新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン

【3時間動画あり】ゼロ話切り撲滅を目指す!アニメPV一気観イベント、第2回目の2017年冬アニメ44本も大好評!

2016年12月29日 22:28配信
【3時間動画あり】ゼロ話切り撲滅を目指す!アニメPV一気観イベント、第2回目の2017年冬アニメ44本も大好評!

「信長の忍び」はつづきみ第1回で大きな成果を上げた1作と呼べるだけでなく、実際の評価も高い1本

(C)重野なおき/白泉社・信長の忍び製作委員会

テレビアニメシリーズの来るべき新クールゼロ話切りを撲滅しよう!との思いから立ち上げられたイベント「僕たちは新作アニメのプロモーション映像を3時間かけて一気観をしたらどのくらいつづきをみたくなるのだろうか?」、通称「つづきみ」が、12月27日(月)に、J-SQUARE SHINAGAWA(品川)で開催されました。

9月に開催された第1回に引き続き、第2回目のメインMCはニッポン放送の吉田尚記さんが、アシスタントはタレントの結さんが担当。元アニメ!アニメ!編集長の数土直志さんとAnime Now!編集長のRichard Eisenbeisさんも前回同様にコメンテーターを務めました。第1回がなければ「競女!!!!!!!!」は見なかった!と力説したのは吉田さん。資料だけで判断するのではなく、PVを見ることがいかに大事であるかを実感したようです。

今回はオープニングアクトにMYTH & ROIDが登場。「Re:ゼロから始める異世界生活」のオープニング主題歌「Paradisus-Paradoxum」を生パフォーマンスしました。2017年1月クールでは「幼女戦記」のオープニングを担当する彼らは続けて、インダストリアルロックを取り入れたバトルソングに仕上げたという「JINGO JUNGLE」を熱く披露しました。

PV上映はそのままの流れで「幼女戦記」からスタート。実はシリーズ構成の猪原健太さんが結さんの大学の先輩だということで、結さんは興奮気味に学生時代当時を述懐するひと幕も。

PV上映は続き、つんく♂さんがOP&EDのサウンドプロデュースを担当することで注目を浴びた「アイドル事変」や、天野明さん原作の「elDLIVE」、待望の2期放送となる「この素晴らしい世界に祝福を!2」、「アニメ好きな人は自転車が好きです」と吉田さんもコメントした「弱虫ペダル NEW GENERATION」など次々と作品が上映されると、会場もそれに合わせて空気が変わっていました。

科学アドベンチャーゲームが原作のテレビアニメ「CHAOS;CHILD」PV上映の際にはゲストとして来栖乃々役のブリドカットセーラ恵美さんも登場し作品をPR。5pb.志倉千代丸さんの大ファンで、千代丸さんのすべてのゲームをプレイしてきたというRichardさんは、ルート分岐が肝になる本作が、アニメではどのルートが選択されるのか気になっている、と興奮気味に話しました。

「ちょぼらうにょぽみ劇場第三幕あいまいみー -surgical friends-」のいまざきいつき監督もゲスト登壇。「控え室でレイアウトを描いていた」といういまざき監督は「あー忙しい」と忙しいアピールをして笑いを取りながらステージへ。Webコミックで配信連載されている本作はテレビアニメ第3期目。シュールで狂気的な絵作りが特徴で、特別編集のPVでも冒頭からPP○Pのオマージュという飛ばしっぷりで会場の度肝を抜いていました。

今回の上映を通じて、吉田さんはオノ・ナツメさん原作の「ACCA13区監察課」が視聴確定したとのこと。「カウボーイビバップ」や「サイコパス」が好きという吉田さんはビジュアル面以上に、PVで流れた渋いジャズ調のBGMにやられたようでした。

結さんは、横槍メンゴさん原作・ノイタミナで放送となる「クズの本懐」を推しており、「このマンガが好きな人とは全員友だちになりたい…」と熱弁。また、鍵っ子(Keyファンの呼称)として「Rewrite」に対して、ヒロイン毎に違うシナリオライターが執筆し、作風もガラリと変わったというゲームをどう映像化してくれるのか、楽しみにしています、と語りました。

「80になる父にも勧めたい勢い」。名プロデューサー・丸山正雄さんがプロデュースするテレビアニメ「鬼平」に対する期待をそう表現した数土さんは、「血しぶきが飛ぶのが好きなので、『幼女戦記』がど真ん中。だけど、トータルでは『ACCA13区監察課』が1番かもしれない」とコメント。

Richardさんは、TRIGGERの吉成曜監督作品の「リトルウィッチアカデミア」と「CHAOS;CHILD」をオススメにあげつつ、「冬アニメは強いクールになりそうです」と評しました。

重野なおきさんの4コマコミックを大地丙太郎さんが監督した「信長の忍び」は2017年1月から2期目。第1回目で吉田さんも結さんも虜になり、「テンポの良さにドンドンハマっていって、原作漫画も全部買っちゃいました」(結さん)と引き続き2人は猛プッシュ。「水瀬いのりさんの代表作のひとつと言ってもいい」(吉田さん)というコメントも飛び出すほど。大地監督から密書ことお手紙が届く両想いぶりで、更に新シーズンへの期待を募らせました。

2時間30分で44本のPVを見終わったところで、会場と中継していたニコニコ生放送ではアンケート集計。吉田さんは「春アニメで会いましょう〜!」と早くも第3回の開催予告をしながら、イベントを締めくくりました。

1月から新しく放送が始まるテレビアニメは変わらず多いですが、PVを見ると実感するのはいかに趣向を凝らしたものばかりかということ。「どんなアニメなんだろう」と胸を躍らせながら、また新しい未知なる視聴体験を、一緒に楽しみましょう!【取材・文=細川洋平】

■アンケート開票速報■

視聴意向の伸び率の第1位は、主題歌を担当するMYTH & ROIDがオープニングアクトを飾った「幼女戦記」で、イベント後の視聴意向は85%。イベント前から57ポイントアップしました。

第2位はPVを観た吉田アナも音楽と世界観にほれ込んだ「ACCA13区監察課」、つづいて2月の放送が待ち遠しい「龍の歯医者」、いまざき監督が自身で作品プレゼンテーションを行った「ちょぼらうにょぽみ劇場第三幕あいまいみー -surgical friends-」、「うらら迷路帖」「鬼平」と多彩な作品が続きました。

■視聴速報■

第2回「つづきみ」はニコニコで3万人、Tokyo otaku modeで26万人と計30万人に視聴されました。