新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン

エンディング主題歌を歌う、陽菜役・本泉莉奈インタビュー「陽菜の”決して奪われたくない想い”をありのままの気持ちで歌っています」

2020年03月04日 23:30配信

「プランダラ」エンディング主題歌「Countless days」を歌う陽菜役の本泉莉奈さん
「プランダラ」エンディング主題歌「Countless days」を歌う陽菜役の本泉莉奈さん
(C)2020 水無月すう/KADOKAWA/プランダラ製作委員会

せつなく美しいバラード「Countless days」で締めくくられるTVアニメ「プランダラ」。Web Newtypeでは放送をさらに盛り上げるべく、スタッフ&キャストのリレーインタビューをお届けします。第4回はエンディング主題歌を歌う、陽菜役の本泉莉奈さん。陽菜を通して歌う、この歌の大好きなところとは?

――エンディング曲のお話がきたときの率直な感想を教えてください。

本泉 陽菜役が決まった時ぐらい、すごくうれしくて。その分、責任を感じました。陽菜として歌うのは「Countless days」が初めてだったのですが、レコーディングのときはアニメの収録がすでに進んでいたので、陽菜の心情を込めて歌うことができました。

――「Countless days」の歌詞は陽菜目線の歌詞になっています。この歌詞をどのように捉えて歌おうと考えましたか?

本泉 作中の情景やシーンが浮かぶような歌詞でした。とくに好きなフレーズは、サビの「もう誰も奪えないでしょう」という歌詞です。この作品は「数字(カウント)」を「星奪戦」で奪い合う一面があるけれど、陽菜が旅をしてきた思い出や仲間と出会って得られた自分の成長、生きた証は「奪えない」。そういう陽菜の強さが表われていて、歌っていてすごく好きなフレーズになりました。

「プランダラ」エンディング映像より
「プランダラ」エンディング映像より
(C)2020 水無月すう/KADOKAWA/プランダラ製作委員会

――陽菜として歌うということに難しさなどは感じられましたか?

本泉 陽菜の声は、私の地声よりも高めなんです。でも、曲調と陽菜の声がちょうどよくマッチしていて、すんなりと陽菜の気持ちのまま歌うことができました。

――レコーディングはいかがでしたか?

本泉 陽菜が歌ったときはどんな歌い方になるのか、私にはわからなかったんです。でも、話すときの陽菜のクセや、話し方みたいなものは私のなかですでに固まっていたので、しゃべるように歌えたらなと思っていました。あまり深く考えすぎずに、歌うようにしていました。

――エンディング映像は陽菜の5年間のひとり旅を描いています。ご覧になってどのように感じられましたか?

本泉 原作でも描かれていない、陽菜がリヒトー(=バッハ)さんと出会う前の旅がエンディング映像では描かれているんです。この曲の歌詞はリヒトーさんと出会ったあとの内容になっているので、このエンディング映像は陽菜の思い出のように感じられて。現在の自分が、ちょっと前の自分を見つめなおしているような感じがするんです。お猿さんといっしょにお風呂に入ったり、過酷な旅ではあるけれど、そういう素敵な出会いがある旅でもあったんだよと感じさせて、すごく感動しました。でも、第7話を見たあとだと、そんなふうに仲良さそうに触れ合った動物たちも、陽菜には食べ物に見えていたのかもしれないなと(笑)。ちょっと心配になっちゃいましたけど。

「プランダラ」エンディング映像より
「プランダラ」エンディング映像より
(C)2020 水無月すう/KADOKAWA/プランダラ製作委員会

――カップリング曲の「eternal」も「撃墜王を捜す陽菜」の心情が書かれていますが、「eternal」の曲・歌詞を見てどう感じられましたか?

本泉 「eternal」も本当にエモい曲です。「Countless days」と同じくバラードなんですが、私のなかでは距離感が違っているんですよね。「Countless days」はそばにいる誰かに向かって歌っているイメージだったんですが、「eternal」はひとりごとのように、静かに歌っているイメージがありました。楽曲がおしゃれです。間奏の部分が7/4拍子になったりするんですけど、2番の歌詞が入る直前には自然に4/4拍子に戻っていたりして。そういったちょっとした違いが、とてもおしゃれだなと感じます。

――現在(第9話オンエア時)は本編のストーリーがかなりシリアスな展開を迎えています。園原水花が登場し、リヒトーがついに暴走してしまいました。この展開のなかで見どころをお聞かせください。

本泉 きっと皆さんがご覧になっていて「つらい……」と思うシーンがこれからどんどん増えていくと思います。序盤のあのテンションはなんだったの? と思うような、落差のある展開になっていくんです。原作をご存知の方は心の準備ができていたと思いますけど、園原が出てきたあたりから、人がどんどん死んでいくショッキングなシーンが描かれていきますし、ここからはアルシアという世界の謎がどんどん出てくるんですよね。「戦闘ヘリコプターが出てきて、リヒトーはその存在を知っている」とか。ぜひ、脳内で情報を整理していただきながら、じっくりとストーリーに付き合っていただけたらうれしいです。

第8話より涙を浮かべるリヒトー=バッハ
第8話より涙を浮かべるリヒトー=バッハ
(C)2020 水無月すう/KADOKAWA/プランダラ製作委員会

第9話より園原水花
第9話より園原水花
(C)2020 水無月すう/KADOKAWA/プランダラ製作委員会

――「プランダラ」をご覧になっている方々に向けてメッセージをお願いいたします。

本泉 原作、アニメ「プランダラ」、「プランダラジオ」など、この作品にまつわるいろいろなものを楽しんでいただいて、そのうえで陽菜目線の「Countless days」を聴いていただくと、本編とのリンク感だったり、新たな発見ができると思います。きっと皆さん、日常を生活していて、疲れることもたくさんあると思うんですけど、この「Countless days」を聴いて、癒されてくれたらうれしいなと思います。

陽菜(CV:本泉莉奈)の歌う「Countless days」は絶賛発売中!
陽菜(CV:本泉莉奈)の歌う「Countless days」は絶賛発売中!
(C)2020 水無月すう/KADOKAWA/プランダラ製作委員会

【取材・文:志田英邦】

■陽菜(CV:本泉莉奈)「Countless days」

発売中 税別1200円

■TVアニメ「プランダラ」

放送:TOKYO MX…毎週水曜25:05~

   テレビ愛知…毎週水曜26:35~

   KBS京都…毎週水曜25:05~

   サンテレビ…毎週水曜25:30~

   BS11…毎週木曜23:00~

   AT-X…毎週金曜23:00~ ※リピート放送あり

配信:dアニメストア…毎週水曜23:00~

   ※他配信プラットフォームでも順次配信

スタッフ:原作…水無月すう(月刊少年エース連載)/監督…神戸洋行/副監督…西片康人/シリーズ構成…鈴木雅詞/キャラクターデザイン…高品有桂、福地友樹、福田裕樹/音響監督…えびなやすのり/音楽…松本淳一/音楽制作…日本コロムビア/オープニングテーマ…「Plunderer」伊藤美来/エンディングテーマ…「Countless days」陽菜(CV:本泉莉奈)/アニメーション制作…GEEKTOYS/製作…プランダラ製作委員会

キャスト:リヒトー=バッハ…中島ヨシキ/陽菜…本泉莉奈/ジェイル=マードック…梅原裕一郎/リィン=メイ…小澤亜李/ペレ…市川蒼/ナナ…伊藤静/園原水花…悠木碧/アレク…東地宏樹/シュメルマン…関俊彦

リンク:TVアニメ「プランダラ」公式サイト

    公式Twitter・@plundereranime

    公式Twitter・@AbbieIzumi