新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン

時間とともに変化する石浜真史のスター・ウォーズ目線

2016年02月01日 17:13配信
時間とともに変化する石浜真史のスター・ウォーズ目線

illustrated by 石浜真史

(C)2015Lucasfilm Ltd. & TM. All Rights Reserved.

ついに公開が始まった映画「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」。WebNewtypeでは、これを記念して毎回さまざまなクリエイターに「スター・ウォーズ」に関するイラストを描いてもらうリレー式コラム、その名も「マイ・スター・ウォーズ」を連載しています。 第14回にお迎えするクリエイターは、アニメーター・演出家の石浜真史さんです。

▼▼▼▼▼

子供の頃から親しんでいるシリーズ。ついに息子と見に行くとは! 感無量です。

スター・ウォーズは時間の流れも盛りだくさんで、師匠と弟子、プラス親子の関係が結構主軸になっていますよね。若い頃は当然子供や若者の目線で物語に乗っかって楽しんでいました。が!この年になるとエピソード4などヴェイダー卿目線で見てしまいます。ルークが息子といった感覚です。「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」。父の目線と子の目線が目一杯物語を楽しみました!【石浜真史】

■クリエイタープロフィール

石浜真史(いしはま・まさし)/アニメーター・演出家。「R.O.D -THE TV-」「SPEED GRAPHER」をはじめさまざまな作品のキャラクターデザイン・作画監督をてがけ、2012年「新世界より」にてテレビシリーズ初監督を務める。また、劇場作品初監督となる「ガラスの花と壊す世界」が、現在全国劇場にて公開中。テレビアニメ「僕だけがいない街」のエンディング原画をすべて一人で手がけている。愛称はハマティ。

■「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」

リンク:みんなのスター・ウォーズ