新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン

MONACAの田中秀和と広川恵一が青空の下で裏話トーク【マチ★アソビ Vol.16】

2016年05月11日 12:39配信
MONACAの田中秀和と広川恵一が青空の下で裏話トーク【マチ★アソビ Vol.16】

「MONACA(田中秀和・広川恵一) in マチ★アソビ」の様子

5月3日(祝)から5日(祝)に徳島市で開催された「マチ★アソビ Vol.16」。4日の新町橋東公園で、「MONACA(田中秀和・広川恵一) in マチ★アソビ」が行われました。

このステージには、サウンドクリエイター集団・MONACAに所属している新進気鋭の作曲家の田中秀和さんと広川恵一さんが登壇。MCを務めたDeNAの岡村直哉さんが質問する形で、作曲に関することや4月30日(土)に開催された「MONACAフェス2016」の舞台裏など、さまざまなことが語られました。

まずはジャブという感じで、田中さんと広川さんがMONACAに入った経緯が話題に。広川さんは普通に履歴書とデモテープを送ったそうで、田中さんは神前暁さんがmixiでアシスタントを募集していたのがきっかけとのこと。しかも、音源を送ったら神前さんから連絡がきて神戸牛をごちそうになったらしく、“神戸牛につられて入社した”ことを否定しませんでした。

さらに、影響を受けたアーティストやそれぞれの作曲の仕方などを語っていきました。作曲については2人ともイメージやコンセプトを大事にしているとのことで、重要度で言えば6〜7割はコンセプトだと断言。それが作品やキャラクターにマッチした楽曲を生み出すポイントのひとつと言えるでしょう。

MONACAと言えば、代表の岡部啓一さんを筆頭に才能豊かなクリエイター揃い。そのメンバーについて、入社した時には誰から教わったのか、普段はどういう感じなのかなど、2人だからこそ話せるトークも次々と飛び出します。ちなみに、田中さんは主に岡部さんから教わり、広川さんは所作を岡部さんから、テクニカルな部分を神前さんから学んだそうです。

当然、お互いの印象も聞かれ、広川さんは田中さんについて才能に加えて表裏のない人に好かれる人柄を挙げます。対して、田中さんは広川さんの食レポの下手さを暴露しつつ、打ち込みで生演奏のようにするテクニックがものすごく上手だと語っていました。

「MONACAフェス2016」に関する話題としては、そもそもなぜ会場が大宮ソニックシティだったかが明らかに。豪華出演者や内容が固まる前に会場を決めたため、MONACAの純粋なファンだけだと規模がわからなかったというのが真相のようです。第2弾があるならステージに立って演奏してみたいと2人とも口にしていたので、ぜひ期待したいところです。【取材・文=千葉研一】