新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン

初の生バンドにPileも思わず「超楽しー!」Pile SPECIAL LIVEレポート

2016年06月06日 14:06配信
初の生バンドにPileも思わず「超楽しー!」Pile SPECIAL LIVEレポート

“Pile SPECIAL LIVE !!!「P.S.ありがとう...」”より

Photo by 佐藤学

5月22日(日)、PileさんがTOKYO DOME CITY HALLで“Pile SPECIAL LIVE !!!「P.S.ありがとう...」”を開催。1週間前まで全国で行われた“Birthday Party!!!”を経てのフルライブに大歓声が湧きました。

今回のライブは、Pileさんにとっても生バンドを従えての初のワンマンライブという特別なもの。1曲目を飾った「チェックメイト」のイントロにあわせて登場したPileさんの「TOKYO DOME CITY HALLいくよー!」とのシャウトから、その気合いの入り方は十分に伺えます。

3曲続けての披露からのMCでは、挨拶とともにホールの端から端まで全面へと手を振るPileさん。彼女を象徴する色・ピンクのペンライトが輝く光景と響き渡る歓声を目の当たりにして大感激の様子でした。そのほころんだ表情と、歌唱中のキリッとした表情とのギャップもまた魅力的に映ります。

その後は再び、発売されたばかりのニューシングルのカップリング曲「angel song」など生バンドならではの音圧響く、熱気に満ちた楽曲を力強く披露。その感触を、のちのMCでPileさん自身も「超楽しーです!」と語っていました。

「Not Alone」「雪降る夜」などしっとりとしたナンバーのゾーンや、誕生日当日の“Birthday Party!!!”のオフショットムービーなどの上映を挟み、衣装チェンジして登場したPileさん。今度はダンサー2人を引き連れて、キレのあるダンスとともに3rdシングル「ドリームトリガー」などを次々と披露。最前に立ちながらダンサーと見事にシンクロした振付も随所に見られ、そのスキルの高さを改めて感じられました。もちろん、歌声も凛々しさと力強さを兼ね備えたものであることは変わりありません。そんな中でも、間奏でふとイヤーモニターを外し、ファンの歓声を感じることは忘れませんでした。

MCを挟んでも、その勢いは止まりません。今度はタオル曲「HANABI!!」など、よりファンと一体となって盛り上がれる楽曲を続けます。Pileさん自身も手にしたタオルを振り上げたりとその盛り上がりの先頭に立ち、最高潮の盛り上がりを演出します。

再び降壇したPileさんは、バンドのインストを挟んで手にサインボール入りのバズーカを携えて登場。カバー曲「空色デイズ」に乗せて、バズーカや手投げでそのサインボールをファンへとプレゼント。曲の終盤には客席に大きなバルーンも投入され、さらなる盛り上がりを見せます。

ラスト2曲を迎えたところで、Pileさんからは次の曲がこの日のライブタイトルにも冠した「P.S.ありがとう...」であることが告げられます。そしてファンへのお願いが。それは、自らが脚光を浴びるきっかけとなったユニット活動での日々を振り返り、最後のサビでは、

9色の中から思い思いのお気に入りの1色を灯してほしいというものでした。その最後のサビ、会場の光は偏りなくきれいに9色に分かれます。Pileさん自身も想いをたっぷり込めて、穏やかな表情で優しくこの曲を歌い上げました。そしてラスト曲「いつかキミに届ける世界」を歌いきったPileさんは、ステージ上手へと颯爽と走り去っていきます。

照明が落ち、会場にアンコールの声が響くとPileさんが再登場。「キミがくれたKISEKI」の頭サビを歌い上げると、「アンコールありがとう!」とファンへ礼の言葉をひと言。さらにMCを挟み、この日初披露の爽やかかつ雄大な新曲「花と翼」と、発売されたばかりの新曲「Melody」を披露。生バンドだからこそもたらされた爽快感の増したサウンドには、ファンも高まったまま歓声を挙げていました。

しかし、ファンからの声援はまだまだ収まらず、Pileさんがステージを降りた後もホールに響く「もーいっかい!」の声に応えて、再びPileさんが登場。クラップとともに「Sweet My Song」を歌うと、続けてインディーズでの初リリース曲「Your is All...」を、さらにはメジャー・デビュー曲「伝説のFLARE」を次々と歌唱。さながら彼女のここまでの道のりを振り返るかのような流れの構成でした。

曲明け、ファンに向けて言葉を紡ぐ彼女。と、その後ろのメインモニターに突然「特報!」の文字が。その内容は、なんと10月からのアジアツアーに、12月の東京2Days公演、さらに2016年1月1日にTOKYO DOME CITY HALLでのライブ開催! これはPileさんにも知らされていなかったようで、彼女自身も驚きの声を上げます。そんな発表を受けて、最後の最後にもう一度「Melody」を披露。直前の喜びも乗り移ったのか、歌声の伸びやかさがさらに増したような印象もありました。

こうしてライブは無事幕を下ろしたかと思いきや、Pileさんの降壇後に、今年の秋に5thシングルが発売されることがサプライズ発表! 最後の最後まで驚きと喜び満載の、タイトル通りのスペシャルなライブで、この先の彼女の活動にもより期待が高まるライブとなりました。【取材・文=須永兼次、写真=佐藤学】

“Pile SPECIAL LIVE !!!「P.S.ありがとう...」”

2016.05.22@TOKYO DOME CITY HALL

<セットリスト>

M1.チェックメイト

M2.Dream of Princess

M3.ヒカリフライト

【MC】

M4.angel song

M5.EGOIST

M6.Black Butterfly

【MC】

M7.Not Alone

M8.雪降る夜

M9.恋する惑星

<Off Shot Movie>

M10.Furuwasete

M11.ヴァンパイア革命

M12.ドリームトリガー

【MC】

M13.金糸雀

M14.HANABI!!

<BAND TIME>

M15.空色デイズ(カバー)

M16.NEXT WORLD

M17.一歩先へ

【MC】

M18.P.S.ありがとう...

M19.いつかキミに届ける世界

【アンコール】

EN1.キミがくれたKISEKI

【MC】

EN2.花と翼(新曲)

【MC】

EN3.Melody

【Wアンコール】

WEN1.Sweet My Song

WEN2.Your is All...

WEN3.伝説のFLARE

【MC】

WEN4.Melody

リンク:Pile 公式サイト