新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン

「ホリミヤ」戸松 遥×小坂井祐莉絵×M・A・O×近藤玲奈による女子会インタビュー

2021年03月12日 19:00配信

堀 京子役:戸松 遥さん、吉川由紀役:小坂井祐莉絵さん、綾崎レミ役:M・A・Oさん、河野 桜役:近藤玲奈さんによるニュータイプ3月号の女子座談会。そこでは終わらなかった女子たちのおしゃべりをここでお届けします。

――現在好評放送中のTVアニメ「ホリミヤ」ですが、改めてそれぞれの役の印象を伺わせてください。
戸松 堀(京子)さんは演じていて親近感が湧く……というか、あまり演じようと思って演じていない役です(笑)。すごく女の子っぽい部分もあるんですけど、姉御気質というか、男勝りというか。歳の離れた弟の面倒を毎日見ていることもあってか、高校生らしからぬ貫禄があるところがあって、今の私にはそこが演じやすかったのかなと感じています。

堀京子を演じる戸松遥さん
堀京子を演じる戸松遥さん(C)HERO・萩原ダイスケ/SQUARE ENIX・「ホリミヤ」製作委員会

小坂井 (吉川)由紀ちゃんは、大人っぽくて面倒見がいい堀さんに面倒を見られる立場です。ふたりでいると、姉と妹みたい。性格はいつも元気で、「The女子高生!」ですね。私もどちらかというとそんな感じなので、自分の中に落とし込みやすかった役です。ただ、見た目と一番ギャップがある子でもあって、普段はガツガツ食いついていけるのに、いざというときには全然自分の内面を出せない繊細なところがあるんです。そこが人間らしくて、共感度が高くて、魅力的だなと感じています。

吉川由紀を演じる小坂井祐莉絵さん
吉川由紀を演じる小坂井祐莉絵さん(C)HERO・萩原ダイスケ/SQUARE ENIX・「ホリミヤ」製作委員会

M・A・O (綾崎)レミちゃんは見た目がとても可愛らしいので、あまりあざとくならないように意識して演じさせていただきました。あくまでナチュラルで、それでも周りから可愛いと思ってもらえる魅力を持った女の子だと感じました。あとは空気が読めて芯が強いところなど、内面の格好良さもあり魅力満載です(笑)。

綾崎レミを演じるM・A・Oさん
綾崎レミを演じるM・A・Oさん(C)HERO・萩原ダイスケ/SQUARE ENIX・「ホリミヤ」製作委員会

近藤 (河野)桜ちゃんはすごく大人っぽくって、落ち着きのある、クールで淡々とした女の子なのかと最初は思っていたんですけど、掘り下げてみると結構、頭の中でいろいろなことを考えているんです。外には考えていることを出さなくて、その分、心が豊かで繊細な子だと感じています。石川(透)との出会いをきっかけに自分の中で新しく芽生えてきた気持ちにちょっと戸惑いつつ、ワクワクする気持ちもありつつで、自分の感情をコントロールできなくなってしまうところもあって、そういうところは、ちょっと子どもっぽくて、微笑ましいですね。思わず応援したくなってしまうんです。

