新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン

求めるのは“夢がある”人! フライングドッグ・福田正夫プロデューサーインタビュー

2016年11月02日 18:55配信
求めるのは“夢がある”人! フライングドッグ・福田正夫プロデューサーインタビュー

フライングドッグ・福田正夫プロデューサー

アニメ音楽業界の老舗レーベル・フライングドッグの音楽プロデューサーとして、坂本真綾さんをはじめとする人気アーティスト、そして「ケロロ軍曹」や「幸腹グラフィティ」、「あまんちゅ!」など、アニメ作品の主題歌や劇伴などをプロデュースしてきた福田正夫さん。今回、これまで手がけた仕事を振り返る中で、自身が行なってきた数々のチャレンジとその意図、そして“フライングドッグとはどういう会社なのか”についてインタビューしてきました。

――福田さんが最近関わられた作品だと、まず「マクロスΔ」が挙げられると思います。音楽面から振り返ると、第1・2クール目でだいぶサウンドの毛色が違う印象がありました。

福田:河森(正治)総監督が「マクロスは、常に後ろを振り返ってはいけない」という考えをお持ちなので、僕が勝手に「Δの第2クール目は、第1クール目と同じ音楽を作っちゃいけないな」と考えて、毛色の違うさまざまな作家の方々にお力を貸していただいたんです。

――聴く側からの反響も大きかったかと思います。

福田:そうですね。ラゾーナ川崎での初イベントの盛況ぶりを観て、「少なくともマクロスの歴史に泥を塗ることはなかった」とホッとしました。河森総監督もその人の数を見て、僕に「菅野(よう子)さんの後だったんで不安もあったけど、福田さんのおかげで、これだけワルキューレが盛り上がったのを今日実感できました。本当にありがとうございます」と言ってくれて……なんだか、泣けてきちゃいました。

――その後、現在放送中の「終末のイゼッタ」も手がけられています。

福田:オリジナルアニメなので、予告編を観ただけでイメージが湧くくらいに強烈な個性を音楽で出したくて。アニメ制作側からも「今までアニメの音楽をやったことがない新鮮な人を」と言われ……いやぁ、探しましたよ(笑)。でも、たまたま未知瑠さんのソロアルバムを買って聴いたら、その瞬間に「あ、これだ!」っていうくらい「イゼッタ」の景色が見えたんですよね。放送が始まってからも音楽が評判になってくれて、作品の個性にもなっているという意味では、ひとつ目標を達成できたと思っています。

――一方、最近の作品以外で福田さんの中で特に印象に残っている作品を挙げるなら?

福田:特に「ARIA」シリーズが、いちばん自分のやりたいことをやれた作品だと思っています。というのも実は僕、ユーザーとしてはブラジル音楽が専門で、佐藤順一監督に「このユニットでボサノヴァみたいな音楽をやりたいんです」と、Choro Club feat.Senooさんを提案して聴いてもらって、それで気に入って採用してもらえたんです。しかもあの作品のサントラって、実はものすごく売れまして。それくらい皆さんに評価もしていただけた……というところも含めて、すごく本望なお仕事でした。

――お話を聴いていると、すごく熱意を込めてやりたいことに取り組める環境のように感じました。そして今回、フライングドッグでは新たにスタッフを募集されていると伺いましたが。

福田:そうですね。改めて考えると、フライングドッグってとても自由度の高い会社なんだな、と思います。だから、今回の募集を通じて「やりたいことがいっぱいありすぎて困っています!」という人に来てほしいですね。それと同時に、“作品至上主義”な伝統も持ち合わせた会社でもあると思うんですよ。

――そこはまさしく、レーベルの個性なのでしょうか。

福田:そうですね。常にアニメ作品にとってのベストを考えて音楽を作るところは、この会社の魅力だと思います。……あ、あと今回は制作だけでなくプロモーターも“急募”していまして(笑)。

――こちらは、どんな方に向いていると思われますか?

福田:頭の柔らかい人でしょうか。ほんの一例ですが、うちの宣伝には六本木ヒルズを借り切ってゲリラライブを敢行したり、自衛隊の戦艦を借りてプロモーションビデオを制作したりと破天荒なアイデアを具現化した者もいれば、プロモーターが関根勤さんのラジオ番組をCD化して発売するなど、宣伝と制作の垣根を越えた仕事ができる土壌もあります。また、ご存知のように海外もビジネスのターゲットですし、仕事で海外に行く機会も多くなると思います。それこそやりたいこともやり方も無限大なんですよ。

――なるほど。そして今回驚いたのが、声優マネージャーの募集でした。

福田:今回フライングドッグとビクターグループ内のプロダクションとが共同で、声優や声優アーティストに特化したE-STONE MUSICという事業部を作りまして。すでに第1号として「マクロスΔ」でヒロインを演じている鈴木みのりが所属しているんですが、さらにいろんな声優さんに所属して活躍していただきたくて、営業能力のあるマネージャー募集に踏み切りました。ほかのレコード会社系の声優事務所さんとまったく同じで、他社作品やキャラソンでもどんどん活躍してほしいと思っているのですが、同じグループ内で取り組むことでレコード会社と事務所とが同じ方向性を向ける、というメリットはあると思っています。

――では最後に、制作マンの立場として改めてレーベルスタッフに求めるものをひと言お願いします。

福田:さっきもチラッと言いましたけど、「確固たるやりたいことがある人」ですね。それをたくさん持っている、恥ずかしい言葉でいうと「夢がある人」。「そんなことできるわけないよ」くらいのことを「でもやってみたいんです!」と言える、スケールの大きい人とご一緒したいですね。【文=須永兼次】

■福田正夫

フライングドッグ音楽制作部長。現在放送中の「終末のイゼッタ」を担当している他、「マクロスΔ」や「ケロロ軍曹」、「幸腹グラフィティ 」など、数々の作品の音楽プロデュースを手がけた。

リンク:フライングドッグスタッフ募集要項ページ

   :フライングドッグ公式サイト