新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン

万策尽きた?SHIROBAKOスタッフが語る怖い話

2016年01月04日 17:12配信
万策尽きた?SHIROBAKOスタッフが語る怖い話

一番左からインフィニットの永谷敬之さん、P.A.WORKSの堀川憲司さん(写真はスタッフ&キャストトークショー中のもの)

2015年10月25日(日)、イオンモール幕張新都心グランドスクエア/豊砂公園で開催された「SHIROBAKO」秋祭りで、スタッフトークショーが行なわれました。

トークショーには「SHIROBAKO」のプロデュースを担当したインフィニットの永谷敬之さん、P.A.WORKSの堀川憲司さんが登場。矢野エリカ役の山岡ゆりさん、安藤つばき役の葉山いくみさんの司会で、「SHIROBAKO」やアニメの制作裏話が語られました。

最初の話題は、声優オーディションではどのような点が重視されるかについて。作品内でもオーディションの様子が描かれていましたが、判断基準は人によって千差万別とのこと。永谷さんはキャラクターの勘どころを押さえられているか、堀川さんはスタッフの演技の指示にどれだけ臨機応変に応えられるか、と重視しているポイントを挙げました。

また「SHIROBAKO」の場合は、監督の水島努さんによる他の作品と同様、テープオーディション(指定された台詞を声優が事前に収録した音声によるオーディション)でキャスティングされたとのこと。その際に水島さんは、声優さんごとにまとめられた、過去作の膨大なライブラリも参考にしていたことも明かされました。

続いて「SHIROBAKO」の作中アニメで実際に作りたいもの/作りたくないものを問われると、二人が作りたくないものとして声を揃えたのが「三女(第三飛行少女隊)」。一度発売が延期したDVD&BD第7巻のその理由は、実は特典として収められた「三女」第1話の制作が間に合わなかったためだったそうで、永谷さんは「あれをテレビシリーズでやるなら、どう考えても何回か総集編が入る」、堀川さんはP.A.WORKSで3Dを多用するのが初めてだったことを原因と語りつつ「業界に入って、万策尽きたのはあれが初めて」と「三女」の制作について戦々恐々と振り返りました。

「SHIROBAKO」を代表する台詞のひとつとなった「万策尽きた」。それに近い状況は二人とも過去に何度もあった様子。中でも客席の反応が大きかったのが「新世紀エヴァンゲリオン」最終回に関する話で、制作進行だった堀川さんもセルの色塗りに参加したそうです。他にも次々と飛び出すアニメ制作の苦労話に、会場から大きな労いの拍手が送られるなか、トークショーは終了しました。【取材・文=はるのおと】