新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン

聖地への出発点! 成田空港に「成田アニメロード」、「成田アニメデッキ」がオープン

2019年11月28日 17:14配信
聖地への出発点! 成田空港に「成田アニメロード」、「成田アニメデッキ」がオープン

テープカットの瞬間 左からアニメツーリズム協会理事長・角川歴彦さん、富野由悠季さん、古谷徹さん、成田空港社長・田村明比古さん、KADOKAWA社長・松原真樹さん

(C)KADOKAWA CORPORATION 2019

2019年11月28日(木)、成田国際空港の第2旅客ターミナル本館2階に〝アニメ〟をテーマにした新エリアがオープンしました。これに先駆け、前日(27日)には発表会が開催。「機動戦士ガンダム」(アムロ・レイ役)などで知られる声優の古谷徹さんらがトークイベントなどに登壇し、日本の玄関口とも言える成田空港に設けられた新たなアニメスポットをPRしました。

これまでも成田空港は「機動戦士ガンダム」などに携わったアニメ監督・富野由悠季さんが会長を務める「アニメツーリズム協会」が推進する「訪れてみたい日本のアニメ聖地88」の出発点として〝0番札所〟に認定され、国内外に日本のアニメをアピールしてきました。今回はその取り組みをさらに一歩進め、同空港で初めてアニメ専門のエリアを新設。アニメとその聖地をめぐる旅の魅力を発信する前線基地として、今後さらに注目を集めることになりそうです。

新設エリアのうち、「成田アニメロード」は第2旅客ターミナル2階の通路壁面に全長60メートル以上に渡って人気アニメが描かれた圧巻のスポット。このうち「名探偵コナン」(春)、「エヴァンゲリオン」(夏)、「ソードアート・オンライン」(秋)、「進撃の巨人」(冬)の各作品は日本の四季をモチーフにした風景の前に登場キャラクターのパネルが置かれ、記念撮影を楽しめるフォトスポットとなっています。また、通路の奥には絵馬コーナーも設置。旅の記念や、作品への応援メッセージを残すことができます。

隣接する「成田アニメデッキ」はショップなどが並ぶ複合エリアです。

「グッズショップ」には描き下ろしグッズを含めた幅広いコンテンツのアイテムが勢揃い。「ガンダム」や「ハローキティ」の立像などを見て楽しむことができます。

また、非日常のお祭り感をテーマにした「イートインレストラン」ではフードコート形式で通常メニューのほか、お土産にも使える様々な仕掛けを凝らしたコラボ弁当なども提供されるとのこと。オープン当初は「エヴァンゲリオン」、「ウルトラマンタイガ」、「文豪ストレイドッグス」、「Re:ゼロから始める異世界生活」のコラボメニューがラインナップされています。

そして「エンターテインメントカフェ」はかわいいメイドさんたちによるおもてなしや、人気アニメのコラボメニューが楽しめるイベント要素満載の空間。イベントは定期的に入れ替え、繰り返し楽しめるようにしていくとのことで、オープンから2020年2月までは「ラブライブ!サンシャイン!!」とのコラボを展開。同3月以降はプロダクション・エース所属声優によるステージイベントなども予定されています。

トークイベントに登壇し、コラボメニューを試食するなど、上記のような数々の「成田アニメロード」、「成田アニメデッキ」の魅力に触れた古谷徹さんは「日本の玄関口、成田国際空港にこんなアニメの聖地ができて……こんなに嬉しいことはない! という心境です」と「機動戦士ガンダム」の名セリフを引用しつつ喜びを語ったほか、テープカットでも「成田アニメデッキ、行きまーす!」の掛け声で富野由悠季さんらとともにハサミを入れるなど、自身もイベントへの出席などで遠出をする際によく使用するという成田空港にできた新名所をサービス満点でアピールしていました。

定番も、その時々のトレンドも、様々な作品に触れられるという「成田アニメロード」、「成田アニメデッキ」。年末年始の旅行シーズンに、そして全国のアニメの聖地巡礼への出発点として、成田空港を訪れた際はぜひ立ち寄って、楽しんでみてはいかがでしょうか。

【取材・文:中台歩】