河野桜を演じる近藤玲奈さん
河野桜を演じる近藤玲奈さん(C)HERO・萩原ダイスケ/SQUARE ENIX・「ホリミヤ」製作委員会

――収録時のスタッフさんとのやりとりで、印象に残ったことはありますか?
戸松 石浜(真史)監督は、お芝居の話を具体的にしたわけじゃないんですけど、すごく楽しんで作品をつくっておられることが、空き時間の何気ないやり取りから伝わってきました。原作の先生方も収録を見てくださっていて、何か気になることがあればその都度アドバイスをくださって。
――それは具体的にはどのようなアドバイスだったんでしょうか?
戸松 堀さんは裏表がないですから、そんなに込み入ったものではないんです。「もうちょっと可愛く」だとか、細かい調整だけで、基本的には自由にやらせていただいています。後半の話数になると堀さんはギャグっぽい描写が増えて、中には思いっきりおもしろい感じで演じるシーンもあったんです。ちょっとやり過ぎたかな?と思うところでもOKをいただけて、のびのびと演じられました。
小坂井 私も監督とは、収録の前後のご挨拶くらいでしかお話しできていないんですけど、いつもニコニコと「今日もよかったよ」と温かく接してくださった印象です。実は最初のころの収録ではすごく緊張していたんですけど、監督の挨拶にはそれが緩和されるような空気がありました。作品もきっと、そんな穏やかな空気になるんだろうなと感じたのを、よく覚えています。
――ほかにディレクションでは何かありましたか?
小坂井 ディレクションだと……由紀ちゃんは後半になると、元気なところと繊細なところが分かれて出てくるんです。具体的にいうと、モノローグに結構考え込んだり、落ち込んだりする言葉がズラズラと並んでいる。それを、その言葉の感情通りに最初は演じていたんです。でも「もっと淡々とでいいよ」といわれたのが、印象深いですね。だから、意識してセリフを明るく、明るく……と心がけました。考え込んだりしているときであっても、由紀ちゃんの根本にある明るい部分はなくならないんです。そういう、私自身が落ち込むときとは違う落ち込み方を知ることができて、勉強になる作品でした。
M・A・O 私は収録の最初のころに、「レミはそんなにおバカじゃないです」と説明していただいた事をよく覚えています。そのお話を参考に、語尾のニュアンスが幼くなり過ぎないように心がけました。
近藤 私も戸松さんと同じで自由に演じさせてはいただいたんですけど、桜ちゃんを演じるときに迷いと言うか、掴みきれていないところが結構あったんです。特にモノローグのセリフをどこまで感情を出すのがいいのかは、迷って遠慮がちになっている部分があって、そんなときに「もうちょっとモノローグは、感情を出し気味で大丈夫ですよ」とディレクションをいただいたのは覚えています。モノローグと普通のセリフのときの差で、桜の色々な面を見せられるように意識して演じました。そこから後半の話数に進むにつれて、内に秘めていたものがだんだん外に出てくるところも意識したので、注目して見ていただけたら嬉しいなと思っています。
――さて、放送も後半戦に入りますが、今後のみどころは?
M・A・O キャラクターそれぞれの視点から語られる想いに注目していただきたいです。レミちゃんの仙石(翔)くんへの想いはもちろん、「心の中ではこんなふうに考えていたのか」という事が、とても丁寧に描かれています。早く皆さんにも観ていただきたいです!
戸松 堀さんと宮村のあいだには、いいシーンがいっぱいあるんですよね。ふたりは結構早い段階で付き合っちゃって、そこから別に別れの危機を迎えたり、大喧嘩をしたりもなく、安心して見ていられるんですけど、その中でも変化がある。「安心さの変化」というか、付き合っているからこそできるような遊び心が出てきたり、楽しい部分だけじゃなく、すごく重い話もするようになったり。そういうところが、みどころですね。ふたりのやりとりを見ていると、本当に癒されます。あと、堀さんは「もっと可愛く見せた方がいいんじゃないか」とか悩んで失敗するシーンが結構あって、そういう不器用さが可愛いシーンも、推しポイントかなと思っています。
小坂井 堀さんと宮村(伊澄)くんの関係性も、その周囲の関係性もどんどん変わっていくんですけど、男女問わず、ちょっと距離ができたり、仲良くなったりって、学生時代にこういうことってあったな……と、演じているときは感じていました。ちょっと気まずかったときのことも思いだしたりして(笑)。そういうシーンをどうみなさんがご覧になるのかが、楽しみだなと思っています。
近藤 「ホリミヤ」のキャラクターはとても優しい子たちばかりで、みんなすごく仲がいいんですよね。それで前半は割と平穏な日常が多かったんですけど、だんだんとちょっと切ない雰囲気のシーンも増えてきます。優しい世界だからこそ、すごく辛く思える展開もあったりして。特に桜ちゃんは、私としては一番王道な恋愛ストーリーを歩んでいるキャラクターかなと感じていて、後半の話数では大きな試練にもぶつかるんです。そのちょっと気まずい雰囲気のリアルさも、見守ってもらえたらうれしいです。

【取材・文:前田久/写真:山口宏之】

■TVアニメ「ホリミヤ」
毎週土 深夜0.30~ TOKYO MX他にて放送中

スタッフ:原作=HERO・萩原ダイスケ/監督=石浜真史/シリーズ構成・脚本=吉岡たかを/キャラクターデザイン=飯塚晴子/音楽=横山 克/制作=CloverWorks

キャスト:堀 京子=戸松 遥/宮村伊澄=内山昂輝/石川 透=山下誠一郎/吉川由紀=小坂井祐莉絵/仙石 翔=岡本信彦/綾崎レミ=M・A・O/河野 桜=近藤玲奈

リンク:TVアニメ「ホリミヤ」公式サイト
    公式Twitter @horimiya_anime