新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン

7000人と叫んだ「We are i☆Ris!」メンバー感涙のi☆Ris武道館ライブレポート

2016年11月28日 15:28配信
7000人と叫んだ「We are i☆Ris!」メンバー感涙のi☆Ris武道館ライブレポート

4年と18日で夢のステージである日本武道館に立ち、さらなる高みを目指すi☆Ris

11月25日(金)、日本武道館で「i☆Ris 4th Anniversary LIVE ~418~」が開催されました。

このイベントは、メンバー全員が声優であり、アーティストでもあるi☆Risのデビュー4周年を記念したライブ。さらに、これまでメンバーが各所で目標として語ってきた日本武道館が会場ということで、サプライズあり、新発表ありのスペシャルな公演となりました。

ライブは久保田さんの「ここ、どこだろう?」という台詞にファンが全力で「武道館!」と返すこの日ならではのコール&レスポンスで始まった「幻想曲WONDERLAND」から。さらにデビュー曲「Color」と「ミラクル☆パラダイス」をいつも以上のテンションでパフォーマンスし、賑やかに幕を開けました。

恒例の自己紹介後に「世界で一番熱い場所にしましょう」(山北さん)の言葉から始まったのは、傘を使った振り付けが印象的な「YuRuYuRuハッピーデイズ」、一転して太陽をモチーフにした「徒太陽」とストーリー性の強い流れ。

続けて、モニターにメンバーが主演するテレビアニメ「プリパラ」のファルルとミニファルルから応援メッセージが届くと、彼女からのリクエストで「Love friend style」を披露。同曲が歌われたアニメ本編の映像を背負ったパフォーマンスで、i☆Risの声優としての側面を見せつけます。

4年の間に多数撮られたオフショットをつなげだムービーが終わると、メンバーは多数のボールをスカートに付けた個性的な衣装に着替えてステージへ。「i☆Doloid」などアッパーチューン3曲のメドレーで会場を暖めると、彼女たちを武道館へ導くきっかけとなった1曲と言っても過言ではない「Make it!」から、「プリパラ」&「プリティーリズム」楽曲で固めたラストスパートへと突入。最後はこの日のセットリストを決めるときに6人で満場一致だったという「Goin'on」で、余韻を残して本編を締めくくりました。

響き渡るi☆Risコールに応えて再登場したメンバーは、人気曲「Happy New World☆」に続けて、最新曲「Dairy Berry」を初披露。そしてアンコールのハイライトとなったのは、スタッフやファンへの感謝を込めて歌われたバラード「ayatsunagi」。ここで「祝 日本武道館公演おめでとう」の文字と、今年の全国ツアー中にファンから募ったメッセージが書かれたビッグフラッグがサプライズで掲げられると、感極まったメンバーは次々に涙を見せます。

ライブの最後を飾ったのは、普段はあまり意見を言わないという茜屋さんが、「どうしても最後に歌いたかった」と選んだ「ドリームパレード」。「君とならどこまでも行けるよ」の歌詞の通り、ファンと共にさらなる舞台を目指すi☆Risらしい力強さで記念ライブを締めくくりました。

なおアンコール中には、1月から「プリパラ」新オープニング曲となる14thシングルの2017年3月発売や、4月9日(土)の千葉公演を皮切りに、全国9か所を巡る3rdツアーも発表されました。“ずっと前から憧れてたステージ”での公演でも「もっと大きな会場で感動させちゃうから!」「うちらは止まる気ありませんから!」と、リーダーの山北さんが高らかに宣言していたように、i☆Risの快進撃は止まることはなさそうです。【取材・文=はるのおと】

<「i☆Ris 4th Anniversary LIVE ~418~」セットリスト>

01.幻想曲WONDERLAND

02.Color

03.ミラクル☆パラダイス

04.YuRuYuRuハッピーデイズ

05.徒太陽

06.Love friend style

07.Defy the fate

08.イチズ

09.鏡のLabyrinth

10.Vampire Lady

11.Re:Call

12.i☆Doloid~Dream☆Land~わくドキしたいっ!(メドレー)

13.Make it!

14.§Rainbow

15.Realize!

16.Goin'on

EN1.Happy New World☆

EN2.Dairy Berry

EN3.ayatsunagi

EN4.ドリームパレード