関係性とは……? 最終話までお見逃しなく!

TVアニメ『慎重勇者 ~この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる~』

放送・配信情報

10月2日からTVアニメ好評放送中

AT-X:毎週水曜22:30

AbemaTV:毎週水曜23:00(地上波先行・独占先行配信)

TOKYO MX:毎週水曜23:30

KBS京都:毎週水曜25:35

サンテレビ:毎週水曜26:00

テレビ愛知:毎週木曜26:05

BS11:毎週木曜23:00

メインスタッフ:原作…土日月『この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる』(株式会社KADOKAWA/カドカワBOOKS刊)/キャラクター原案…とよた瑣織/監督…迫井政行/シリーズ構成・脚本…猪原健太/キャラクターデザイン・総作画監督…戸田麻衣/プロップデザイン…戸田麻衣、鈴木典孝、岩畑剛一/美術設定…青木薫(美峰)、緒川マミオ、デジタルノイズ/美術監督…高峯義人(美峰)、宮里和誉(美峰)/色彩設計…佐藤美由紀(Wish)/特効監修…谷口久美子(チーム・タニグチ)/撮影監督…大泉鉱(T2studio)/2Dワークス…荒木宏文/3Dディレクター…板井義隆(アイラ・ラボラトリ)/編集…須藤瞳(REAL‐T)/音響監督…明田川仁/音楽…藤澤慶昌/音楽制作…KADOKAWA/アニメーション制作…WHITE FOX/製作…慎重勇者製作委員会

メインキャスト:竜宮院聖哉…梅原裕一郎/リスタルテ…豊崎愛生/マッシュ…河西健吾/エルル…古賀葵

OPテーマ

MYTH&ROID『TIT FOR TAT』(10月23日発売)

EDテーマ

安月名莉子『be perfect,plz!』(11月6日発売)