新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン

谷山&岡本が初参加!「AD-LIVE」埼玉公演レポ

2016年01月27日 12:15配信
谷山&岡本が初参加!「AD-LIVE」埼玉公演レポ

DVD「AD-LIVE 2015 第3巻 梶裕貴×名塚佳織×鈴村健一」より

出演者のキャラクターもセリフも、すべて“アドリブ”で紡がれる90分間の舞台劇「AD-LIVE(アドリブ) 2015」が、東京・埼玉・大阪で開催されました。

今回は、2015年10月10日(土)と11日(日) に三郷市文化会館大ホールで行なわれた埼玉公演の様子を紹介します。

12日の出演者は、梶裕貴さん、名塚佳織さん、鈴村健一さんの3人。物語の舞台となるのは、初めて出会った2人を友達にすることを目的とした会社「トモダチファクトリー」です。

この日「トモダチファクトリー」にやって来たのは、名塚佳織さんが演じるふくよかな女性・田所文と、梶裕貴さんが演じる女性嫌いの内気な青年・清野福満。2人は“生涯の友達”となるため、「トモダチファクトリー」の担当者である最上(鈴村健一さん)と共にプログラムを経て絆を深めていくことに。

舞台上には、福圓美里さんから借りたというデブスーツを身にまとった食いしん坊キャラの名塚さん、そして女性が苦手というキャラで登場した梶さん。2人の凸凹感が全編を通して実にピッタリとストーリーにはまります。

名塚さんは、あっけらかんとした笑い上戸のキャラに重すぎる過去設定を入れ込んで、「(不幸の)レベル高い…」と梶さんをうろたえさせる一幕も。この梶さんの動揺は、役の反応としても、“その設定を受け止めきれない”という梶さん本人のリアクションとしても成立していて、観客には2倍面白い展開になりました。

そしてクライマックス、同社の社員と思われる人物から向けられた拳銃で、最上が凶弾に倒れてしまいます。地下へ逃げ込む田所と清野。しかし、そこには時限爆弾が! フロアには定員1名のシェルターのみ…。残るひとりが助かるには、ゲームに正解しなくてはなりません。

爆発の時間が迫る中、清野はとっさに田所をシェルターへ押し込めます。この時の2人の“アドリブワード”を投入するタイミング、言い方、さらにはその後のフォローのすべてがハイレベル。時限爆弾のリミットが迫る中、田所を無理やりシェルターに押し込め、「僕が絶対に――!」と感動的に叫ぶ清野。続くワードは、まさかの「あの、目つぶししてもいいですか!?」で会場は大爆笑の渦に包まれます。そこで、「危ないところを見ててほしくないんです!」という機転を利かせた梶さんの対応の素晴らしさは必見です。

この後、決死の覚悟でゲームに挑んだ清野。数々の試練を乗り越え、田所と清野は果たして「友達」になれたのでしょうか。

――――――

11日の出演者は、谷山紀章さんと岡本信彦さん、鈴村健一さんの3人。

気弱でオドオドした青年・岡村笑太郎(岡本さん)と、タンクトップにヒョウ柄の短パンという男性・林賢太郎(谷山さん)が「トモダチファクトリー」を訪れました。岡村は、林の外見に苦手意識を抱いていましたが、最上の用意したプログラムをこなしていくうちに、徐々に心を開いていきます。

しかし、ミニゲームのロシアンルーレット中に林の持つ拳銃が暴発し、最上の胸を撃ち抜いてしまう惨事に。同時に鳴り響くエマージェンシーコールに追い立てられるように、林と岡村は地下へ逃げ込みます。

「AD-LIVE」の面白いところは、あらすじは同じでも、出演者が変わればすべてが変わるところ。ネクラキャラの岡村と押しが強くも気の優しい林は、何とも癒される組み合わせ。岡村が、“自分をいじめた人間はだいたいヒョウ柄を着ていた”などの設定を持ち込めば、林も“実は同性愛者”というキャラ造形を持ち込んで、禁断の恋の予感を醸し出す場面も。

また、林は「自分の正体を知ってもバカにしたりしない、本当の友達がほしい」と告白。序盤のカミングアウトからラストにかけて、2人の心が通じ合っていく流れはさすがといえます。

さらに、ミニゲームで一度も風船を割れないへっぽこぶりを証明した岡村に対し、林は好みのタイプに岩田光央さんを挙げるなどファンサービスもたっぷり。もちろん、“アドリブワード”も大活躍で、林の説得によってシェルターに避難した岡村が引き当てて、林に叫んだアドリブワードは「愛してるぜ相棒ー!」。この奇跡的な引きに、アドリブ舞台ならではの醍醐味を見せつけられた観客は拍手喝采でした。

ちなみに、谷山さんと岡本さんは、揃って「AD-LIVE」初参加。エンディングで岡本さんは、「本番一週間前から夢に出てきてうなされました(笑)」と初々しい告白もありました。谷山さんからも、「緊張したよ!」と声が。ホッと気が抜けた瞬間のホンネが聞けました。

「AD-LIVE 2015」の面白さがつまった「第3巻 梶裕貴×名塚佳織×鈴村健一」「第4巻 岡本信彦×谷山紀章×鈴村健一」は、2月24日(水)発売です。

■「AD-LIVE 2015」

 第3巻 梶裕貴×名塚佳織×鈴村健一

 第4巻 岡本信彦×谷山紀章×鈴村健一

発売:2月24日(水)

価格:アニメイト限定版…各 税別8000円/通常版…各 税別7500円

リンク:「AD-LIVE 2015」サイト