新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン

富田美憂のぐーたらな演技は必聴!マチ★アソビvol.17「ガヴリールドロップアウト」トークショー

2016年10月14日 06:00配信
富田美憂のぐーたらな演技は必聴!マチ★アソビvol.17「ガヴリールドロップアウト」トークショー

「ガヴリールドロップアウト」トークショーに登壇した山下愼平プロデューサー、原作者のうかみさん、ガヴリール役の富田美憂さん、宣伝担当の弓岡雅子さん

10月8日(土)から10日(祝)に徳島市で開催された「マチ★アソビ Vol.17」ラストラン。8日の新町橋東公園ステージで「ガヴリールドロップアウト」テレビアニメ化記念スペシャルトークショーが開催されました。

「コミック電撃だいおうじ」にて連載中の「ガヴリールドロップアウト」は、天使学校を主席で卒業したガヴリールが、人間界で多くの娯楽に魅了され、ぐーたらな自堕落生活を送ってしまう様子を描いた作品。このステージにはガヴリール役の富田美憂さん、原作者のうかみさん、KADOKAWAの山下愼平プロデューサーが登壇。MCは本作の宣伝を担当しているKADOKAWAの弓岡雅子さんが務めました。

まずは、作品の内容やキャラクターを紹介。うかみさんはネットゲームを熱心にプレイしていた時期があり、そんな自分をかわいい女の子でやってみたら面白いのでは、という発想が本作誕生のきっかけで、実は「ガヴリール=うかみさん」だったようです。ガヴリールの身長が144cmなのはうかみさんの好みなのでは?といった疑惑も飛び出します。

さらに、他のメインキャラクターのことでは、演じるキャストも話題に。富田さんによると、悪魔の女の子であるヴィーネ役の大西沙織さんは本当にお姉さんのように面倒見がいいそうです。また、ドSな天使であるラフィエルを演じるのは花澤香菜さん。花澤さんによるドSなセリフはお楽しみにとのことでした。

続いては、山下プロデューサーからアニメ化するに至った経緯が語られました。もともと、“太田雅彦監督&動画工房”という座組で日常系アニメを作りたいと考えて作品を探していて、本屋で10冊ほど表紙買いをした中から、「ガヴリールドロップアウト」の表紙のかわいさに目が止まったそうです。

そんな経緯でアニメ化が決まった本作ですが、日常系アニメの最強スタッフが集結したことを聞いて、うかみさんはその時食べていた焼肉の味がわからなくなるぐらい驚いたと振り返っていました。

また、うかみさんは浜松在住ということで作中には浜松の描写が多数登場。そこはアニメでもしっかり再現するために、美術監督と山下プロデューサーで現地取材を行ったとのこと。しかも、山下プロデューサー個人所有のドローンも使って取材したそうで、空からのカットは注目してほしいとアピールしていました。

今回、メインキャラ4人はすべてオーディションで決定。うかみさんもオーディションに立ち会い、100人~200人ぐらいを全員聞いて決めたといいます。そして、富田さんがガヴリール役に決まった理由も明かされました。

富田さんはセリフ部分だけでなく、最初に入ってきた時から“役”で挨拶していて、ガヴリールのようなすごくだらけた挨拶が衝撃だったとのこと。そんなエピソードも含めて、富田さんの“一日中ぐーたらしてそうな声”はまさにガヴリールそのものだったようで、満場一致で決定。実は、富田さんはお母さんからも“お前そのものだ”と言われていたらしく、本当に適役と言えそうです。

声をぜひ聞いてみたくないですか、ということで、急遽ステージに置かれていたガヴリールの等身大スタンディの後ろから富田さんがセリフを披露。そんな富田さんは現在16歳。アフレコ現場では他のキャストがお姉さんのように優しく接してくれるらしく、“16歳”ということにやたら食いつく人もいたと笑っていました。

その後は、今回の「マチ★アソビ」で販売されたパティスリーコンチャさんによるスペシャルコラボケーキが登場したり、グッズ紹介で使われたパネルに富田さんとうかみさんがサインをして、それを賭けたじゃんけん大会を実施。

最後に初出し情報として、テレビアニメ「ガヴリールドロップアウト」が2017年1月より放送スタートすることが発表されました。また、12月18日(日)には、メインキャラ4人が出演する第1話先行上映会も開催されます。【取材・文=千葉研一】