新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン

閉鎖空間で「ヴァルキリードライブ」おっぱいトーク!

2015年10月11日 17:13配信
閉鎖空間で「ヴァルキリードライブ」おっぱいトーク!

名物広報“まぁさ”こと弓岡雅子さん(左)とゲーム制作中の高木謙一郎さん(中央)、そして金子ひらく監督の代理として自称Eカップのおっぱいでか美さんが過激なトークを振り広げました

10月10日(土)から徳島市で開催中の「マチ★アソビ Vol.15」。2日目となる11日(日)、「VALKYRIE DRIVE」presents「おっぱいがいっぱいトークショー」が開催されました。

「VALKYRIE DRIVE」はテレビアニメやゲームなど、多角的な展開が進行している大型メディアミックス企画。制作陣に「一騎当千」シリーズなど数々のおっぱい美少女アニメを手がける“おっぱいクリエイター”金子ひらくさんと、爆乳ハイパーバトルゲーム「閃乱カグラ」シリーズの生みの親である“爆乳プロデューサー”高木謙一郎さんを迎え、「おっぱい」をテーマに話題を呼んでいます。

5月の「マチ★アソビ Vol.14」では、新町橋東公園ステージで開催されたトークショー「おっぱいっていいよね!」が、あまりの過激ぶりに行政から自粛要請が入った「VALKYRIE DRIVE」。今回はufotable cinema Theater1というクローズドな場所を会場にして、対策は万全です。

イベントは広報担当の“まぁさ”こと弓岡雅子さんの挨拶に始まり、テレビアニメ「VALKYRIE DRIVE -MERMAID-」第1・2話の上映がスタート。午前中の開催にも関わらず、入場者にはビールが配布(希望者にはソフトドリンク)されていて、一杯やりながらの「全部出ちゃってる版」視聴で、シアター内の温度は上昇しっぱなし!

上映が終わると、高木さんと弓岡さん、そして、欠席の金子さんの代理として おっぱいでか美さん(自称Eカップ)が登場。「金子さんと会うと乳首の話しかしていない」(高木さん)、「あんな綺麗な乳首、初めて見ました」(おっぱいでか美さん) など、とにかく“おっぱい”を中心に、1・2話や制作場面のエピソードが披露されました。

その後も「はじめて触れたパイについて」「水着から滴る水滴について」「玉子の間にちくわが挟まっていたコラボ料理について」など、高木さんが繰り出す話題を聞きながら深く頷く観客に「変態しかいないよ!」(おっぱいでか美さん)、「どうしよう…事故の匂いしかしない」(弓岡さん)という事態に。

その後は、たびたび話題は逸れながらも、アニメの制作現場の話やゲーム「BHIKKHUNI」の最新情報が公開され、異様な熱気の中トークは終了。トークが盛り上がりすぎて上映する時間がなかった「BHIKKHUNI」のオープニング映像が流されて、イベントは終了しました。

なお、退場する観客を待ち受けていたのは、表現が過激すぎてマチ★アソビ限定バージョンになってしまったという「パイ拓」スタンプラリー。観客は長蛇の列をつくりつつ、ひとりずつていねいにスタンプを押して会場を後にしていました。