新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン

データで証明された“安定の高野麻里佳”の実力とは【マチ★アソビ Vol.16】

2016年05月10日 15:52配信
データで証明された“安定の高野麻里佳”の実力とは【マチ★アソビ Vol.16】

アニメビジエンス&ガリガリ Presents 出張版NED「数字で分析!?声優とアニメの深―い関係」の様子

5月3日(祝)から5日(祝)に徳島市で開催された「マチ★アソビ Vol.16」。5日のufotable CINEMA Theater1で、アニメビジエンス&ガリガリ Presents 出張版NED「数字で分析!?声優とアニメの深―い関係」が行われました。

このイベントには武者慶佑さん(株式会社シェアコト:アニメコンテンツマーケティング プランナー)、林龍太郎さん(博報堂 ガリガリ編集部 編集長/コンテンツディレクター)、ゲストとして高野麻里佳さんが出演。司会をまつもとあつしさん(ジャーナリスト・コンテンツプロデューサー)が務めました。

Twitterで特定のワードが何回ツイートされているかを調べている武者さん。まずは今期の注目アニメとして高野さんもペトラ役として出演している「Re:ゼロから始める異世界生活」のグラフを紹介。他作品との比較を見れば一目瞭然で、第1話の放送から調査日(第4話終了時点)までの安定したツイート数には驚きの声が上がっていました。

さらに、「高野麻里佳」や愛称の「まりんか」、代表作「それが声優」のツイート数も紹介。名前と愛称はやはりキャスト発表や演じたキャラクター関連の話題があった日に急増していて、データを裏付ける形でその日の出来事やユーザーの動きの傾向を分析していきます。

「それが声優」のグラフも安定しており、アニメ作品に安定して良い影響を与える“安定の高野麻里佳”の実力がデータ上で証明されると、高野さんはちょっと照れくさそうにしながらも喜んでいました。

林さんによると広告代理店の立場からも今回のようなデータは興味深いそう。声優ファンやアニメファンはデジタルリテラシーが高く拡散力がとても強いため、ブランディングも可能とのこと。

また、高野さんが「それが声優」に出演したことで起きた変化や、「ゴー☆ジャス動画」に出演しての影響についても語ってくれました。会員数20万人を誇る「ゴー☆ジャス動画」は、アニメファン以外の若い層への影響も大きいようです。

声優の力で作品の人気が左右されるかという単刀直入な質問については、影響を与えるのは声優に限らず、スタッフみんなの熱量によるものであり、あくまできっかけのひとつだと思いますと高野さん。一方で林さんはスマートフォンのゲームや広告については、アニメに比べて声優の影響力が大きいとのことで、今後も注目を集めそうです。

最後に高野さんは、声を当てるお仕事以外にもいろいろやらせてもらっていることへの感謝を述べ、新しい宣伝方法を活用してもっともっとアニメを知っていただく努力をしたいと意気込んでいました。【取材・文=千葉研一】